ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番 Op. 73 「皇帝」

| コメント(0) | トラックバック(0)

せっかくベートーヴェンの交響曲のご紹介が昨日でコンプリートしたので、次の1曲もベートーヴェンでいってみようと再び「クラシック音楽の Index」を見てみたところ、何とまあ呆れたことに KiKi はまだこのブログではただの一度もベートーヴェンのコンチェルトを取り上げていなかったんですねぇ。  ・・・・となるとです。  先日この本の Review を書いたのが池田理代子氏の「オルフェウスの窓再読」を契機にしていたわけでして、まだまだあのマンガの印象が強烈に残っているうちにこの曲を聴かないわけにはいきません。  ま、てなわけで本日の KiKi のBGMはこちらです。

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番 Op. 73 「皇帝」
DECCA 演奏:W.バックハウス(pf)、H.S.イッセルシュテット(cond.) & ウィーン・フィル 録音:1959年6月

41B688R11SL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

女史の「オルフェウスの窓」という漫画を知らない方のために、若干補足しておくと、このマンガはドイツのレーゲンスブルクという街にある音楽学校を舞台に物語が始まります。  画のタッチはあの「ベルバラ」を彷彿とさせるいかにもいかにもの少女漫画です。  でも、物語の方は結構難解で、当初は音楽学校を舞台とするちょっとクラシカルな学園物で進んでいくのかと思いきや、遺産相続争いに向かいかかってみたり、殺人事件が発生したり、学園祭が催されたりとある意味しっちゃかめっちゃかになっていって、さらにそこから怒涛の展開があってロシア革命にまで話が及び、最後には音楽学校の話はどこへいっちゃったんだろう??というぐらい、歴史絵巻の相を呈して幕を閉じるという摩訶不思議な物語なのです。

で、肝心なことはこのマンガに「バックハウスさん」その人が登場するんですよ。  当然彼は偉大なるピアニストという設定です。(但し、マンガの中では現実と同じように「完璧すぎるテクニック」を揶揄されたりしています。)  で、このマンガのメインの登場人物の一人、イザーク・ゴットヒルフ・ヴァイスハイトというピアノを学ぶ少年が成功ののちに挫折することになるんですけど、その彼がデビュー公演で演奏する曲がまさにこの「ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番」なんですよね~。  そしてさらに言えばそのイザーク君のベートーヴェンとバックハウスの弾くベートーヴェンは同じ解釈・同じような鋼のテクニックという想定になっているんです。

で、この二人が邂逅する場面が3度あるんですけど、その中の2回目で、このバックハウスさん、いかにも現実の彼が言いそうなセリフを吐くんですよ。  曰く

もしもぼくのテクニックになにかの興味を抱いているならよく聴いておいてください。  すべての基本はスケール(音階)の練習とそしてバッハです。

KiKi は初めてこのマンガを読んだ時(連載時にはリアル・タイムでは読んでいなかった)、この台詞にはやられましたね~。  まるで本物のバックハウスに面と向かって言われたような気分になりました。  そして、「やっぱりハノンとバッハかぁ・・・・・。  どっちもあんまり好きじゃない・・・・。」とため息をついたものでした(苦笑)

でね、その頃には既にバックハウスのベートーヴェンのコンチェルトはそれこそもう飽きるほど聴いていて「今更バックハウスの皇帝でもないでしょ」ぐらいの感覚でしかこの曲・この演奏を聴かなくなってしまっていたんだけど、このマンガを読んでいた間だけは例外で、CD棚の奥で埃をかぶって眠っていたこのCDを引っ張り出して何度も何度も聴き返したものでした。

つまり・・・・です。  KiKi はことこの曲に関しては、このCDを購入したもう何十年も前、そして「オルフェウスの窓」を初めて読んだ時期と、人生の中で2度ほどのめりこんで聴きこんだ時期があったのです。  でもあんまり聴きすぎたせいなのか、はたまた別のCDの方が気に入っちゃったせいかはよく覚えていないんだけど、その後はめっきり聴かなくなってしまっていたんですよね~、この曲もこのCDも。  因みに、今回「オルフェウスの窓がらみ」ではなく、この曲を選び、御紹介するCDを決めたのだとしたら KiKi が選択したCDは恐らくこっち(↓)だっただろうと思います。

41KYPKJHRQL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

これ、ブレンデルの若かりし頃のCDなんですけど、全体的に音がかなり薄っぺらいきらいはあるものの、なかなかいいんですよ。  でもね、KiKi がこっちのCDを購入した理由は実は別にあって、このCDにはベートーヴェンの5つの協奏曲のみならず、当時は滅多にレコードやCDではお目にかかったことがなかった「合唱幻想曲ハ短調 Op.80」が入っていたからだったんですけどね(苦笑)

ま、それはさておき・・・・・

世の中には「ピアノ協奏曲」がそれこそキラ星の如く数多くあれど、恐らくこのコンチェルトほどあっちでもこっちでも演奏され、録音件数が多いPコンはないんじゃないかしら??  とにかく華麗、とにかく豪壮、とにかく立派!!!  ところがこの輝かしい音楽が作曲されていたまさにその真っ最中、ベートーヴェンが暮らしていたウィーンの街はナポレオン軍の進軍を受け砲火に見舞われていたというのですから、いやはや、何ともまあ・・・・・。

今回久しぶりに聴いてみて、もちろん相変わらず「すごい曲だなぁ!」とは思ったけれど、今の年齢の KiKi にはこの曲はちょっぴり鬱陶しいかも・・・・。  なんていうか、熱過ぎるとでも言いましょうか、前向きすぎるとでも言いましょうか・・・・。  これであの美しくどこか鄙びた雰囲気のある第2楽章がなかったら、疲れちゃったかもしれません(苦笑)  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1225

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年6月12日 07:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベートーヴェン 交響曲第2番 Op. 36」です。

次のブログ記事は「ベートーヴェン 合唱幻想曲 Op.80」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ