モーツァルト 弦楽四重奏曲第3番 K. 156

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は例の交通事故関係の事後処理のために、あちこち奔走しなくちゃいけなかったので、ブログをお休みさせていただいてしまいました。  そしてその事務作業を兼ねて、再び KiKi は上京しております。  いやはや、この連日の猛暑日の中、東京で過ごすなんちゅう暴挙(?)は今の KiKi にとっては苦行以外の何物でもありません(苦笑)  ま、いずれにしろ、そんな苦行を少しでも心穏やかに乗り切るため(?)、本日の KiKi のBGMはこちらです。

モーツァルト 弦楽四重奏曲第3番 K. 156
Brilliant Mozart Edition Vo. 6 99718/1 演奏:Sonare Quartet 録音:1989年

99718.jpgのサムネール画像

因みに、今、東京にいるということは、このCD本体と久々に邂逅できたということで、ようやく奏者や録音年代、CD番号等々の情報にもアクセスできたので、前2つのエントリーにも追記しておきました。

第2番までのカルテットには若々しさ・初々しさが漲っていたと思うのですが、この第3番に至りモーツァルト少年はいきなり成熟してしまったような感を KiKi は抱きます。  その感想は偏に第2楽章のアダージョにあるのではないかしら??  ここに KiKi はモーツァルトのあの晩年の嗚咽の息吹を感じるのです。  それはメロディの奏でる哀切感もさることながら、モーツァルト特有のアクセント(pとfが交互に表れる辛い時のため息のようなアクセント)に負うところが多いのだろうと思います。


第1楽章は美しいプレストで始まります。  2nd ヴァイオリン以下が奏でるズンチャッチャというリズムにのった1st ヴァイオリンの奏でる伸びやかな歌が心地よい。  音の跳躍がウキウキとした気分を盛り上げてくれます。  そうして楽しげに進んだ第1楽章に続くのが、いかにもモーツァルトらしいアダージョです。

若さゆえのアンニュイ、若さゆえの息苦しさ、切なさといったものがストレートに歌われた音楽なのではないかしら??  モーツァルト以前にこんな人間的な感情を赤裸々に歌った音楽はなかったんじゃないかと思うんだけど、そういう意味でも彼の天才がよく表れた音楽だと感じます。  と同時に、この第2楽章に至って、モーツァルトのカルテットはさらに深化したんじゃないかと思うんですよね。  と言うのもね、まだまだ「4声部の掛け合い」と言うには中途半端かもしれないけれど、4つの楽器それぞれが少しずつ主張をもったテーマを演奏しているんですよね~。

因みにこの第2楽章。  当初は別の版で演奏されていたようです。  実は KiKi はこの Brilliant 版を購入する前、「モーツァルトのカルテット全曲は Naxos で揃えようか?」と考えていた時期があるんですよ。  で、何枚かは Naxos で集め始めていて、その途中でこの Brilliant 版にしちゃったのでそちらの Naxos Collection は中途半端な状態になっちゃっているんだけど、その中の1枚にこの K. 156 の演奏が入っていて、そこにはこのアダージョ部分のオリジナル版の演奏が収録されていたりします。  で、せっかくの機会なので今回、この Naxos 版も聴いてみました。

モーツァルト 弦楽四重奏曲第3番 K. 156
Naxos 8.550542 演奏:エーデル四重奏団 録音:1991年

41v5Q00A5-L._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

このCD(↑)の最終トラックに件の第2楽章:アダージョのオリジナル版があります。  こちらも単体で聴くとそれなりに(というかかなり)魅力のある音楽になってはいるんです。  どことなくアンニュイな感じが漂うということでは現在一般的な版のアダージョに共通していたりもするし・・・・・。  でもね、哀切感は現在の第2楽章の方が勝るうえに、第1楽章プレストと何気に古めかしい(クラシカルなというべきか?)落ち着いた感のある第3楽章メヌエットに挟まれる楽章ということで、全体のバランスを考えると、やっぱり今の版に軍配があがらざるをえないかなぁ・・・・・と。

それにね、オリジナル版では1st ヴァイオリンだけが歌っていて残りの3声部は伴奏に徹しているようなところがあったりもして、今の版の多層的な音楽の方がやっぱり成熟度が上、なんですよね~。  でもね、今、「成熟度」な~んていう言葉を使っちゃったけど、この曲を作曲した時、モーツァルト少年はまだ16歳。  そろそろ青年期に移行するかっていう頃ではあるけれど、「そこまで大人びちゃっていいのか??」と思わないでもなかったりするわけです(苦笑)


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1270

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年8月 6日 09:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「実は苦手なお裁縫・・・・・がバレバレ事件発生!」です。

次のブログ記事は「モーツァルト 弦楽四重奏曲第4番 K. 157」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ