モーツァルト 弦楽四重奏曲第4番 K. 157

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日のエントリーで Naxos の CD について触れた際、ふと思い出してしまったこと。  それは、現在 KiKi の音楽鑑賞は基本的に iPod に転送してある音楽がベースになっているわけだけど、iPod の容量の関係もあって、手持ちのCDの全てを転送してあるわけではないこと でした。  考えてみると東京のマンションに置いてあるCDのいくつかはそういう意味では日の目を見ないCDとなってしまっているわけです。  これはちょっと勿体ないかな・・・・・・と。  

そんなことを思い出しちゃう前はあんまり気にしていなかったりもしたわけだけど、せっかく東京にいる間ぐらいは手持ちCDで iPod に転送していない音楽を聴いてみようかなぁ・・・・・。  ま、てなわけで、本日の KiKi のBGMはこちらの音楽をこのCDで・・・・・(笑)

モーツァルト 弦楽四重奏曲第4番 K. 157
Naxos 8.550541 演奏:エーデル四重奏団  録音:1990年

41U50DXV9YL._SL160_.jpg  (Amazon)

モーツァルトの弦楽四重奏曲第4番にして「ミラノ四重奏曲」第3番のこの曲は、「イタリア的」な音楽です。  まず調性がハ長調というのが結構イイ(笑)  KiKi は個人的にはピアノ曲でのハ長調の曲って実はあんまり好きじゃなかったりもするんですけど(何となく弾きにくい感があるんですよね~)、器楽曲で聴く分にはいいですねぇ。  なんていうか安定感がある感じがするんですよね~。

ことこの曲に関しては特に第1楽章アレグロなんかは安定感のみならず「おめでたい感」「典雅な感じ」がすると思うんですよ。  モーツァルトの音楽の中でハ長調といってまず思い出すのは「ジュピター交響曲」、「リンツ交響曲」、そして「フルートとハープのための協奏曲」あたりなんだけど、どれも「典雅」という言葉がしっくりとくる音楽なのではないかしら??  このカルテットもその系列に属する音楽だと感じられます。

でもね冷静に(?)聴いてみると、この第1楽章の第1主題なんてそういっちゃなんだけど、子供っぽい、あまりにも単純な旋律なんですよ。  そのシンプルな旋律がシェフ・モーツァルトの手にかかるとどうしてここまで気持ちのよい音楽になってしまうのやら・・・・・。  この音楽なんかはリラクゼーション効果抜群!な感じがするんですよね~。 

第2楽章はハ短調のアンダンテ。  ハ短調といえば「ベートーヴェンの宿命の調性」なわけだけど、これがあのベートーヴェンのハ短調と同じ調性なのかしら???と思わないではいられません。  憂鬱な気分はあるものの、センチメンタリズムに埋没している感じはないし、ベートーヴェンほど慟哭していないし・・・・・(苦笑)  これには通奏低音的なチェロが果たしている効果も大きいかもしれません。  それにテンポ。  恐らくベートーヴェンだったらここは(というよりこの調性だったら)アンダンテはありえないような気がするんですよね~。  

第3楽章のプレストは跳躍とシンコペーションが印象的な音楽です。  何とも軽快なロンドです。  思わずふっと笑いが漏れちゃう、そんな音楽だと思います。  この楽章で KiKi が「モーツァルト、やっぱりさすがだなぁ!」と感じるのは中間部です。  とっても短い掛け合いがヴァイオリンと中低音楽器で交わされるところがピョンピョン跳ねまわっていたこの楽章にある種の落ち着きを与えていて、美しいなぁ・・・・・と。

      

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1271

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年8月 7日 12:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モーツァルト 弦楽四重奏曲第3番 K. 156」です。

次のブログ記事は「インド洋圏が、世界を動かす R.D.カプラン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ