モーツァルト 弦楽四重奏曲第7番 K. 160

| コメント(0) | トラックバック(0)

とぎれとぎれになりつつも、今日で「ミラノ・四重奏曲」の最終曲となりました。  本日の KiKi のBGMはこちらです。

モーツァルト 弦楽四重奏曲第7番 K. 160
Brilliant Mozart Edition Vo. 6 99718/1 演奏:Sonare Quartet 録音:1989年

99718.jpgのサムネール画像

この曲の第1楽章、冒頭の主題を初めて聴いた時、KiKi は「あれ??  これ、どこかで聴いたことがある!!」と感じたんですけど、それがどこで、どんな演奏だったかほとんど思い出すことができませんでした。  主題のメロディ自体は確かに聴いたことがあるんですけど、どことなく曲調というか演奏形態というかが異なるようにも感じたんですよね。  

で、そんなことをすっかり忘れた何年か後、たまたまディヴェルティメント K. 136(「ザルツブルク交響曲」とも呼ばれる)を聴いた時、これまた同じように「あれ???  これ、どこかで聴いたことがある」と感じました。  そしてその時もそのデジャヴ感の正体は判明しませんでした。

それからさらに数年を経て、ようやくこの2つが同じモチーフであることに気が付きました。  同じ主題が使われているのはこのカルテットの第1楽章とディヴェルティメントの第3楽章です。  カルテットの方の速度指定がアレグロであるのに対し、ディヴェルティメントの方の速度指定はプレスト。  どおりでどことなく異なる印象を持ったわけです(笑)

なかなか歯切れの良い、そしてモーツァルトお得意の下降音型の流れるようなメロディが美しい音楽です。  又、バックで奏でられる伴奏の刻み音が調子いいんですよね~。  まあ、別の言い方をすればシンプル・単純とも言えるわけですが・・・・・。

そして第2楽章はモーツァルトの音楽としてはある意味でちょっと珍しいかもしれないアダージョです。  第2楽章の緩徐楽章でアダージョ指定するのはベートーヴェンの十八番という印象が強い KiKi です。  そうであるだけにここはあんまり情感豊かに演奏されちゃうと KiKi は「何か、ちょっと違う」と感じちゃう部分でもあります。  そして、今日聴いているこのCDの演奏もややもすると重すぎる印象があります。

もちろん情感豊かに弾いても美しいメロディなんですよ。  でもねぇ、ところどころに入るリズミカルな音型(楽譜が手元にないから確認はできないんだけど、タ~リラン、タ~リランの次に入る3回続く2音ずつセットの下降音型の部分)には何気に歯切れの良さみたいなものが意識されているような気がするんですよね~。

そして、最終楽章のプレスト。  ここ、雰囲気としては「ミラノ」というより「ドイツ」っていう感じがするのは KiKi だけかしら??  何が「ミラノ(もしくはイタリア)」で何が「ドイツ」なのかを言葉で説明するのは難しいんだけど、イタリアはやっぱりメロディ・旋律(歌)の音楽だと思うんだけど、ドイツってもっと固いというか、和声というか、構築というか、そんなイメージの音楽っていう思い込みが KiKi にはあるんですよね。  で、この第3楽章は冒頭でいきなりヴァイオリンが奏でる和音から始まるから KiKi はそこに「ドイツ」を感じているのかなぁ・・・・・。

どちらかというとドイツの宮廷で王侯貴族がホールに入場してくるときの音楽・・・・そんな感じがしないでもないんですよね~。  音楽をバックに貴族の皆さんの笑い、ざわめきが聞こえてくるような雰囲気、そんなものを感じます。  まあ、この曲は「ミラノ・カルテット」の最終曲ではあるものの、旅から旅の生活をしていたモーツァルトがイタリア旅行からザルツブルクに帰った時期に完成されているらしいので、もっと若い番号の旅先でノビノビと作曲していた時期の音楽とは何らかの変化があっても不思議はないのかもしれません。  

      

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1283

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年8月23日 10:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「指輪物語 2 旅の仲間(下) J.R.R.トールキン」です。

次のブログ記事は「村の農業関連設備」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ