モーツァルト 弦楽四重奏曲第9番 K. 169

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はクラシック音楽関係のエントリーを。  本日の KiKi のBGMはこちらです。

モーツァルト 弦楽四重奏曲第9番 K. 169
ASIN: B0002Z83NO  ズスケ・カルテット

Mozart_SusukeQ.jpgのサムネール画像  (Amazon)

う~ん、やっぱりズスケ・カルテットの演奏はいいなぁ。  何て言うか音がクリアで音楽の輪郭がしっかりと伝わってくる演奏なんですよね。  解像度が高い・・・・・とでも言いましょうか??  それでいて、無機質なわけではなくて、甘くなり過ぎないギリギリのところで情感もある。  この絶妙なバランス感覚はモーツァルトの音楽に通じるものがあると思います。

さて、今日のBGMは第9番のカルテット、ウィーン四重奏曲の2曲目であり、ハイドンの影響をそこかしこに感じられる音楽です。

第1楽章は極めてモーツァルト的です。  そもそも第一主題が下降音型で始まっているところがやっぱりモーツァルト。  でね、この楽章、実は3拍子の音楽なんですけど、出だし部分はどことな~く4拍子の音楽に感じられるんですよ。  何て言ったらいいか、ピアノ曲の「ソナチネ・アルバム」とか「モーツァルト・ソナタ・アルバム」なんかで馴染みのある調子でね。  そうであるだけに、途中でハタと「あ、この曲、本当は3拍子の音楽なんだ!」と気がついた時にちょっとビックリ。  でもね、どうにも拍が取りにくい・・・・。  

そうこうしているうちに第1主題がいきなり短調に転調していて又ビックリ。  唖然としているうちに、ふと気がつくと元の主題に戻っていて、何だかマジックを見せられたような気分になります。  「エヘ!」といたづらっぽいモーツァルトの笑い声が聞こえてくるような気がします。

    

そして第2楽章。  モーツァルトは3連音もよく使う作曲家なんだけど、この第2楽章はその3連音が印象的な音楽で始まります。  しかもこれ、シンプルな3連音でありながらも重音(和音)になっているので不思議な音の厚みがあって、曲の緊張感を維持し続けます。

続く第3楽章はメヌエット。  このメヌエット、ちょっと聴くとモーツァルトの音楽・・・・・というよりはハイドンの音楽のように聞こえます。  恐らくこの楽章だけを単体で引っ張り出して聴かされたら KiKi は「これは間違いなくハイドンでしょう!!」って言っちゃうような気がします。  どこがどうって説明するのは難しいんですけど、リズムといい和声といい曲全体が醸し出す雰囲気と言い、全てがハイドンの音楽に共通しているように感じられるんですよね~。  もっとも KiKi は実はハイドンってそんなに好きじゃなかったので、一部の超有名な交響曲とカルテット、そしてピアノで学んだソナタ各曲ぐらいしかちゃんと聴きこんだ(or 弾き込んだ)ことはないんですけどね。  クラシカルで典雅な雰囲気を醸し出すメヌエットだと思います。

そして終楽章。  ここでモーツァルトはハイドンに学んだフーガを持ってくるのかと思いきや、そうではなくて愛らしいロンドを持ってきます。  先達から多くを学びつつも、決して猿まねに甘んじることなく、常に独自性を発揮するモーツァルトならではです。  これが普通の人だったら「まずは形から・・・・・」とばかりに習作に励むところじゃないかと思うんだけど、モーツァルトが優先したのは自身のバランス感覚だったみたい(笑)  でも、あのちょっとクラシカルで典雅なメヌエットに続くのがフーガじゃ、やっぱり重すぎる感じがします。

ところで・・・・・・

こうやってモーツァルトのカルテットを聴く日々が続いている中で、KiKi の中にちょっとした変化が訪れたことがあります。  実はね、 KiKi はモーツァルトのピアノ・ソナタって昔からあんまり好きじゃなかったんですよ。  ベートーヴェンやショパンのソナタの方がかっこいいうえにモーツァルトのピアノ・ソナタって何となくつまんないって子供時代からず~っと思っていました。  ピアノ協奏曲は半端じゃなくかっこいいんですけどね(苦笑)  

でもね、この初期のカルテットを聴いているうちに、モーツァルトのピアノ・ソナタの魅力を再発見できるような気がしてきているんです。  まあ、まだ現時点では「気がしている」以上でも以下でもないんですけどね。  最近、ピアノの練習をすっかりさぼっているんですけど、次に手がけるのはモーツァルトのピアノ・ソナタあたりもいいかもしれません。       

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1290

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年8月30日 09:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「指輪物語 5 王の帰還(上) J.R.R.トールキン」です。

次のブログ記事は「指輪物語 6 王の帰還(下) J.R.R.トールキン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ