実は苦手なお裁縫・・・・・がバレバレ事件発生!

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、田んぼ仕事を終えてふと気が付くと足のあたりが妙にスースーしていました。  久々の田んぼの畦の草刈り & 田んぼ内の草取りで無我夢中で作業をしている間はまったく気が付かなかったんですけど、よくよく見れば(・・・・ってよくよく見なくてもわかりそうなモンだけど ^^;)ズボンのひざ下、脛のちょっと上あたりに見事なかぎ裂きが・・・・・。

2012_Aug04_001.JPG

この写真(↑)だと大したことなさそう(って言うか疵の程度がよくわからない)でしょ。  でもね、フラッシュをたかずに撮影するとこんな感じ(↓)で、これだけ破っておいて気が付かなかったとは我ながら情けない限り・・・・・なのです。

2012_Aug04_002.JPG

そして何よりも情けないのはこれをどうしたらいいのか皆目見当がつかないっていうことなんですよね~。  ず~っと昔、家庭科の時間にほつれ系、破れ系のお直しの仕方をちゃんと習ったはず(少なくとも習った記憶はある!)なのに、いざ「この破れ」を前にしたとき、具体的に何から手をつければいいのかチャッチャと頭に浮かんでこない・・・・・。  わかっているのは当て布が必要なことぐらい・・・・・でしょうか。  ああ、これがビジネス系のトラブルだったら大抵のケースであっという間に頭に To Do が浮かぶんですけどねぇ・・・・・。

考えてみると大学入学と同時に東京に出てきて以来、スカートの裾のほつれ直しとボタンつけ以外、針を持ったことはなかったわけで、さらに言えば、都会生活ではこんな風に破れちゃった洋服(いや、それ以前に都会生活ではこんな風に破れること自体ありえなかったとも言える)は補修してまでして着ようと思ったこともなかったわけでして・・・・・。  さすがにイマドキ池袋の街の中をつぎあてだらけの洋服で歩く度胸もなかったわけでして・・・・・。  


でね、話がなおさらややこしいのは、これ、作業ズボンなんですよ。  いわゆるオシャレ着だったら思い切ってこの破れの上下でスパッと切って短パンにしちゃうとか、別の布を帯状に入れて、パッチワーク風ズボンにしちゃうというのも1つの手だと思うんだけど、田んぼやら畑やらの作業時のズボンという本来の目的を維持するためには、短パンにしちゃうわけにもいきません。

なぜならこれが草の葉で微妙につけられるひっかき傷やら、夕方になると集団で襲ってくる虫から我がアンヨをガードしてくれる楯みたいなモンなんですから。  それに素材もね、やっぱりこの元のズボンと同じような若干厚手の綿素材がいい。  ところが KiKi の在庫の布(要するにパッチワーク用に仕入れてある布類)にはこの手の丈夫そうな厚手の布はない・・・・ときています。

そしてさらに言えば、この破れ部分を除けばなんら問題のないこのズボン。  オシャレ着ではないこととも相まって KiKi には「捨てる」という選択肢も、「お金を出して修理屋さんに出す」という選択肢もなかったりするんですよね~。  だってたかが作業ズボンなんですもの。 

ま、てなわけで、今日は朝からネットで「ズボン 補修 自分で」な~んていう言葉を入れて検索しまくっている KiKi なのですが、なかなか、「コレ!」というサイトにヒットしません。  ああ、このズボンの補修ができるのはいつのことになることやら・・・・・。


でね、実は今、KiKi はこれ以外にも、手をつけかねて放置してあるチクチク作業があるんです。  それはね、掛け布団カバーの補修です。  実はこれまで使ってきた掛け布団カバーのファスナー部分が壊れちゃってねぇ・・・・・。  ファスナー以外はまったく問題ないので、もちろんこれは補修して使い続けることをイメージしているわけだけど、ファスナーの付け替えな~んちゅう面倒くさい(だって布団カバーは距離が長い!!)ことはしたくない。  ま、てなわけで、一応現在ついているファスナーを取り外して代わりに綿テープを何か所か縫い付けてリボン結びできるようにしようと考えて準備もできているんだけど、実際にはそのチクチク作業にも着手していないんですよね~。  

ズボンの方はともかくとして、掛け布団カバーの方に手を出していない一番の原因は、コレ(↓)・・・・・(ということにしていたりする ^^;)

2012_Jul29_002.JPGのサムネール画像

何せ例の交通事故事件で大幅に製作スケジュールが狂ってしまった あ~んど 連日の猛暑日気候の中でのキルティングということでなかなか思うように作業が進まないんですよ。  そしてカウントダウンのように、講座の受講期限は迫ってきています。  



いえいえ、実はわかっているんです。  ホントの理由は別にあるんです。




実はね・・・・・・


あんまり言いたくなかったんだけどね・・・・・・・



認めたくもないんだけどね・・・・・・



実は・・・・・  実は・・・・・・  



KiKi は実際のところ、お裁縫があんまり得意じゃないんですよ!!



あ~あ、言っちゃった・・・・・・。



パッチワークに手を出した時点で、この言い訳だけは使わないと心に決めていたんだけどなぁ・・・・。  こういうことがチャッチャとできる人、心の底から KiKi は尊敬しています。  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1269

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年8月 4日 11:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モーツァルト 弦楽四重奏曲第2番 K. 155(134a)」です。

次のブログ記事は「モーツァルト 弦楽四重奏曲第3番 K. 156」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ