フロドの旅 と 「中つ国」歴史地図

| コメント(0) | トラックバック(0)

「ホビットの冒険」を読了したので、当然のことながらその流れで KiKi の読書は「指輪物語」に突入しています。  この物語、大、大、大好き~b-hato4-b.gif な物語なので、サックサックと読み進めていきたい気持ちもやまやまなんですけど、今回の読書ではじっくりと時間をかけて1冊1冊を味わっていきたいと思っているんですよね~。  と言うのもね、今回の読書では KiKi はこの2冊を横に置いて、それぞれを参照しながら読み進むことを目論んでいるからなんです。

指輪物語 フロドの旅 ~ 「旅の仲間」のたどった道
著:B.ストレイチー 訳:伊藤盡  評論社

51VG2K8AFRL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

本書は、J.R.R.トールキンの壮大なファンタジー『指輪物語』の9人の旅の仲間がたどった道筋を、詳細な地図で再現したものである。  その数は実に51枚にも及ぶ。
熱烈な『指輪物語』のファンだった著者のバーバラ・ストレイチーは、トールキンの手になる地図以外に、より詳しい地図を、長い間待ち望んだ。  そしてとうとう、自らこの困難な作業に挑むことにした。  その結果、あの「中つ国」が、私たちの目の前に完全で鮮明な姿で立ち現れることとなった。  また地図には、フロドたちがナズグルから身を隠した場所、食事をした場所、野宿をした場所...に至るまでが記されている。
日本語版では、巻末に地図索引をつけた。  『指輪物語』本編の場面がどのような地形になっているのか、すぐに見つけやすいように。  さらに、訳者によって、指輪の仲間の旅の行程を日を追って詳述する解説が加えられた。  物語世界の醍醐味を再び味わう一助になることだろう。  (単行本扉より転載)

「中つ国」歴史地図 ~ トールキン世界のすべて
著:K.W.フォンスタッド 訳:琴屋草  評論社

51JS577RMGL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

本書は、上古の時代の「世界」の創造から第三紀に至るまでの地理案内・歴史案内の決定版として、『シルマリルの物語』『ホビットの冒険』『指輪物語』に描かれた魔法の世界を照らし出す。
主要人物の旅路が、数百にもおよぶ地図と表によって跡づけられている。  第一紀、第二紀、第三紀の合戦や主要な場所は、すべて網羅されている。  特殊な地形の描写や、城などの設計図もあれば、「中つ国」の歴史全体を通じての気候、人口分布、言語、植生といった、テーマ別の地図もある。  詳細な説明と注釈は、これらの地図とトールキンの作品を関連づける手がかりになることだろう。
さあ、トールキンの創造した壮大な世界のいかなる場所へも、道をたどって行こう。  「中つ国」から、不死なる者の住まう西方の地まで・・・・・。  (単行本扉より転載)

この2冊はあの映画「ロード・オブ・ザ・リング3部作」が公開された時期に KiKi が買い集めた「指輪関連参考書」の中の2冊で、いずれ物語本編と一緒に読み進めてみようとLothlórien_山小舎の本棚に温めてあった(?)いわば宝物です。  あの映画のヒットがなければ、これらの本は日本語版で発売されることはなかったでしょうから、(そして上記 Amazon Link を見る限りでは後者は既に絶版か??)あの頃衝動買いをしておいて本当に良かった♪(笑)

「フロドの旅」の方は、まさに指輪物語での旅の仲間の足跡がベースとなった本で、そこに注釈みたいな形で「ホビットの冒険」での関連する場所についての解説が付されている程度なんですけど、「中つ国歴史地図」の方はその名のとおり、「指輪物語」単体の地図というよりは、シルマリリオンに描かれている時代世界に至るまでの地図 & 解説でいかにも「歴史地図」といった趣の本になっています。

残念なことに KiKi は「ホビットの冒険」を読んでいた時にはこの本の存在のことを忘れていたので、あの物語を読み進める際にこの地図(後者)を参照するのをすっかり失念していたので、今日はとりあえずこの本の中の「ホビットの冒険」の章だけを読んでみました。

この本では地図のみならず、例えば「ビヨルンの大きな木の館」の見取り図やらドワーフ & ビルボが招じ入れられた広間の構造だとか、「湖の町」の様子なんかが描かれていて、物語の描写だけで思い描く以上に鮮明に、様々なシーンが思い浮かべられ、心底楽しむことができました。

楽しむことはできたんだけど、「指輪物語」と「ホビットの冒険」を同じ地図上で確認しようとすると、「ホビットの冒険」でのドワーフ & ビルボの旅は「指輪物語」のホビット & 馳夫の旅と比べると「かたつむりの歩みほど遅かった」らしい・・・・・(苦笑)  どうやらさすがのトールキンさんも、「中つ国の歴史」に関して結果的には膨大な想定(↓)をしていらっしゃるとはいうものの、「ホビット」を書かれた頃にはまだまだ創造しきれていないあれこれがあった模様です。  もっとも彼自身、後世、ご本人以外の第三者がこんなに詳細な地図やら何やらを作るようになること自体、想定外だっただろうと思うんですけどね(笑)  

KiKi は物語を読んでそこに描かれている様々なシーンやら登場人物の心情をあれこれ想像するのが大好きなんだけど、トールキン作品に関してはやっぱりこういう参考書があるとより一層楽しめると思うんですよね~。  何せ、種族、言語、歴史までを創造・構築しちゃっている物語なんですから・・・・・。

今日はついでにちょっとだけ先走りして、この「歴史地図」に描かれている「ロスロリエン」も眺めておいてしまいました。  ロスロリエンはロスロリエンになる前は「ラウレリンドレナン(歌う黄金の谷間)」と呼ばれる場所だったんですねぇ・・・・。  これはひょっとすると我が山小舎はLothlórienではなくLaurelindórenan と名付けるべきだったかもしれません・・・・・(苦笑)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1278

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年8月16日 23:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ホビットの冒険 J.R.R. トールキン」です。

次のブログ記事は「ナインパッチのトートバッグ 完成!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ