モーツァルト 弦楽四重奏曲第11番 K. 171

| コメント(0) | トラックバック(0)

読書エントリーとパッチワークエントリーが続いたので、今日はクラシック音楽関係エントリーです。

モーツァルト 弦楽四重奏曲第11番 K. 171
ASIN: B0002Z83NO  ズスケ・カルテット

Mozart_SusukeQ.jpgのサムネール画像  (Amazon)

ウィーン・カルテットの4曲目で、これに先立つ第10番同様にハイドンの影響がそこかしこに見られるカルテットです。  第10番のエントリーでも書いたことだけど、この曲も緩徐楽章からスタートし、メヌエットをはさんで緩徐楽章が配置され、終楽章にアップテンポの曲が配されています。

第1楽章: アダージョ-アレグロ・アッサイ
第2楽章:  メヌエット(トリオ)
第3楽章: アンダンテ
第4楽章: アレグロ・アッサイ

この頃のモーツァルトはパパ・ハイドンの音楽をいろいろ研究し、楽章の組み立て方だったり、音の重ね方だったり、とにかくあらゆる角度から模倣し、でも決してそれをなぞるのみではなく、そこここに発展途上の自分の歌を注ぎこんでいたような感があるように感じます。

この曲の白眉は何と言っても第3楽章なのではないかしら??  「イタリア四重奏曲」の時代には彼の前途は開けていて、彼自身も自分の才能が面白くて仕方なくて、見るもの聞くものすべてが新鮮で刺激的で、とにかく希望に溢れちゃっていたと思うんですよね。  でも、このウィーン四重奏曲の時代には彼ももはや「神童」ではなく17歳頃の青年で、ザルツブルクの宮廷楽団員でもあって、青年の苦悩・・・・みたいなものが反映された音楽のように感じます。        

第1楽章の出だしは、ある意味でかなり印象的です。  これはユニゾンで奏でられる跳躍音(しかもアダージョで重々しい)の醸し出す緊張感です。  冒頭で聴く者をいきなり緊張させておいて、その後いかにもモーツァルトという雰囲気の美しいメロディが流れ、これがしばらく続きます。  チェロが奏でるブンブンという音が何となく心地よいんですよね。  で、ふと気が付くとアダージョが終わっていて、ついでに拍子まで変わっていてアレグロ・アッサイ部分に突入。  そして、あれよあれよという間にまた冒頭のあのユニゾンで始まるアダージョで締めくくられます。

第2楽章のメヌエットは何ともしっとりとした情感の漂うメヌエットです。  メヌエットらしい軽快さはあるんだけど、それだけじゃない。  これは第1楽章で緊張させられたり、緩められたり、いきなり速くなったりと、ある意味では聴く者がちょっと精神的にバタバタさせられた、その鎮静剤みたいな役割を果たしていると思うんですよね。

そしてヴァイオリンとチェロから始まる麗しの第3楽章です。  ここ、本当に美しいんですよ。  この美しさは言葉なんかじゃ表せないぐらい!!  朴訥とした語り・・・・みたいな風情があって、でも哀しみが滲み出ていて・・・・・。  モーツァルトの音楽って仮に哀しみを歌うにしても、決して自分の感情には流されちゃってはいない、どこか達観しているようなところがあると思うんだけど、この楽章にはそれを顕著に感じます。  かなり短い曲なんですけどね。

そして第4楽章。  あの悲しみの後にはフーガはやっぱりそぐわない・・・・(苦笑)  快活で、シンフォニックな響きを感じられる締めの音楽は強弱のコントラストのはっきりした音楽です。  あの第3楽章で終わられちゃったら何とも言いようのない重苦しい思いを抱え続けなくちゃいけなかったところを、ひょいっと救い上げてくれるような音楽だと思います。 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1301

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年9月 9日 09:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「始めてしまえばそれなりに進む・・・」です。

次のブログ記事は「ハウスの玄関マット キルティング開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ