モーツァルト 弦楽四重奏曲第20番 K. 499 「ホフマイスター」

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はモーツァルトのカルテット「ホフマイスター」です。  モーツァルトのカルテットはその大半がセットもので作曲順に「ミラノ・カルテット」、「ウィーン・カルテット」、「ハイドン・セット」とそれぞれ6曲ずつ続き、この「ホフマイスター」がポツンと存在したあと、「プロシア王・セット」3曲で終わりとなります。  そういう意味ではセットものに属していない第1番の「ロディ」と第20番の「ホフマイスター」がちょっと特異な存在と言えるかもしれません。

モーツァルト 弦楽四重奏曲第20番 K. 499 「ホフマイスター」
ASIN: B0002Z83NO  ズスケ・カルテット

Mozart_SusukeQ.jpgのサムネール画像  (Amazon)

このカルテットはフランツ・アントン・ホフマイスター(1754年 - 1812年)という作曲家 兼 音楽出版者のために作曲されたために「ホフマイスター」(Hoffmeister)の愛称で呼ばれています。  因みにこのホフマイスターさん、モーツァルトからはカルテットを捧げられ、ベートーヴェンからは「もっとも愛しい兄弟」と呼ばれるなど、当時はそこそこの人物だったみたいです。  今では音楽史の研究家ならともかく、一般的にはモーツァルトのこのカルテットがなければ忘れられちゃった名前・・・・そんな存在なのではないかしら??

充実した「ハイドン・セット」の後に続くカルテットはどんな曲かしら?と期待満々で聴いてみると、これが何とも情緒にあふれた優しい音楽なんですよね~。  こんな優しい音楽が捧げられた人は、どんなお顔をされているのかしら?と検索してみると・・・・・

220px-Franz_anton_hoffmeister.jpg

こ~んな風貌の方みたいです・・・・○×△□  う~ん、何だか曲のイメージと違うなぁ・・・・・(苦笑)  


第1楽章:アレグレット
四人の奏者が弱音のユニゾンで主題を提示するスタートから、なんとも言えないほんわかとしたムードに包まれます。  対位法的な表現やバイオリンとチェロのおしゃべりが印象的です。  終始、やわらかで穏やかな雰囲気の音楽が続くんですけど、時折短く引き締まった感じの「寂しさ」みたいな影がさします。  このふとしたため息みたいな情感が何とも言えません。

第2楽章: メヌエット
流麗なメヌエットです。  ここでも第1楽章で顔を見せたふとしたため息みたいな情感は健在で、さらに深みが増したような感があります。

第3楽章:アダージョ
第1楽章と第2楽章で語られた「孤独感」「寂しさ」みたいなものを浄化するかのような美しいアダージョです。  この音楽は言葉で語れるような代物ではありません。  おくるみにくるまれて何の不安も迷いもない感情的に無垢な赤ちゃんがスヤスヤ眠っている・・・・そんな雰囲気の音楽だと思います。

第4楽章:アレグロ
この最終楽章は序奏がちょっと変なんですよね~。  何て言うか、何かを言おうとしてどう言ったらいいかわからなくて、適当に言葉を並べていたら意味不明になっちゃうことってごく稀にあると思うんですけど、まさにそんな感じなんですよ。  「え?  何?  何が言いたいの??  このお話、どこへ向かっているの??」  って感じさせるような音楽・・・・・とでも言いましょうか。

で、その「迷い道くねくね語り」が序奏が終わっても何気に続くんですよ。  リズミカルでノリがいい音楽で、更には時に印象的なフレーズも出てくるんだけど、聴けども聴けどもこの曲が何を言いたくてどこへ向かっているのか明確には伝わってこないまま進むんです。  でもね、何故か途中からその「訳のわからなさ」があんまり気にならなくなってくる・・・・そんな音楽だと思います。  で、何気に音楽にのっているうちにあっさりと終わっちゃう・・・・・(苦笑)  何だかモーツァルトに最後の最後、煙にまかれちゃったようなそんな感じ・・・・・。 


実はこのカルテットはこれまであんまりじっくりと聴いたことがありませんでした。  モーツァルトのカルテットはどうしてもセットものに目がいっちゃうので・・・・・ ^^;  久々にちゃんと聴いてみたら、実にモーツァルトらしい一聴明快でメロディアス、でも実は・・・・・というタイプの音楽だよなぁ・・・と。  特にこの第4楽章のチャレンジングなことと言ったら!!  今日はこの曲をもう何回か、じっくりと味わってみたいなぁと思いました。         

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1349

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年10月26日 14:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モーツァルト 弦楽四重奏曲第19番 K. 465 「不協和音」」です。

次のブログ記事は「オドの魔法学校 P.A.マキリップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ