ノルウェイの森 (上)(下) 村上春樹

| コメント(0) | トラックバック(0)

村上春樹氏のノーベル文学賞候補報道に乗せられ、久々に村上春樹本に手を出している KiKi です。  そんな春樹本の中で発刊と同時に手を出さないことに決め、ついでにそれまで持っていた春樹本を一挙に処分した思い出(?)の作品を読了しました。

ノルウェイの森 (上)(下)
著:村上春樹  講談社文庫

31gQRZKHSiL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。  僕は一九六九年、もうすぐ二十歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混乱し、動揺していた。  限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。  (文庫本裏表紙より転載)

51rix39uWhL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

あらゆる物事を深刻に考えすぎないようにすること、あらゆる物事と自分の間にしかるべき距離を置くこと―。  あたらしい僕の大学生活はこうしてはじまった。  自殺した親友キズキ、その恋人の直子、同じ学部の緑。  等身大の人物を登場させ、心の震えや感動、そして哀しみを淡々とせつないまでに描いた作品。  (文庫本裏表紙より転載)

う~ん、正直なところ、これ、一体全体どういう物語なのかさっぱりわかりませんでした。  これがバカ売れした理由も KiKi には見当もつきません。  「ねじまき鳥」の方は読んでいてまだ「ある種の感覚」が揺さぶられるような気がしたけれど、こっちは何だかスポーツ新聞とか男性週刊誌に載っている KiKi があんまり評価しない「官能小説」とどっこいどっこいという印象でした。

「性」を扱うのは構わないし(それで顔を赤くしちゃうほど初心ではない)、ある程度露骨な性描写があってもそんなのには動じない程度には成熟(?)している自負のある KiKi だけど、この物語のそれは正直なところ不快感以上のものを感じることはありませんでした。  

そんな描写が多い中にクラシック音楽やら60年代~80年代の洋楽ヒットチャートみたいな音楽の話が出てくるのも、何気に許せない(苦笑)  この物語に出てくる様々な音楽のうち半分ぐらいは KiKi 個人にとっても何等かの思い出と密接に関わっている音楽であるということもあって、何だか KiKi の思い出まで冒涜されたような気分になってしまいました。

「生と死」を扱っていると言えば聞こえがいいけれど、主人公のどこか斜に構えた、もっと言えば甘ったれた「死生観」がそれこそ腐臭のように漂う小説のような気がしたし、登場人物の誰一人として共感できなかったのが KiKi にとっては致命的でした。  

主人公のどこか頑なな気質の根っこにあるのは17歳の時に体験した「親友の突然の自殺」にあることはわかるし、その事実を消化し乗り越えるのに時間がかかったこともわかるんですよ。  親友の死と同時に、「1人生き残ってしまった自分」を持て余したのもわかるし、ある意味で虚脱状態に陥ってしまったのも理解できるんです。  特に昨日までそこに存在しているのが当たり前だった人が何の前触れもなくいきなり消えてしまうな~んていうのは、人を混乱させるに十分な出来事であることは、同じような経験をしていない KiKi でもある程度は想像できます。

でも、逆に言えばこの主人公のような解決の仕方をしていく人間というのにどこか嘘っぽさを感じずにはいられません。  そういう意味では直子さんの方がまだ理解できるような気がするんですよね。  「生」と「性」を結びつけるのもわからないじゃないけれど、彼の「性に対する感覚」もちょっと理解の範疇を超えちゃっているように感じるんですよ。  率先して・・・・ではないにしろ、あれだけ「自堕落」とも呼べるような性行動をしている一方で、直子さんや緑さんとの対し方にある摩訶不思議な拘りはいったい何なんだろうか?ってね。  

主人公の人間関係もどこか腑に落ちないんですよね~。  学生寮や大学にこれといって「友」と呼べる人間がいなかったのは、時代背景とか彼の心を占めているものと同世代の学生の心を占めているものとの相違という点でわからないじゃないけれど、1人の人間が生きていくうえでかかわりを持つ人間関係というのはそれだけではないはずです。  親もいれば親戚もいるわけで、少なくともあの時代の「親族」というやつはこの主人公にとってのそれほど存在感が希薄ではなかったと思うんだけどなぁ・・・・・・。

ひと頃 KiKi の親世代の人々が KiKi やそれより10歳くらい年長(ちょうど村上さん世代)の人たちに苦言を呈する際に「ひとりで大きくなったような顔をして・・・・・」というのがあったけれど、この主人公ってまさに「ひとりで大人になったような顔をし、自分の哲学だけを頑なに守り続けている没社会交渉の孤独な人間」っていう感じがするんですよね。  そして生身の人間との接点が少ない分、歪な個人主義の中でこねくり回した感性だけを大切に抱え込んでいる・・・・・そんな印象です。

文庫本上巻の裏表紙にある解説文の中に「限りない喪失と再生を描き」とあるけれど、 KiKi にはこの物語のどこに「再生」があるのかまったくわかりませんでした。  人間、エネルギッシュに何かを追い求め常にチャレンジしていくばかりではないけれど、この主人公の場合はあまりにも「何もしていない」し、どこか当事者意識が欠けていると思うんですよ。  しかも物語冒頭の記述からすれば20年という歳月を経ても相変わらず「混乱」してみたりするし、物語最後の記述からすれば青春の悩み時代のある種の通過儀礼を経た直後であってさえも「僕は今どこにいるのだ?」だし・・・・・・。    

そして下巻の裏表紙にある解説文の中の「等身大の人物」というヤツも、疑問符飛びまくりです。  少なくともこの物語に登場する人物たちは KiKi とは「別の次元で生きている人たち」という印象こそあれ、決して等身大の人物ではなかったし・・・・・。  KiKi のこれまでの人生経験と比べてみても「ああ、ここに私がいる・・・・」と思えるような記述は一切なかったし・・・・・・。  学生時代に好んで読んでいた初期の春樹本の中にはどこかしら「ああ、ここに私(だった者)がいる・・・・」と感じられるものがあったんですけどねぇ・・・・・。

そういう意味では、全編通してリアル感の乏しいイメージビデオを見せつけられているような、そんな気分になる物語だよなぁ・・・・と。  BGMには事欠かないしねぇ・・・・(苦笑)  青春時代というのは放っておいてもどこかフワフワとしていて地に足がついていなくて、現実味に乏しい部分があるものだけど、その域を超えちゃっている気がするんですよね~。    

ま、この本の場合、KiKi にとって好ましかったのは赤と緑の装丁の美しさだけだったと言っても過言ではなかったかなぁ・・・・・と(苦笑)。  この本の内容を知らないまま、この本の出版を契機に春樹本を勝手に卒業することにした KiKi の感覚は間違っていなかった・・・・・そんな風にさえ感じてしまいました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1364

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年11月13日 09:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モーツァルト 弦楽四重奏曲第23番 K. 590」です。

次のブログ記事は「風の歌を聴け 村上春樹」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ