白狐魔記3 洛中の火 斉藤洋

| コメント(0) | トラックバック(0)

最初に図書館でこの本を見つけた時に期待していた以上に面白い「白狐魔記シリーズ」。  あまりの面白さについつい読書ペースも上がり気味です(笑)。  ま、てなわけで本日の KiKi の読了本はシリーズ3作目のこちらです。

白狐魔記3 洛中の火
著:斉藤洋  偕成社

516X9G85J5L._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

白駒山の仙人の弟子となり、修行ののち、人間に化けることができるようになった狐、白狐魔丸の人間探求の物語。  元の襲来時に、天の「気」をうごかし嵐をおこした白狐魔丸。  こんどの活躍は、五十一年後、時は室町時代初期。  楠木正成という武将と出会う。  (単行本扉より転載)

最初にちょっぴり残念だったことを告白しておくと、この巻では KiKi のお気に入りの白狐魔丸の師匠・白駒山の仙人は一度も出てきません。  50年以上の長い年月をかけてもどうやら仙人の「穢れ」は清められることがなかったようで、天竺に行ったきり音沙汰もありません。  どこか飄々としていながらも禅僧みたいに含蓄のある言葉を吐く仙人がお気に入りだった KiKi にとってこれは半端じゃなく残念なことでした。

じゃあお茶目な仙人が出て来なくて面白くなかったのか?と問われれば、そこは又別のお話し(笑)で、今巻もたっぷり楽しませていただきました。  どんどん妖術を発展させていく白狐魔丸の成長ぶりも楽しめるなら、彼が多くの人間との知己を得ることによりどんどん人間探究を深めていく姿には思わず感情移入しちゃいます。

特に今作では「楠公」こと楠木正成と知り合い、己が実は狐であることを彼には明かすな~んていうエピソードまであって、これまではどちらかというと「覗き見」的なスタンスを通してきた白狐魔丸がより深く「武士の何たるか?」、「戦の何たるか?」を考えるようになるという展開には説得力のようなものを感じました。

お茶目な仙人が出て来ないことにより白狐魔丸の導き手がいなくなってしまうことを危惧しながら読み進めていったのですが、前作でも出てきたもう1人の「人に化けることができる狐」である雅姫(つねひめ)がその代理とでも言わんばかりに活躍します。  白狐魔丸がルーキーなら雅姫はベテランといった趣で、妖術のさらなる高級技、「体憑依(体の全部または一部を思いのままにする)」、「感憑依(感じ方を支配すること、暑くもないのに暑いと感じたりするが自分が行動として何をしているかは本人がちゃんとわかっている)」、「魂憑依(身体の動きも感じ方も考え方も、何から何まで支配すること)」を教えてくれたり、「人に化けることができるとはいえ所詮狐は狐、本質的に人がすべきことまでは手を出さない」というスタンスなどを白狐魔丸に教えてくれます。

思い起こせばこの物語で扱っている時代(鎌倉幕府の滅亡から室町幕府の成立まで)は学生時代の日本史の授業の中でも一番面白味に欠けると感じていた時代で、日本史の教科書や年表に載っていた年号と事件ぐらいしか印象に残っていなかった KiKi なんだけど、この本の読書とついこの間読了した「逆説の日本史」のおかげで、だいぶ KiKi の頭の中にある種のイメージが定着したような気がします。  特に後醍醐天皇や護良親王に関しては、かなり「人として」のイメージが湧くようになってきたような気がします。  学生時代はどちらかというと「名前だけの存在」みたいな感じで暗記しただけでしたから・・・・・(苦笑)

前作では「天の気」を操って「神風」を起した白狐魔丸が今作では「火」を操るようになったのが印象的でした。  だんだん RPG の登場人物のように技が増えていきますねぇ・・・・・。

最後に・・・・・・

前作では弘安の役(2回目の元寇)が終わると眠りについちゃった白狐魔丸。  その10年後ぐらいに彼が必死で全国行脚をして探し回った「竹崎季長」があの有名な「蒙古襲来絵詞」を描くわけだけど、それを見る機会はあったんでしょうかねぇ??  この物語の中ではそのあたりに関しては一切記述がないんだけど、あれだけ苦労して探し回った白狐魔丸には是非是非見て欲しかったなぁ・・・・。

見ることができなかった可能性もあるので、KiKi の大サービス。  せめてこのブログの中でぐらいは堪能していただくこととしましょう ^o^)v

400px-Mōko_Shūrai_Ekotoba.jpg

お~い、白狐魔丸!!  見えるかい??  残念ながら KiKi は君のお友達の市谷小平太の絵は見せてもらえなかったけれど、この物語で楽しませてもらっているせめてもの御礼です♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1368

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年11月19日 15:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白狐魔記2 蒙古の波 斉藤洋」です。

次のブログ記事は「白狐魔記4 戦国の雲 斉藤洋」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ