久々のLothlórien_山小舎

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日から KiKi は久々にLothlórien_山小舎に一時帰宅しています。  昨年12月末の母の転倒・骨折事件以来、KiKi の故郷である静岡県は沼津市で生活すること約2ヶ月。  「いずれは同居」も視野に入れていたものの、現段階では「取るものももとりあえず」といった感じで帰省(?)していたため、何かと本来の住まいには用事があります。  たまりにたまっている郵便物のことも気になれば、宅急便のお兄ちゃんに「規定期間を超える取り置き」をしておいてもらっている荷物も引き取らなくちゃいけないし、うちの旦那さんの病院通い(定期的な検査がある)の予約があったり、今年の味噌作りをしなくちゃなんなかったりとLothlórien_山小舎もそうそう放置しっぱなしというわけにはいきません。

一年の中で一番寒い季節を気候の厳しい高山村から離れ、温暖気候で有名な静岡県は沼津市で過ごしていたここ2ヶ月。  体はすっかり「静岡仕様」に変換されおらが村の寒さに対応できるかどうか心配しながらの帰宅でした。  本来なら暖かい所から寒い所へ行くのですからどこか「もの悲しい」気分が煽られても不思議ではないところですが、終わりの見えない あ~んど 休息とは無縁の介護生活からほんの数日とはいえ離れられるということで、どこかほっとし、どこか心ウキウキ気分。  東名 - 東富士五湖道路 - 中央高速 - 圏央道 - 関越自動車道を走り抜けました。  仕事をしていた頃の「南の島 Vacation」の時以上の安堵感に包まれます。  (ごめん、母よ chirol_gomen.gif )

雄大な富士山の姿にヘトヘトだった気持ちが癒され、ロング・ドライブも何のその(笑)  関越で群馬県の山並みを眺めた時には「あ~、やっと帰ってきた!!  これで4日間は介護から解放される!!」と喜びが沸々とわきあがってきました。

ところが・・・・・です。  そんな KiKi の喜びとは裏腹にとんでもない事態が KiKi を待ち受けていたのでした。


まずはその「とんでもない事態」のお話の前に、Lothlórien_山小舎の外の景色をご紹介しておきましょうね。

2013_Feb26_002.JPG

↑ こちら我がLothlórien_山小舎の玄関脇の駐車スペースです。  タイヤの跡が残っていますけどスタッドレスを履かせたダーリン車、途中で停まってしまっていっちもさっちも動かなくなってしまいました。  何せ留守中だ~れも雪かきしていないもんで、結構雪が深くなっちゃっているんですよね~(汗)

2013_Feb26_003.JPG

↑ こちらお馴染みのウッドデッキからの景色です。  もう何日も雪は降っていないらしいんですけど、まったく融けていません。  もっとも今晩は又雪が降るとか・・・・。

2013_Feb26_004.JPG

↑ 洗濯物干し場周辺もご覧のとおり。  洗濯物を外に干そうと思ったらスノーブーツが必要だし、第一、乾く前に凍り付いちゃいそうです(苦笑)


ま、こんな風に雪に覆われた状態であることは一応 KiKi の中では「想定内」でした。  案の定・・・・ではあるものの、この寒さが「静岡仕様」の身体には結構堪えます。  「静岡仕様」になってしまったのは人間のみならず、我が家の愛犬ノルンもすっかり「静岡仕様ワンコ」に変身してしまっていたため、車から降りる時 KiKi の腕の中でブルブル震えていました。  「イヌは喜び庭駆け回り」はノルンとは無縁のお話です。  

家の中は・・・・・と言えばこの極寒期にまったく火の気がない状態が続いていたため、キンキンに冷え切っています。  家に入るなりまずは業務用石油ストーブのスイッチを入れたのですが、スイッチ・オンと同時に表示される室温は・・・・・測定不能の「零下」とのこと。  おお、さぶい・・・・・。  

でもそれだって KiKi の中では「想定内」でした。  慌てず、騒がず、荷物を整理し、帰宅途中で購入してきた食材類を冷蔵庫に詰め込み、さてお茶でも一服・・・・・と思ったその時、事件が起きました。


やかんに水を入れ・・・・・・・入れ・・・・・・・られない ^^;  


水道栓が凍りついてしまいビクとも動きません。  こんな事態はこれまでに発生したことがありません。  でも逆に言えばこの極寒期にLothlórien_山小舎を2ヶ月も空けたまんまにしたこともこれまでにはありません。  Lothlórien_山小舎の水問題では数多くの経験を積んできた KiKi。  慌ててトイレの水が流れるかどうか確認に走ります。  下手をすると今晩はトイレさえ入れないかもしれない・・・・・そんな最悪の事態が KiKi の脳裏を横切ります。

でも、幸いなことに「電気温熱器付きトイレ」は問題なく水が流れることが確認できました。  やれやれ、少なくともこれでトイレの心配だけはしなくてもよさそうです。  お風呂は最悪の場合、近くの温泉という代替案があるから置いておいて、やっぱり困るのは台所の水道です。  家の中が「測定不能の零下」であったことを考えると、家の中の水道設備そのものが凍りついてしまったこと間違いなしです。(屋外の水道設備はちゃんと熱線が巻かれています。  だから2ヶ月も留守にしっぱなしだったにも関わらず2月分の電気料金は1万円越えです。)  しかも水道管そのものと言うよりは、水道の栓(上下に上げ下げするヤツ)がビクともしないのですから、まずはこれを何とかしないことには先へ進むことができません。

まずは水道栓そのものを温めることが肝要です。  部屋には薪ストーブと石油ストーブが稼働中ですが、表示される室温は5℃。  2ヶ月と言う間キンキンに冷やされた部屋はそうそう簡単には暖まってくれません。  だいたい冬場に朝から晩までダブル暖房でガンガン焚き続けても21℃位が関の山なのがここLothlórien_山小舎なのです。  部屋が暖まって水道栓が融けるのを待っていたら、あっという間に帰る日になってしまうかもしれません。  購入してきた食材だって厳選して4日で消化できる分だけ・・・・・のつもりだったのに、下手をすると使うことさえ叶わないまま再び沼津へとんぼ返りなんていうことになってしまうかも・・・・・・。

で、あれこれ考えていたら「寒冷地仕様の庭水道」があることに思い至ります。  家の中の水道設備は暖房が効いていることを前提に設計されていますが、外水道は、しかも寒冷地仕様のそれはこんな時こそ、その威力を発揮してくれるに違いありません。  ま、てなわけで部屋の中が零下なら当然戸外も零下という庭に薬缶を2つぶらさげて出てみます。  祈るような気持ちで蛇口をひねると



ジャ~!!



心地よい水音がして、薬缶に水が満たされました。  これをガスコンロで沸かしてまずは水栓そのものにぶっかけてみることにします。  ついでに、その同じお湯で精神安定のために美味しいコーヒーも入れます。

シュンシュンと沸いた薬缶半分ぐらいのお湯を水栓にかけてみます。  ところがどっこい、熱湯をぶっかけているにも関わらず、相変わらず水道栓はビクともしません。  しかも・・・・・・・です。

シンクに今水道栓にかけたお湯がどんどん溜まっていきます。  どうやらダメなのは水道栓のみならず排水管も凍り付いてしまっている模様です。  目の前に置かれた珈琲カップとドリッパーを茫然と見つめる KiKi。  排水管がダメっていうことはお茶碗を洗うこともできません。  最悪の選択肢として外水道で洗うという荒業が想定できますが、ここLothlórien_山小舎の水道水の温度たるや2℃とか3℃が常温です。  そんな冷たい水で家事をすることを前提にするなんて、涙が出てきそうになります。

沼津で一所懸命介護をして、感謝されることもなく褒められることもなく、それはそれで「そういうもの」と思っていたからいいけれど、せっかくの休暇で訪れたLothlórien_山小舎でさえも苦行を強いられるとはいったい KiKi がどんな悪いことをしたというのでしょうか??  あ、やっぱり、ここへ向かう途中ウキウキしちゃった親不孝精神のせいかしら・・・・・・・。

そんなことを考えているうちに、帰宅してから1時間半が経過しました。  相変わらず水栓はびくとも動かなければ、排水も流れません。  しかも・・・・・です。  薬缶で沸かした熱湯を流したはずなのにシンクに溜まっている水は氷のように冷たいのです。  ふと思い立って台所シンクのゴミ受けの下にあるプラスチックの蓋のようなモノを外してみることを試みたのですが、とても長時間手を突っ込んでいられるような温度ではありませんでした。  しかもこのプラスチックの蓋のようなモノもびくとも動きません。

このままではご飯を炊くこともできなければ、味噌汁を作ることもできません。  否、辛うじて外水道の水を利用して作ることができたとしても食器を洗うことも、野菜を洗うこともできません。  そんなことを考えていると益々お腹が空いてきたような気がし始めます。  「腹が減っては戦はできぬ。」という諺が頭をよぎります。  何かを食べて落ち着いて考えた方がいいような気もすれば、その後洗われることもなく山積みされることになるだろう鍋・釜・茶碗をイメージすると料理しようという気力まで萎えていきます。

そこから待つことさらに30分。  ようやく水栓は少しだけ動くようになったものの、相変わらず水道から水は出て来ないし、排水も流れません。  シンクの深さ半分は溜まってしまっている汚水を眺めていると出てくるのはため息ばかりです。  そうこうしているうちに、ダンナの「腹減った」というつぶやきが聞こえてきました。  そこで仕方なく何かエサを与えることにしました。

あれこれ考えた末、KiKi が選んだ昨晩の食材はインスタント・ラーメンです。  野菜は洗えないので抜き、洗い物を増やすわけにはいかないので卵を1個落としただけのラーメンを鍋1つで作り、どんぶり2つと箸2膳。  最悪ケースの外水道で洗うにしても最小限の鍋・釜・茶碗で済むようにと考えた末でのディナーです。  本当なら今晩のメニューは野菜たっぷりのあったかポトフだったのに・・・・・・。

介護疲れの身体と胃袋に何とも優しく侘しいディナーを終えた頃、ようやく水道からお湯が出始めました。  これは喜ばしいこと・・・・・ではあるのですが、相変わらずシンクの水は溜まったまんま。  三角コーナーの中でお茶っ葉やらポーション・ミルクの入れ物がプカプカと浮いています。  そこで考えました。  シンクに溜まった汚水をラーメンを作った鍋で掻き出して外に捨て、今度はようやく出るようになった水道で箸とドンブリを洗い、そこでできた汚水をさらにもう一度ラーメンを作った鍋で掻き出して外に捨て、最後に鍋を洗ってみるのはどうだろうか??と。

こうして鍋に3杯分の汚水を捨てたその時、いきなり排水管が働き始め、それまでシンクに溜まったきりだった汚水があっという間に流れ落ちていきました。  そして例の台所シンクのゴミ受けの下にあるプラスチックの蓋のようなモノを外そうとしてみると今度はスンナリ動いてくれました。  そしてそれを外してみるとドーナッツ状の氷がプカプカと浮いている姿が目に入りました。  かれこれ3時間近くもあれこれ苦労した台所の水道問題もようやく決着の時を迎えました。

この後、ラーメンを作った鍋のみならず、再度コーヒーカップやらドリッパー、どんぶりと箸の全てを「通常モード」の水道で洗ったのは勿論のことです。  そして、今日の朝ごはん用のお米を研ぎ炊飯器をセットしたり、お湯を沸かしたりという日常生活がようやく返ってきたのでした。




でもね・・・・・・・


実は今回の帰宅の目的の1つに「今年の味噌作り」があったんですけど、昨晩の KiKi は水道問題で疲れ果て、大豆を煮る準備をすることをすっかり忘れてしまったのでした。  今年はせっかく大豆をすり潰す新たな新兵器を購入したのになぁ・・・・・・。  限られた自宅滞在期間中に果たして味噌作りは完結するのかどうか??  それは今のところ未知数なのです。      


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1401

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2013年2月26日 11:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「敵は身内にあり」です。

次のブログ記事は「介護保険申請手続きの際のあれこれ (1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ