一緒に生活してみて分かったこと

| コメント(0) | トラックバック(0)

介護生活が始まって約1か月。  それまで実家に帰省してもお客さんだった KiKi には見えていなかった我が家の問題が少しずつ見えてきたように思う今日この頃です。  

KiKi の父親は数年前に「突発性難聴」を患い、入院してステロイド点滴を受けたりと手を尽くしたものの治療の甲斐なく、左耳の聴力を失ってしまいました。  父が突発性難聴に罹患した頃は母もまだしっかりしていて、認知症の明らかな症状は出ていなかったのですが、母の認知症が始まった頃とほぼ時期を同じくして、今度はそれまで問題がなかった父の右耳に今度は「老人性難聴」が始まりました。

一時は「補聴器」をつけることも検討したらしいのですが、補聴器が拾ってしまう雑音ばかりが耳に入り、それが神経に触るということで、結果的に補聴器をつけることを断念したようです。  で、父母二人の生活の中で、片方は聴力に問題あり、もう片方は記憶に問題ありという状態でここ2~3年を過ごしてきました。

こういう生活がもたらす帰結として、「会話が成立しない」という現象がどうやらあったように思われるんですよね。  母が何気なく発する問いかけが父には聴こえません。  それでも何か話しかけられた気配を察していれば「何?」と問い返したりもしているのですが、母の方は父の耳が遠いことを覚えていないので、言い方を変える(音量を変えるとか、言い換えるとか)な~んていう高度な技(?)は使えません。  そこでまったく同じ調子で同じ言葉で同じ問いを繰り返すのですが、やっぱり父には聴こえません。


何度も同じ問いを繰り返す母と「え? 何?」を繰り返す父。  挙句の果てに父は辛うじて聞こえた単語をベースに母の問いかけを自分なりに解釈し、トンチンカンな答えをしたりします。  父としては精いっぱいの努力の末の答えなわけですが、母にしてみれば「自分の問いかけには答えてくれない。」という印象だけが残ります。

そんな問答の果てに、問いかけを発している母にフラストレーションが溜まり、母の問いかけがよく聴こえていなかった父にもフラストレーションが溜まるという負のスパイラルが発生します。  こうして、認知症により忍耐力を著しく失っている母は「もういい!」と感情的なり、聴こえなかった父は父で「何だかよくわからないけれど攻撃的に、一方的に攻められた」という想いが残ります。

それでもこの関係が成立している(要するに父が問い直すという行為がある)時はまだマシで、日常生活の中では「聴こえていないうえに気が付いてもいない」という事態もまま発生します。  こうなると事はもっと複雑で、母にしてみれば「話しかけても返事もしてくれない。」と不満を募らせることになるわけですが、相方の父は何も気が付いていません。  お互いがイライラしている時はそんな様子が目に映る分、いびつながらもコミュニケーションが成立している(?)とも言えるわけですが、父が気が付いていないケースでは母が一方的に被害者意識を募らせるという結果をもたらします。

そうなると母は1人で泣きじゃくり、父は何が何だかチンプンカンプンなまま「あの人は最近、感情の起伏が激しくて手に負えない」と感じるようになり、自分の殻に閉じこもりがち(要するに買い物に出かけちゃったり、好きな読書に耽ったり、庭仕事をしに外に出ちゃったり)になります。  こうして家の中に1人取り残された母は、そこが自分の家であるという記憶さえ曖昧になってきてしまっているので、不安感を募らせ、ますます感情的になる・・・・・・  どうやらそんな生活を繰り返してきていたように思われるんですよね~。

そういう意味では今、KiKi が実家に滞在しながら母の話し相手をする時間が増えていることは母にとって少しはよいことのような気がしているんですよね。  同時に2人の会話が咬みあっていなかったり、父には聴こえていないことが分かった時には軌道修正してあげることができたりもするわけですし・・・・・・。  でも四六時中2人に張りついているわけにはいかないので、ちょっと目を離して二人きりにしておくと、普通の会話をしていたはずがふと気が付くと何故か喧嘩をしていたりもするんですけどね。

難聴になってしまったのは父の責任ではないし、認知症を発症したのは母の責任ではないけれど、そしてお互いに何ら悪意はないにも関わらず、母の認知症を悪化させている1つの要因に、この「会話が咬みあわない」という状況があるような気がしている今日この頃です。 


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1395

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2013年2月13日 19:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「介護生活_お風呂編」です。

次のブログ記事は「要介護4」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ