明日は初めてのデイ・サービス どうなる?

| コメント(2) | トラックバック(0)

今月の最終週、KiKi はどうしてもLothlórien_山小舎に帰らなくてはいけない用事があります。  しかも今回は1泊2日な~んていう短期ではなく4日間、実家を留守にしなくてはいけません。  そうなると、認知症の母と半分ツンボの父の2人きりが実家に残されることになります。  そして母は今となっては家事一切ができません。

もっと言えば、家事はおろか自力で着替えも?なら、入浴だって介助が必要。  さらに、母の話し相手として本人のやる気はともかくとして父ではまったく「お話にならない」状態であることも明白です。

そうなると2人の生活が成り立つ公算は限りなくゼロ(0)に近いわけで、どうしたものかと1週間ほど前から担当のケアマネさんと相談をしていました。  そして、あれこれ検討していただいた末にケアマネさんからは「お泊りサービス付きのデイ・サービス」にこの4日間、母のお世話をお任せするというプランが提案されました。  

介護生活が始まってから約半月、母を在宅で介護してきたわけですが、介護の実際は KiKi の当初の予想をはるかに上回る大変さで、正直なところこの「終わりの見えないタスク」に KiKi 自身がどこまで持つのか、悲観的な想いが去来することもままある昨今、KiKi の精神的安定を保つためにも「介護から解放される時間」というのも確実に必要です。  そういう意味でも「今後も週に1日ぐらいはそんな日があってもいいなぁ」と感じていたし、何よりも差し迫った必要性にも突き動かされ、可能であればその提案に乗ってみようということで父とも合意が取れました。

ただ、退院以来、ずっと在宅で介護を続けてきた母がこの「デイ・サービス」に対してどんな反応を示すのか未知数なわけで、「安心して・・・・・」という状況とは程遠いのが実際のところです。  (← 杞憂かもしれないけれど・・・・・ ^^;)  しかも KiKi の母親の性格は一言で言ってしまえば「かなり面倒くさい人」で「ええ格好しい」ではあるものの、「人の好き嫌いが激し」く、人様と良好な人間関係を築くのが極めて不得手な人間です。

さらに言えば、これも認知症の典型的な1つの症状と言ってしまえばそれまでですが、もともと無趣味な人間だったところに輪をかけて最近では全てにおいて無気力で、「○○をしてみない?」と何かを勧めても帰ってくる返事は「面倒くさい」「アホらしい」「そんなことをして何になるの?」という否定形ばかり・・・・・。  そんな状態で介護施設でどんな時間を過ごすことになるのか、不安は尽きません。  

ま、てなわけで何はともあれ「お試しデイ・サービス」なるものを経験してもらうことになりました。  で、明日がその「お試しデイ・サービス」の実行予定日として予定されています。

 

とりあえず明日は「はじめてのお使いデイ・サービス」ということになるわけで、まずは KiKi が母を送って行き、先方の方と契約を交わし、母の様子を見たうえで置いてこれそうなら1日預かっていただき、帰りは施設の方に家まで送ってもらう(そして本番の25日には同じ方に迎えに来ていただく)という話になっています。

KiKi としては何とかこの「お試しデイ・サービス」を成功裏に終わらせるためには家を確実に連れ出すことができるか否かが勝負だと感じていて、そのためには「母を安心させるための嘘も止む無し(どうせすぐ忘れちゃうし)」とまで考えていたのですが、父は教員だったということもあり「嘘はよくない」の一点張りです。  心の中のどこかで母を「普通の人扱い」したいという想いがまだ強く、「本当のことを言おう」と譲りません。

さて、そうなると明日の朝、母が素直に家を出てくれるか否かが一大事となってきます。  何せ今日も本当だったら「リハビリ予定日」だったんですけど、お天気が悪かったという悪条件もあって、どんなに丁寧に説得しようとしても頑として「行きたくない。  そんなところに行くのは嫌だ。  あれこれ言われるのはもうたくさん。  そんなことを言うなら私は死ぬ。」と譲らず、結局ここまで皆勤賞だったリハビリをチョンボしたばかりです(苦笑)

まして、今ではお風呂は毎日介助付き、着替えだって1人ではままならないのに「1人で何でもできます。  大丈夫ですから・・・・・」と言い続けている母を宥めたりすかしたり、わざと1人でやらせて、自力ではできないことを本人に納得させてようやく介助付きで遂行というのが実態なのです。  そして、ツンボの父は残念なことにそのやりとりのほとんどが聞こえておらず、遂行された結果しか見ていないので尚更「何とかなる」が口癖で、「自分は困っていないので実態に対する認識が甘い」という困った状況です。

まあ、KiKi 自身も好きで嘘をつきたいわけじゃなし、母の配偶者である父の意向を無視してまでして自分の考えを押し通そうとは思いきれないため、とりあえずは父の意見を尊重する心づもりではいるものの、果たしてどうなることやら、今から気持ちがドヨヨ~ンと沈みがち・・・・・。  しかも最後の説得役は KiKi に回ってくることを考えると気が重い・・・・・。  はてさて、初めてのデイ・サービスはどうなることやら? です。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1398

コメント(2)

 ごぶさたしております。実は、以前から何度もお邪魔はしていたのですが、書き込む気力がなくて、失礼しておりました。
 お母様のこと、大変と存じます。私のかつての経験と重なるところが多いです。そうだった、そうだったと何度もうなずいています。月並みですが、とにかくお体を大切に。利用できるものは、すべて利用して。
 すみません、こういう内容の場合、名前伏せ字にさせていただきます。用心しすぎかもしれませんが、ちょっと事情がありますもので・・・。それではまた。

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2013年2月19日 20:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「着替えのできない母」です。

次のブログ記事は「やっぱりダメだった、初めてのデイ・サービス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ