有料老人ホーム探し開始

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっとブログの更新が滞ってしまっていました。  この間あれこれ色々あったのですがとてもじゃないけどブログを更新できるような時間的・精神的余裕がありませんでした。  そんな中、今日、ブログの更新ができているのは今、 KiKi がLothlórien_山小舎にいるから!な~んですよね(笑)。

前回までの介護関連のエントリーはひたすら母に振り回されている KiKi の愚痴っぽいものが多くて、このままだと母は「とんでもなく手間のかかる迷惑婆さん」みたいだけど、あれらの出来事は決して嘘でも誇張でもないけれど、それでもと~っても可愛い瞬間もあるんですよ♪  そんな時は KiKi も「うんうん、大丈夫。  これならまだまだ一緒に頑張れる」と思ったりもするんです。  でもね、KiKi よりも先に父の方がギブアップ気味・・・・・(苦笑)  本人自体「まだまだ元気!」という状態でもなく(かと言って差し迫ってどこかが深刻に悪い状態と言うわけじゃないけれど)、最近では腰痛が激しくて自力で起き上がれなかったことが数回あったりもして、「できれば二人でどこかの介護付き老人ホームに入りたい。」と言い始めました。

ま、てなわけで4月の半ばから KiKi には日々の家事・介護に加えて「有料老人ホーム探し」というタスクが課せられたのでした。  とりあえずはインターネットで様々な情報をゲットするところから開始しました。  とは言ってもねぇ、何せ自分の人生の中でこのタイミングでこんなことを調べることになろうとは思いもよらなかったから、最初のうちは戸惑うばかりでどんな基準でどんな視点で施設を見極めなくちゃいけないのかわからないことばかり・・・・・・。  

幸い見つけたこちらのサイトは か☆な☆り 熟読させていただきました。

老人ホームを探すために我が家の場合何が最初の分岐点になるかっていうと、父母の家のある静岡県で探すか、はたまた KiKi が暮らすLothlórien_山小舎のある群馬県で探すかというポイントがあります。  KiKi の希望としてはホームに預けっぱなしというのだけは嫌だから、できれば群馬県で入所してくれると嬉しいんだけど、年老いた両親に暖かい静岡県 → 寒さの厳しい群馬県に移住を求めるのは酷かなぁ・・・・・な~んていうことも考えました。

もちろん静岡県には両親の家があるわけだから KiKi たちが移住して同居するなり静岡県の有料老人ホームを探すという考え方もあったんだけど、12月の末からここまでの4か月近くを沼津で過ごしてみて分かったことは、もしも沼津の家に移住したとするとマイ・ダーリンの老化を自動的に促進することになるなぁということでした。  Lothlórien_山小舎であればダーリンはやることが一杯あって(最初からそのための東京→Lothlórien山小舎移住だった)、体を動かす機会も必然的に多くて、実に健康的な生活をしていたんだけど、沼津だととにかくやることがない・・・・・。  

母の通所リハビリの送り迎え、父の通院の送り迎え、お買い物、犬の散歩以外の時間はナンクロに耽っているかPCでスパイダーソリティアをやっているだけ・・・・・と言っても過言ではない状態でこれに加えて母が手を入れたやたらとしょっぱい味噌汁を飲んだり、父がスーパーで山と買ってくる「佃煮」系の食べものを食べる機会も増え、「このままじゃいけない!」と思わざるを得ない状態なんですよね~。

それでなくてもダーリンと KiKi はちょっと歳が離れているため、ダーリンはもう「じいさん領域(≒ 年金受給世代)」に足を踏み入れているわけで、多忙なサラリーマン時代を終え、ようやく時間的余裕が持てるようになって、体もそこそこ動くこの大切な時期に KiKi の両親の介護だけに付き合わせていちゃいけないよなぁ・・・・・と感じることも多くなってきていました。

  

ま、てなわけで KiKi の老人ホーム探しはスタートしたわけだけど、今のところまだ静岡県か群馬県かの結論は出ていません。  父は群馬県でもいいと言ってくれているし、母にはもはやそのテの判断力はあるんだかないんだか?という状態なので、施設の雰囲気や介護サービスの内容さえ父のお気に召せば群馬県もアリかなぁ?・・・・・・という感じです。  ただ、父の本音としては、たまには自分の家を見に帰りたい、園芸もしたいという希望があるのは分かっているので、どうなることやら・・・・・・ ^^;

心苦しく思いながらも

「お父さんの気持ちはわかるけど、もしも静岡県ということになったら、私が会いに行ける頻度はどうしても群馬県よりは下がっちゃうよ。  それに、お父さんはそれでも大丈夫かもしれないけれど(何せ結構孤独を楽しめるタイプ)、いずれいつかはお母さんが遺されることになる可能性は高いわけだけど、そうなってしまってもやっぱり会いに行ける頻度は群馬県よりは低くなっちゃうよ。」

な~んていう半分脅しのような、それでもやっぱり現実に起こりうることを口にせざるをえなかったりもして、ホーム探しというヤツもなかなか精神的にしんどいものがあります。

そしていざ探してみると「夫婦で入居」「夫婦で同室」「認知症受け入れ可能」というホームが案外少ないんですよね~。  幸い群馬県で結構評判の良い「介護付き有料老人ホーム」に現在夫婦部屋の空があることがわかって、KiKi としてはそこがイチオシ!なんだけど、父は気に入ってくれるかなぁ??

実は今、KiKi がLothlórien_山小舎にいるのはそのホームに昨日見学に行ったためでもあるんだけど、実際に行ってみて建物や周りの雰囲気、スタッフの教育、説明を受けたサービスの内容等々、どれをとっても申し分がなくて、KiKi は「もしも自分が入るんだったらここがいい!」「両親を預けても安心」「Lothlórien_山小舎から決してメチャ近とは言えないけど、ここなら毎週1回ぐらいなら何とか訪ねられそう」と感じた(ダーリンの印象も同じだった)んだけど、肝心なのは入居してそこで暮らすことになる父の気持ちだから、こちらの都合・嗜好にピッタリだからと言ってそれが最善かどうかはわからないんですよね~。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1417

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2013年4月23日 10:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「母じゃない、病気が言わせているんだ・・・と思えども」です。

次のブログ記事は「静岡県の介護付き老人ホーム見学 その1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ