体験入居 2軒目

| コメント(0) | トラックバック(0)

今週はじぃじとばぁばの「介護付き老人ホーム」体験入居の2軒目が遂行されました。  Lothlórien_山小舎から約4時間のドライブを経て群馬→沼津の移動をしたのが26日。  1日だけ実家で休憩(?)をいただき、28日から今日までの3泊4日をこのエントリーでお話した箱根の老人ホームで過ごしていただきました。

じぃじの拘りの「夫婦部屋」があるのが自立フロア、介護度の高い人向けのフロアが介護フロアと分かれているホームだったわけですが、先方のご厚意で最初の2泊を自立フロアの夫婦部屋で、最後の1泊を隣り合った個室の介護フロアで過ごしてみることになっていました。

2013_May31_026.JPG

エントランスを入ってすぐのロビーは明るく開放的。  目の前に広がる「旧華族の庭園」が素晴らしい!!  季節柄、今回は新緑が美しくLothlórien_山小舎を彷彿とさせるものがあったわけですが、紅葉の季節はこれまた見事だということで、もしもじぃじとばぁばが本当に入居することになったら、KiKi も楽しみが1つ増えるというものです。

2013_May31_027.JPG

先般、体験入居をした群馬のホームではリハビリ室は独立したスペースだったんですけど、こちらの施設ではそのロビーに付随するかのようにリハビリスペースが設けられています。

2013_May31_031.JPG

こちらの施設では「標準型」としては1人1人が個室に入り、夫婦部屋は室内に行き来するドアがある形だったんですけど、じぃじに依存しているばぁばはいきなり個室では不穏になってしまうことが想定できたので、こ~んな感じ(↑)で2つの部屋のうち1つにベッドを並べ、もう1つの部屋をリビング感覚で使えるようにレイアウトしていただいていました。(↓)

2013_May31_036.JPG

TV画面に映りこんでいるのがじぃじと施設の「入居相談室」の方です。  

2013_May31_037.JPG

群馬のホームで1番のネックだったのが「居室から食堂までの距離」だったんですけど、こちらは各フロアにこのような(↑)食堂があります。  これだったらじぃじも食堂までの距離を問題にすることはないことでしょう。


さて、このホームの感想はまだじぃじから詳細には聞けていないのですが、お迎えに行った際に入居相談室の方から KiKi が言われたことは、今回の滞在中、ばぁばは得意の「夜中の徘徊」を遂行し、しかも先輩入居者の方のお部屋に入り込んでしまったとのこと。  しかも二部屋・・・・・・。  事前に KiKi からはその心配がある旨お話していたので、それが殊更「大問題」として語られることはなかったんですけど、結論からすれば自立フロアでの受け入れは難しいとのこと。  因みに家宅侵入されたお2人のうちお1人は認知症についての理解もおありの方で、特に苦情という形にはならなかったらしいんですけど、もうお1人はかなりご立腹だったとのこと。  そりゃまぁ、そうですよねぇ

そしてじぃじにも自立フロアでの受け入れは難しい旨は伝えてあって、介護フロアで隣同士という部屋は今回体験入居をした部屋しか空いていないとのことで、その部屋を取り置きする手続きをじぃじがしているのだそうな・・・・・・。  「これは脈アリか?」と思いたい気持ちはヤマヤマなんですけど、お話によれば30日間は取り置きしても費用は発生しないけれど、31日目から取り置き最長期間の90日までは費用が発生するとのこと。  そういう話であれば、じぃじの発想傾向からすれば「とりあえず」取り置きという形をとっておくことにしたということも充分考えられます。

ここにも×がついたら、今度はどこを探せばいいんだろうか???  じぃじが何かの本で見つけた石和温泉にある老人ホームという話もなくはないんだけど、石和じゃあLothlórien_山小舎からも、沼津の実家からも結構遠いので、泊りがけじゃないと見学だってできやしないし・・・・・・。  まだまだ、どうなることかわからない老人ホーム探しです。

さて、28日にじぃじとばぁばを送り届けた KiKi とダーリンはその帰り道、かねてから一度は訪ねてみたいと思っていたある場所に立ち寄ってみました。  その場所とはこちら(↓)です。

2013_May31_040.JPG

年金生活者になって以来、ブランドものとは全く無縁の生活をしてきた KiKi & ダーリンなので、もうこんな所に足を運ぶことはないかも・・・・・と思っていたんですけど、まさか老人ホーム探しの真っ最中にここに立ち寄ることになろうとは・・・・・・。

しかも・・・・・です。  当初は何にも買わない予定だったんです。  でも、介護生活で著しく合理的且つ論理的な思考力を剥奪され続けてきた影響でしょうか??  ふと気が付くと某ブランドのポロシャツとか別の某ブランドのバッグなんぞを衝動買いしている KiKi がいました。  これにはダーリンも呆れ顔(苦笑)


さて、話は変わって、じぃじとばぁばが老人ホームで体験入居をしていたということは、KiKi & ダーリンにとっては家主のいない実家でノビノビ生活を堪能できた日々でもありました。  この間、KiKi がしたもう1つのイベントのお話をして、今日のエントリーを閉じたいと思います。  


さて、それは何でしょうか?????




それはね、コレ(↓)

2013_May31_041.JPG

こちら、KiKi が小学生の頃から高校3年まで、ピアノを習っていた際に実家で弾きまくっていたピアノでございます。  KiKi が大学生になって上京して以来、弾く人もなく、調律されることもなく、でも捨てられることだけは免れ、もう何年も「お菓子置場」としての役割のみを課せられてきたこのピアノ。  久々に弾いてみると涙なくしては語れないほど情けない音を出すピアノと化していました。

そこで思い切って30年ぶりに調律していただき、じぃじとばぁばが留守の間、久々にこの「思い出のピアノ」をガンガン弾きまくっておりました。  日頃、Lothlórien_山小舎でグランドピアノを触っている今の KiKi にとってはかなり物足りないピアノではあるんですけど、そこはほら、「思い出」という最高のスパイスがまぶされているのでなかなか「アジなモン」だったりするんですよね~、これが。



さて、そんな懐かしくも愛おしいピアノさんではあるんですけど、体験入居を終えたじぃじとばぁばが帰宅するや否や、やっぱり「お菓子置場」になってしまって KiKi を悲しませてくれちゃったことは言うまでもありません・・・・・・・・ ^^;   

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1431

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2013年5月31日 19:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いつかは弾きたい曲リスト更新?」です。

次のブログ記事は「2013年5月の読書 読書メーター」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ