水滸伝 下 施耐庵

| コメント(2) | トラックバック(0)

「北方水滸」、「楊令伝」を読了したのを機に、子供時代から本当に久方ぶりに再読してみたこの「少年文庫版 水滸伝」。  とうとう最終巻を読了しました。

水滸伝 下
作:施耐庵  編訳:松枝茂夫  岩波少年文庫

51ZFYQB843L._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

梁山泊の義士たちは世の不正にたちむかう。  その勢力に朝廷も注目し、宋江は皇帝の命を受けて軍をすすめ大活躍するが...。  世の中に不満をもち英雄の出現を待ちこがれる人々に支えられてきた血わき肉おどる物語。  (文庫本裏表紙より転載)

最後の最後、全64章の第59章になってようやく108人の豪傑たちが梁山泊に集合しました。  そこに至るまでの108人の人物紹介とも言うべき、個別エピソードの数々は多分にご都合主義的、刹那主義的、ハチャメチャではあったけれどそれでも結構面白かったのと比べ、全員揃った後はバタバタと戦の話が羅列されて終わりっていう感じ(要するに手に汗握る戦闘シーンみたいなものは皆無 ^^;)で、何とも残念・・・・・。

でもまあ、KiKi にしてみると「時の権力」 vs. 「抵抗勢力」ということで読み始めたつもりだった物語がいきなり皇帝の下っ端になるという展開に目がテンになってしまい、そっちの残念感の方がより大きかったかもしれません。  北方水滸では最後の最後まで梁山泊は梁山泊だったのにねぇ・・・・・。  ま、時代ということを考えれば分からないわけじゃないけど、ホンネを言えば 

「何だよ。  反乱軍かと思いきや、それはタテマエで要するに就職活動みたいなものだったのかよ??」

っていう感じ?(苦笑)   宋江に至っては梁山泊のリーダーでありながら

「じぶんは不幸にして罪人とはなったが、朝廷に対していささかの異心を抱いたことはなかった。」

な~んて言っちゃって、天子さまからの招安を受けると有頂天っていう風情だし、そして詔勅を受けて向かったいくつもの戦で仲間たちをどんどん失っちゃうしで、KiKi がメンバーだったらこんなリーダーの下はご遠慮被りたいっていう感じです。

 

さて、話は変わるんだけど、今回読書中にふと思ったこと。  それは「梁山泊に集う豪傑たちの数(108)と除夜の鐘の108つっていうのはあながち無関係じゃないんじゃないかしら?」 ということです。

もちろん KiKi は子供時代に除夜の鐘の108つというのは人間の煩悩の数という話は聞いたことがあるし、そうだと今日まで信じてもきたんだけど、よくよく考えてみると人間の煩悩の108つをリストアップしたものなんてこの年齢になるまで見たことはないし、どちらかと言えば「へぇ、108つかぁ。  多いなぁ。」ぐらいの感覚で生きてきちゃったような気がするんですよね。

そこへ行くと水滸伝の108人が何故108人かと言えば、108人が出揃った第59章によれば、どうやらこれは道教で説く「天罡(てんごう)三十六星」「地煞(ちさつ)七十二星」という星の名前に由来していたようで(36+72=108)、1人1人がそれぞれ星の名前を冠していらっしゃったりします。  「天魁星 呼保義宋江」とか「天罡星 玉麒麟盧俊義」とか「天機星 智多星呉用」とか「天間星 入雲龍公孫勝」といった具合です。 

そしてね、「天罡三十六星」と「地煞七十二星」のランクは「天」の方が「地」より上なので「天罡三十六星」が上ということで、これがどうやら梁山泊のヒエラルキーにぴったり重なっているみたい。  序列に結構うるさい中国人らしいエピソードの作り方ですよね~(笑) でもね、おかげでちょっと納得できちゃったのは「北方水滸」では各章のサブタイトルが「天罡の星」とか「天孤の星」とか「地霊の星」な~んていう風についていて、初読の際には「なんじゃ、コレ?」状態だったんだけど、あれって恐らくは全108章で「天罡三十六星」と「地煞七十二星」の名前が全部羅列されていたんじゃないのかしら??  今回、再読する際にはそのあたりにもちょっと注意して読んでみたいものです。

ま、それはさておき、除夜の鐘です。  ちょっと調べてみた限りでは除夜の鐘というヤツは鎌倉時代に日本にもたらされたそうで、それをもってきたのは禅宗の御坊様なんだそうです。  で、中国でこの禅宗が栄えたエリア(何せ中国と言うのはめっぽう広いんです)というのはどうやらもともと道教が盛んだったエリアらしいんですよね。  で、その道教には上記のように「天罡(てんごう)三十六星」「地煞(ちさつ)七十二星」という考え方もあれば、9という数字を尊ぶらしいんだけど108を分解して足すと(つまり 1 + 0 + 8)、9になるとか、まあ色々なお話が転がっているようで、いずれにしろ「除夜の鐘文化」そのものが道教の影響をかなり受けていると考えられてもいるらしい・・・・・。  へぇ x 10 っていう感じです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1449

コメント(2)

 お久しぶりです。北方さんの水滸&楊令、私も読んでいます。去年の9月から水滸を読み始め、今、楊令の十二巻を読んでいます。北方水滸を読む前に岩波少年文庫の水滸を読んだのですが、確かにハチャメチャな話ですよね。宋江みたいな優柔不断でウジウジ悩んでばかりいる人が英雄豪傑108人のリーダーになっているのは何故か?中国文学史上最大の謎なのだそうです。北方水滸&楊令は面白いですね。エッチなシーンが多いのに抵抗を感じないでもないですが(笑)。春樹さんの性描写にはほとんど抵抗を感じないのに何故でしょうね。水滸の登場人物だと李逵と王進が良かったですね。王進は楊令になっても活躍していますが。教育者として。李逵は優しいですよね。宋江のお父さんに尽くしてあげるところなんか泣けました。戦場では絶対に敵に回したくない人ですが。必殺の戦斧で一刀両断されてお終いですよ(笑)。王進は同性として感想を言わせていただくと男が惚れる男という感じがします。中国のオリジナル水滸だと史進を立派な武将に育てたあたりからもう出てこなくなってしまいますが、北方水滸では梁山泊の有力武将や戦士を育てる大教育者ですよね。しかも人格者だし。宋江からも「王進先生」と数目置かれるわけだ…でもそんな王進を「王進さん」と呼び、王母様を「王進さんのおっかさん」と呼んでしまう李逵はキャラも最高ですね。トーマス・マンの「ブッデンブローク家の人びと」と並行して読むという無謀な読書をしておりますので、KiKi様より読了が遅くなってしまいましたが、来月あたりには全巻読了したいです!

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2013年7月13日 12:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「水滸伝 中 施耐庵」です。

次のブログ記事は「ひょっとしたら又引っ越し? じぃじ&ばぁば」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ