ロビンソン・クルーソー D.デフォー

| コメント(2) | トラックバック(0)

台風18号が襲来し、それこそ「経験したことがないような暴風」にLothlórien_山小舎がキシキシと泣き続けるなか、「元祖 サバイバル小説」とでも呼ぶべきこちらの物語を読了しました。

ロビンソン・クルーソー
著: D.デフォー 訳:海保眞夫  岩波少年文庫

51VDQRBBFTL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

航海に出たロビンソン・クルーソーは、嵐にあい、たったひとり絶海の孤島に打ちあげられてしまう。  わずかな食糧と道具をたよりに、どうしたら生きのびることができるだろうか―。  近代小説の原点ともなった冒険物語の古典。  (文庫本裏表紙より転載)

KiKi の子供時代、男の子の必読本といってもいいような物語だったのがこの「ロビンソン・クルーソー」や次に読む予定の本「宝島」、そして「十五少年漂流記」といったあたりの物語だったように思います。  対する女の子の必読本は「赤毛のアン」とか「若草物語」とか「ローラ物語」。  そういう意味ではこの「ロビンソン・クルーソー」、KiKi も小学生時代には「タイトルだけは知っている男の子のための冒険のお話」という認識をしていたように思います。

で、中学生になってから「いくら男の子の本とは言え、この超有名な物語を素通りしてもいいんだろうか?」なんぞという殊勝なこと(?)をチラッと考え、学校の図書館から借り出してきて少しだけ読んでみたものの「人肉食の蛮人」が登場するに至りギブアップ(苦笑)  で、それから大学生になるまで一切関わらずに過ごしてきました。

大学で一応「英文学部」なるものに所属するに至り、「英文学史」の授業にも出てきたこのエポック・メイキング的な物語を素通りしたまんまじゃいかんだろうなんぞという2度目の殊勝な想い(?)を抱き、今度は「とりあえず最後まで読了すること」を自分に課して初めて通読。  その頃はロビンソン・クルーソーのサバイバリストとしての物語というよりはどちらかというと「キリスト教宣教の本」という印象で読了しました。  そして今回の読書に至りました。

 

今回の読書では「サバイバリスト、ロビンソン・クルーソー」というよりは「生活者、ロビンソン・クルーソー」という印象を強く抱きました。  大学生時代に感じた「キリスト教宣教の本」という印象も相変わらず持ったし、その部分に関して言うならば以前よりも尚更強くその印象は心に残ったけれど、それでもそれ以上に強いのは「生活者、ロビンソン・クルーソー」という想いだったんですよね~。

南海の孤島(しかも無人島)に漂着したクルーソーはその難破した船に積まれていたわずかな道具を創意工夫で駆使して「居住空間」や「衣類・靴のようなもの」、「家具や保存容器(籠)」を作り出していきます。  その過程を見ていると「狩猟・採集」メインの食生活から少しずつ「耕作・繁殖」の食生活にレベル・アップしていく様子が細緻に描かれ、まるで「1人人類発展史」みたいで読み応えがありました。  同時に「人が人として生きるために本当に必要なものは何か?」についてあれこれ考えを巡らせることができる読書だったと思います。

ただ、やっぱり「白人目線の物語だよなぁ。」と感じさせられるところも多々ありました。  発想がやっぱり「大英帝国」的だし、人種的偏見みたいなもの(しかも悪意はさほど強くない)がそこかしこに香り立つし(特にフライディという名のカリブ人の従者を得るあたりから)、大航海時代から帝国主義時代に至るまでの発想(ただ単に漂着して仮住まいしただけなのに、その無人島の所有権を当たり前のように主張する)があっさりと出てくるのは時代・・・・のせいなのかもしれないし、人種・・・・なのかもしれないなぁと。

そして同時に思うのは何のかんの言いながらかなりご都合主義的な物語だよなぁということもあります。  水場を探すのにほとんど苦労らしい苦労はしていないし、森の中には野性のヤギが結構いたり、ウミガメが産卵するのに立ち寄る島であることが判明したり、熱帯性気候に位置する島なのに大した手入れもしないでコメが栽培できちゃったり、冬を乗り切るに十分な干しブドウができちゃうほどブドウが群生していたりととかく飲食に関する苦労が少ない(苦笑)  それだけ「食」に恵まれている島の割には無人島ってそんなのアリ??  しかも肉食系の猛獣も毒蛇系にもまったく遭遇しないんですよ。  さらにさらに、ご都合主義の極め付けはクルーソーがこの冒険に出かける前に経営していたブラジルの農園のお話です。  

長年(30年ちかく)、いくら管財人がいたと言えどもほったらかしにしておいた農園が繁盛していて、相変わらず所有権が担保されたままで、管財人も善人で、身1つで帰国した一文無しがいきなりお金持ちってなんじゃそりゃ?っていう感じです。  もっと言えばあの無人島で

「利用できるものだけが、わたしにとって価値のあるものだった。  私には十分な食べ物があり、そのほかの必要品もある。  さらにそれ以上のものが何の役に立つのか。」

な~んていう境地に至った人間が、文明社会に戻った瞬間に「金、カネ、かね」となってしまうのは、環境のせいというのもあるかもしれないけれど、「やっぱり最後はそこかい?・・・・・」と、何だかがっかりさせられてしまいました。


さて、たまたま・・・・ではあるんですけど、この日曜日、KiKi の数少ない、可能な限り欠かさず観ている「ザ!鉄腕! DASH」が3時間スペシャルで、放映時間にはオンタイムで全てを観ることができず(何せ8時からは大河ドラマ、9時からは「半沢直樹」を観なくちゃいけなかったのです)録画してありました。  それを昨日、台風の荒れ狂う中視聴していたんですけど、彼らのやっている「無人島開拓」って「現代版 ロビンソン・クルーソー」だよなぁとふと思いました。  もちろん彼らの場合は、必要に応じてプロの助けも得ているし、ロビンソン・クルーソーみたいに孤独なわけじゃないし、その島で本当に生活しているわけじゃなくて本来なら比較することもできないいわば「作りもの」ではあるんだけど、それでも彼らのサバイバリストぶりは、実に現代っ子的なクルーソーだよなと思うんですよね。

特に今回の放映で松岡君が海岸で自分の生年より古い鋳造年の100円硬貨を拾って、それを見た別のTOKIO のメンバー(山口君だったように思う)が

「今、この島で一番必要ないものだよね。」

と言っていたんだけど、ちょうどこの録画を観る直前に KiKi が読んでいたのは、P.72 辺りで、クルーソーが難破船の船室からあれこれ持ち出そうとしているところだったんですよ。  船室でたまたま見つけたロッカーの中にそこそこの金貨と銀貨を前にしたクルーソーは言うんです。

「ああ、つまらないものよ、おまえは何の役に立つというのか。  私にはまったく無用の存在だ。  身をかがめて拾い上げるほどの価値もありはしない。  ナイフ1本にも値しないぞ。」

ってね。  当たり前のことではあるけれど、「お金」というものは市場経済という枠組みがあって初めて価値を持つものであることを改めて実感しました。  物を売る店もなければそれを媒介するお金を使う場所さえないような所では、「お金」よりも針金1本、ナイフ1つ、針と糸が1セットある方がはるかに人が生きていくために役に立つんです。  現代社会(特に都市生活の中~)で生きていると、とかく忘れがちなそのことを改めて思い出す1つのきっかけにはなりました。  



さて、最後に・・・・  この本の宮崎駿さんの推薦文は以下のとおりです。


とてもおおしろい、ワクワクする本です。  でも・・・・・ぼくは大人になってから、この本のトゲに気が付きました。  主人公が銃を持っていなかったら、どうだったでしょう。  おそらく随分みじめなくらしになったと思うのです。  この本を読んだ白人たちはかならず銃を持って、他の国や島へいって宝物をとりあげたり、人を撃ち殺したりして世界中を荒らしまわりました。

ぼくは銃を持っていないし、持つ気もありません。  面白いけど、気になるところもある本です。


まさに・・・・・です。  そのあたりがいかにも「帝国主義推進者、英国人の物語」だと KiKi も強く感じずにはいられません。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1511

コメント(2)

 今日は。この前の台風は百年に一回の規模のものなのだそうで、皆さん大変な思いをされましたね。東北では震度5の地震がまたありましたし…KiKi様は、足の指を骨折されたのだそうで、どうかご自愛ください。
 ロビンソン・クルーソー、小学生時代、少年少女向け世界文学全集で読んでいます。ガリバー旅行記や宝島や十五少年漂流記や八十日間世界一周と並ぶ文学少年の必読定番作品でしたね。ウェルズのタイムマシンや王子と乞食も外せません。確かに白人が異民族を見る目は上から目線ぽいところがありますよね、ロビンソンは。英国をはじめとする欧米列強は、アジアやアフリカで相当悪辣な植民地支配をしていましたから当時の価値観ではああいう書き方が普通のことだったのかもしれません。でも19世紀の文豪にはディケンズやゾラみたいに自国(英・仏)が酷い植民地支配をしていることに憤っている人もいたようです。これらの作品を私は大学を出てから大人向けの新潮文庫や岩波文庫の大人向けの翻訳で読みましたが、名作は何歳になって読んでも新しい発見がありますね。タイムマシンは3種類の翻訳を読んで、2回映画化されたのをどちらも観ています。宝島に至ってはアニメと漫画本と少年少女向けの翻訳を小学生時代に鑑賞し、大学を出てから岩波文庫でまた読みました。ジョン・シルバー、凄く悪い奴なんだけど憎めません(笑)。
 余談ですが、井波律子著岩波新書「中国の五大小説」を昨日読了しました。五大小説は言わずと知れた三国志演義・西遊記・水滸伝・金瓶梅・紅楼夢です。最初の3作はどういう作品か知っているのですが、金瓶梅と紅楼夢のことはほとんど知らなかったので井波先生の著書は大変勉強になりました。金瓶梅は相当猥雑な作品で、それに対して紅楼夢は源氏物語のような、唯美的で華麗な大長編のようですね。

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2013年9月17日 09:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「台風一過」です。

次のブログ記事は「今日はダーリンのステント手術2回目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ