メンデルスゾーン ロンドカプリチオーソ Op.14

| コメント(4) | トラックバック(0)

今日は久々にクラシック音楽関連のエントリーです。  本日の KiKi のBGM はこちらです。

メンデルスゾーン ロンドカプリチオーソ Op.14
EMI ASIN: B00005GIPO  H.ロロフ(pf)

41JG83BS62L._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

本来なら「ベートーヴェン・ピアノソナタ特集企画」を遂行中ということで次のソナタ第10番へ行くべきところなんですけど、今日はちょっと寄り道してメンデルスゾーンです。  実はこの曲、今、KiKi がモーツァルトのピアノソナタと並んで練習中なんですよね~。  ま、そんなこともあって久々にこの曲をちゃんと聴いておこうかな?と思っちゃったっていうわけです。

練習中って書いたけど、実はこの曲、KiKi が高校生の頃沼津の実家で最後にレッスンした曲で、そういう意味では練習中というよりは復習中っていう感じなんです。  でね、何でこの曲を今復習しているかって言うと、「KiKi が実家で最後に練習して仕上げた曲 ≒ ばぁばも散々聴かされた曲」なわけです。  今となっては KiKi が自分の娘であることもすっかり忘れちゃっているばぁばだけど、ひょっとしたらこの曲をばぁばの前で弾いて聴かせてみたらばぁばの記憶の奥底に眠っている何かを呼び覚ますきっかけになったりすることもあるんじゃないのかなぁ・・・・・な~んていう夢のような儚い望みを抱いちゃったんですよね~。

ところがいざ練習してみるとこれが情けないほど酷い・・・・。  頭の中にほとんどのパートの音型やらリズムやらがちゃんと記憶として残っているのに、指がついていかなくてミスタッチの連荘なんです。  何度か弾いているうちに何かが戻ってくるんじゃないかと期待したんだけど、さすがに35年ぐらいの歳月は KiKi からあれやこれやを奪い去るには十分だったみたい・・・・・。  でもさすがにあの頃うまく弾けないパートを何度も何度も練習したところなんかは片手だけなら結構ちゃんと弾けるあたり、やっぱり若い頃の毎日の鍛錬というヤツは凄いもんだと妙なところで感動したりして・・・・・ ^^;

  

この曲、巷の下馬評的には「曲には深みがあまりないけど、弾けるとかっこいい多くの人があこがれる曲」というようなことを言われがちなんだけど、子供時代には深みな~んていうわけのわかんないことよりはカッコいいことの方が大事だったりもするんですよね~。  もっとも KiKi の場合、実はこの曲には子供時代さほど興味がなかったんです。  でも、KiKi が沼津で師事していたピアノの先生の開催する発表会ではなるほど人気曲で毎年誰かしらが弾いていました。

で、大学受験の真っ只中の高校3年生の時、気分転換のためにピアノを習い続けていた KiKi に「最後になるだろう課題曲」ということで先生が選んだのがこの曲でした。  理由も至極簡単、「KiKi さん、あなたまだこの曲は弾いたことがなかったわよね?」ってな感じで・・・・・。  どうやら先生としてはその年の11月に開催する予定だった発表会にあわよくばこの曲で KiKi を出演させようと目論んでいたみたい・・・・・(苦笑)。  でも、KiKi にしてみれば一応受験生なわけで、ピアノの発表会どころじゃなかったし、発表会で演奏するレベルまでに仕上げられる自信もなかったので、ず~っと発表会への出場は固辞していました。

結果的には発表会に間に合うタイミングでそこそこのレベルまでは仕上がって、そのリハーサルということで先生宅で行われたほぼ同じレベルのお弟子さんの最後の内輪演奏会にのみこの曲を引っ提げて参加させていただいた KiKi だったけど発表会そのものは当初の予定通り欠席させていただきました。  ま、てなわけで、ある時期、しかも KiKi が実家で暮らした最後の何ヶ月かの間、ばぁばは散々この曲を聴かされ続けていたのです。  しかも、ばぁばにとってはかなり「お気に入り」の曲でした。  

ま、そんなこんなで今、この曲の復習に励んでいる KiKi なわけですが、あの時と同じレベルまで戻るのにあとどのぐらいかかるのかなぁ・・・・・。

さて、今回、ちょっとググってみたら、KiKi のお気に入りのピアニストの1人、J.カッチェンのこの曲の演奏を見つけちゃいました。  カッチェンとメンデルスゾーン??と思わないでもなかったんだけど、そこはお気に入りのピアニストですから見つけてしまった以上聴かないテはありません。



な、な、なんじゃこりゃ!!  bikuri.gif

このテンポ、ありえないでしょう!!  特にラストのオクターブ連打!!   


参考までにということでこの演奏も聴いてみたけれど、何だかドヨヨ~ンと落ち込んじゃった気分です。  そこへ行くと今日とりあげたロロフの演奏はずっと許容範囲(← 普通っていう意味)です。  カッチェンの演奏は聴かなかったことにして、ロロフの演奏を目指して(← これだってなかなか大変なんです)頑張ります!(笑)     

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1522

コメント(4)

Kiki様:
> ひょっとしたらこの曲をばぁばの前で弾いて聴かせてみたら
> ばぁばの記憶の奥底に眠っている何かを呼び覚ますきっかけに
> なったりすることもあるんじゃないのかなぁ・・・・・
こういう話って、何となくこれまでにも複数回聞いたことが
ありますね。
でも、私の感覚だと、そういうのはもっとシンプルな、何かの
拍子に鼻歌にでも出てきそうな曲の場合じゃないかと
思うのですが、
> ばぁばにとってはかなり「お気に入り」の曲でした。
ということは、御母上様、それだけ音楽耳のレベルが高いと
いうことなんでしょうね。
ちなみに私の好きなのは(“曲には深みがあまりないけど、
弾けるとかっこいい”曲でしょう?)ウェーバーの「華麗なる
ロンド」です(もちろん聴くだけ。弾くなんてもってのほか)。
Katz of Kuzuha 拝

こんにちは。
我が家の長女も中3の発表会でこの曲弾きました。派手で盛り上がりますよね。
「今はもう弾けない」そうです。
4年しか経ってないんですが。
受験勉強のためピアノ自体ほとんど触らなくなってますから仕方ないですね。

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2013年9月28日 10:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クローディアの秘密 E.L.カニグズバーグ」です。

次のブログ記事は「まぼろしの白馬 E.グージ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ