ダーリンの手術の顛末

| コメント(3) | トラックバック(0)

このエントリーでもお話した通り、昨日はダーリンの2回目のステント手術でした。  で、その手術を前にしてどことなく緊張感のなかったダーリン & KiKi だったんですけど、執刀医の先生の懸念通り、残念ながら昨日の手術は決して「何事も起こらない手技」というわけにはいきませんでした。

手術は1時15分からということが決まっていたので、KiKi がダーリンの病室に到着したのが12時45分頃。  その時まではダーリンも全く普段通りで、

「今回も昼飯抜きだから腹がへった。  昨日頼んでおいたどらやきは持ってきてくれた??」

なんぞというこれまた緊張感には大幅に欠ける発言をしておりました。  で、カテーテル室に入るまでは元気そのもの。  ま、てなわけで KiKi はカテーテル室までの見送りが終わるとダーリンの病室に戻り、読書なんぞに勤しんでおりました。  今回は1時間ぐらいで終わるだろうと事前に言われていたのでかなりノンビリ構えていたら2時前にいきなり2人の看護婦さんが病室に入ってきて、ダーリンのベッドの脇の壁に装着されている酸素吸入なんかをするときの道具について何やら話し始めました。

それでも KiKi は「まあ別室の患者さんのための打ち合わせをたまたま今留守のダーリンのベッドスペースで確認でもしたんだろう・・・・」と呑気に構えていたら、先ほどの看護婦さんの1人が何やら酸素吸入する際のグッズを手に戻ってきました。  そして

「今、カテ室で酸素を使っているという連絡があったので、一応念のためこちらにも準備だけしておきますね。」

なんぞと言いながら、ガチャガチャと器具の装着を始めました。

「え?  酸素??  何で???」

とにかくこれまでそんな事態になったことはないわけで、さらに言えばほんの1か月弱前に同じ手技を同じ病院でしたのにそんなことはなかったのにこの騒ぎは一体何???  半分、パニックになりかかっている KiKi なんですけど、看護婦さんをはじめ病院の皆さんはそれ以上何の情報ももたらしてくれるじゃなし、しかも最初に2人の看護婦さんがこの病室を訪れた際に

「もうすぐ帰っていらっしゃいますから・・・・・」

と言っていたのに、それからもう15分もたっているのに、酸素が装着されたらしいダーリンは帰ってきません。  その後も何人かの看護婦さんが病室に来ては「もうすぐ帰っていらっしゃいます。」という発言を繰り返すんですけど、その実、全然姿を見せる気配もありません。

      

それからさらに暫くしてようやくストレッチャーの音が遠くから聞こえてきたので慌てて病室から廊下に出てみると、前回とはうって変わって何気に顔色の悪い、そしてもっと不吉なことに妙に無口なダーリンのご帰還でした。  鼻には何やらチューブがついています。

「大丈夫??  何があったの??」

と聞こうとしたその瞬間、ダーリンを運んできた看護婦さんが

「すみません。  今からちょっと心電図とかちょっとした検査がいくつかあるので、暫く談話室でお待ちいただけますか?」

と仰り、KiKi はダーリンの病室からおん出されてしまいました。  何でもいいから、誰か、何がどうしてどうなっているのか説明してくれ!とは思うものの、まあ皆さん忙しく何かをなさっていらっしゃるわけで、それを邪魔をしていいものやらどうかもわかりません。  ここは素直に従うしかありません。

何気に落ち着かない気分で談話室で待つことさらに15分。  ようやく先ほど KiKi を病室から追い出した看護婦さんが談話室まで迎えに来てくださり、よくわからないながらも KiKi に説明してくださったところによれば、どうやら今回の手技ではこれまでは何の問題もなかったヨードの造影剤にダーリンはアレルギー反応を起こしてしまったらしい・・・・。  で、一度は血圧も下がり、心拍数もちょっと下がり、おまけに皮膚に赤いポツポツが出ちゃったりもして、手技後にそのアレルギー対応で時間がかかったとのこと。

病室に戻ってから再度行った心電図他の検査の結果は良好で、アレルギーを抑える薬も投与されたのでそんなに心配することはないけれど、一応念のためにもう暫くは酸素もつけたままにするし、ベッド上で安静にすること。  もしも本人が何かを訴えたらそれがどんなに小さなことでもすぐに看護婦さんを呼ぶこと etc. etc. を言い含められました。

で、病室に戻ってみると、相変わらず無口な図体だけはデカいダーリンがベッドで大人しくしています。  前回はストレッチャーからベッドに移されるや否や「腹減った」とのたまわった同じ人がカテ室に入る前まではあんなにどら焼きに執着していたのに、どこかぼんやりしたままです。

「大丈夫??」

と聞いてみると

「うん。  すごく具合が悪いというわけじゃないけど、何となく不快感がまとわりついているというか、だるいというか・・・・・。  腹は減ってるはずなんだけど、今は何も食いたくない気分。  手術が終わった直後は足の感覚もなかったんだけど、それは今少しずつ戻ってきているような感じ。」

と言います。  そう言われてダーリンの足を触ってみると、普段は KiKi の手よりも熱を持っているダーリンの足が何だかとてもヒンヤリしています。  少しさすってみたけれどそんなものではなかなか回復しそうもないことも少しずつわかってきました。  

それから約1時間、さもない会話を交わしつつ、足をさすったり手をさすったりしていると、いきなり

「何だか食いたい気分になってきた。  あちこち痒かったのも治まってきたし、だるさも随分なくなったみたい。  どらやきは??」

とのこと。  こんなことがあった直後に何か食べてもいいのかどうか、先生か看護婦さんに聞いた方がいいんじゃないの?と言ってみたものの、前回大丈夫だったんだから聞く必要はないと譲りません。  ま、そこまで元気になったのなら大丈夫だろう・・・・・ということで、どら焼きではなく、一緒に持ってきた「ホームベーカリー 焼き立てパン」を見せると、ニッコリ笑ってそれを手に取り、ガツガツと食べ始めました。

ま、結局その後は順調に回復し、結果的に当初の予定通り、今日の午前中には退院と相成りました。  それにしても今回の入院では実に冷や冷やさせられました。  でもまあ本人曰く、昨日 KiKi が帰宅した後も具合は悪くならなかったし、その日の夕食も今朝の朝食も完食のうえ、昨日 KiKi が持っていってダーリンの希望もあって置いて行った「パン」も「どら焼き」も全部ペロリと食べちゃったそうなので、一時的なアレルギー発作ということだったみたいです。  執刀医の先生からのお話も日常生活で特に注意しなければならないことはなく、ただ、次回同じ手技(検査も含め)をする際にはこのアレルギーをちゃんと申告すること・・・・とのことでした。  ま、何はともあれ、「終わりよければ全てよし」ということでしょうか??         

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1513

コメント(3)

貴ダーリンのステント手術、うまくいってよかった
ですね。 こういうことはこちらから「どうでした?」と
訊ねるのもナンですし、貴ブログへのアップを見守るしか
ありませんでした。
それにしても貴ダーリンは回復するなり食欲を満たされるし
(こういうのを『お公卿さんの落とし子』といいます(落とし子
とは私生児のこと))。ココロは『食らい抜け』(底抜けに
食べる)を『位抜け』、すなわち爵位が相続されないと
いうこととかけている。
一方Kiki様も旦那様がOKとなったとたんに早速
日本バサミの講釈に熱が入るし、まあなんと陽性(悪く
言えばノーテンキ)なご夫婦だなあ、と呆れています。
以上、目下脱帽中の
Katz of Kuzuha でした。

はじめまして、こんにちは。
検索してたら偶然このブログを見つけ
気になったので書き込みしてしまいました。
私も昨年、入院しました。
ステントの手前だったので
この言葉を聞くと怖さを感じます。
まだわかりませんが・・・
それはそうと私は今年モリアを脱出し、
ロスロリアンに移動します。
kikiさんは右のカテゴリを見ると
かなり詳しい方のようなので教えてください。
物語が現実になることってあると思いますか?
すみません変な書き込みして。

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2013年9月19日 14:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日はダーリンのステント手術2回目」です。

次のブログ記事は「今月の趣味のお買い物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ