ネギをうえた人 朝鮮民話選 金素雲

| コメント(0) | トラックバック(0)

近くて遠い国、朝鮮の民話なんて初めて読んだような気がします。  本日の KiKi の読了本はこちらです。

ネギをうえた人 朝鮮民話選
編:金素雲  岩波少年文庫

51VNEYpC4zL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

人間はどうしてネギを食べるようになったのか?  ネコとイヌがけんかするのはなぜ?  おばあさんは悪いトラをどうやって追いはらったか ― 動物と人間がくりひろげるのどかな世界が語られる朝鮮の民話33編。  (文庫本裏表紙より転載)

今では BS チャンネルの番組表を眺めてみると、「はて、ここは日本か、韓国か??」と訝しく思っちゃうぐらい、韓流ドラマが横行している我が日本国。  これだけ四六時中韓流ドラマにさらされている割には、彼の国の文化に関しては実はさほどちゃんと認識されていないように感じるのは KiKi だけかしら??  ま、そんなことを言う KiKi 自身にしたって近くて遠い国韓国について、ましてや拉致問題でかなりお馴染みになった北朝鮮に至ってはほとんど何も知らないと言っても過言ではない人生を送ってきています。

この本のあとがきの編者の言葉にある


デンマークに生まれたアンデルセンの物語ならたいてい知っているあなたたちに、今度はこの近い隣の国の昔がたりも読んでもらいたいと思います。


はまさに KiKi 向けに語りかけられた言葉のように感じます。  でも実はこの本は1953年にはちゃんと日本に紹介されていたんですねぇ・・・・。  きっと子供時代の KiKi は岩波少年文庫のラインナップを眺めていても「朝鮮民話選」と見た瞬間に切り捨てていたんだと思います ^^;  朝鮮と言う国を蔑視まではしていなかったけれど、やっぱり心の中のどこかに西洋文化への憧れを強く抱いていた子供でしたから、心の中のどこにも「お隣の国」という意識さえ持っていなかったような気がするんですよね~。


さて、今回初めてこの本を、ひいては朝鮮の民話というものに触れてみたわけですが、これがなかなか面白い。  少しは知っている中国の民話にもどことなく似ているような似ていないような、我が日本国の民話にも似ているようなところもあるけどどこか違う・・・・。  もっと言えば「こんな話、グリムにもあったよなぁ」な~んていうことを感じることもあったんだけど、何故か途中から「え?  そっちへ行っちゃうの??」と予想を裏切ってくれたりして、知っているパターンを外されて意表を突かれることが多かったように感じます。

ヨーロッパの民話では多くの場合「オオカミ」が演じる悪役を朝鮮民話では「トラ」が演じています。  KiKi の記憶が正しければ確か韓国の建国神話の中に虎と熊が出てきて、熊の方は神様(?)の言いつけを守って人間に生まれ変わることができたけれど、虎の方は逃げちゃったというような話があったように思うので、やっぱり彼の地では「トラ」という生き物は悪役商会のトップスターの位置に君臨しているのかもしれません。

この本に収録されているお話は全部で33編あるんだけど、その構成は?とちょっと俯瞰してみるとどこか雑然としている印象を受けます。  何て言ったらいいんだろう、「神話」と「民話」が入り混じっているような雰囲気があるんですよね~。  日本で言うなら「古事記」に分類されるような話もあれば、「おとぎ草子」に分類されるような話もあるっていう感じなんですよ。  

そうそう、それから結構意外だったのはどこにもキムチが出て来なかったこと!(笑)  キムチって比較的新しい食材なんですかねぇ・・・・・。  そう思って調べてみたらキムチの文献初出は13世紀初頭ぐらいなんだそうです。  まあ文献に出てきた時に初めて食べ物として作られたとは限らないわけだけど、民話として定着するにはちょっと若すぎるとは言えるかもしれません。

表題作の冒頭は結構意表をついています。  

人間が、まだ、ネギを食べなかった頃の話です。  その頃は、よく人間が、人間を食べました。  それは、お互いが、牛に見えるからでした。

出た~!  人肉食!!  しかもその理由は人間同士、お互いが牛に見えちゃうとは!!  どこをどうつつけばこういう発想が生まれてくるのか、目がテンになっちゃったとしか言いようがありません。  でも、中国では「西遊記」にも「水滸伝」にも人肉食の話は当たり前みたいに出てくるし、大陸では当たり前の風習(と呼んでいいのかどうかもわからないけれど)だったのか、それとも KiKi が知らないだけで我が日本国も古の時代には人肉食が当たり前のように行われていたのか、知りたいような、知りたくないような・・・・・・ ^^;

食糧難の中である意味緊急避難的に行われた人肉食だったらまだ少しは理解できそうな気がしないでもないけれど、そうじゃなかったら KiKi にはその現実(?)を直視できる自信はないなぁ・・・・。  そんな風に感じるのは KiKi が無類の「ネギ好き」だから(← この物語の中では人間がネギを食べるようになってから人肉食はなくなったことになっている)・・・・・なのかしら??


さて、最後に・・・・  この本の宮崎駿さんの推薦文は以下のとおりです。 


となりの国、韓国の民話をあつめた本です。  34(タイプミスではありません。  宮崎さんが紹介しているこの本は1953年刊行の古い版で、どうやらそちらにはもう1編掲載されていたらしい・・・・)のお話の中でも、本の題になっている、ネギをうえた人のお話は忘れることができません。  あなたはネギを好きですか?  ぼくは大好きです。


はい、大好きです、ネギ。  だから「人肉食」と聞いただけでぞっとしてしまうのかもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1518

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2013年9月24日 09:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「森は生きている S.マルシャーク」です。

次のブログ記事は「Happy Birthday Norn!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ