考えさせられます・・・・。

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日、定期巡回先の「介護ブログ」にお邪魔してみたら、この記事に関する憤りのエントリーを拝見しました。


朝日新聞デジタル (認知症とわたしたち)家族の責任、どこまで 徘徊中、線路に...遺族に賠償命令


このデジタル新聞が閲覧できない方のためにこの記事の概略をまとめると以下のような感じです。


2007年12月、愛知県に住む当時91歳の男性が、JR東海道線の共和駅で、列車にはねられて死亡した。  この男性は要介護4の認知症を患う方。  身の回りの世話は、同居する当時85歳の妻(要介護1)と、介護のために横浜市から近所に移り住んだ長男の妻(長男は仕事のため別居中)が担っていた。

この男性には過去に2度ほど徘徊した実績(?)があった。

事故当日、ディ・サービスから帰宅した男性と男性の妻・長男の妻は3人でお茶を飲んだ。  その後、長男の妻が玄関先を片付けに行き、男性の妻がまどろんだわずかな間に男性は外出。  その外出中の事故だった。

JR東海は、男性の妻と、横浜市で暮らす長男を含めたきょうだい4人に対し、振り替え輸送の費用など損害約720万円の支払いを求め、名古屋地裁に提訴した。

判決: 死亡した男性には「責任能力がなかった」とし、遺族のうち男性の妻(要介護1の85歳)と長男(事実上の介護監督者)の2人には「事故を防止する義務があった」として賠償責任を認めた。  男性の次男・次女・三女は遠くに住むなどの事情で、家族会議に参加しないなど、介護に深く関与していなかったから責任を認めなかった。

遺族代理人の畑井研吾弁護士は「介護の実態を無視した判決だ。  認知症の人は閉じ込めるか、施設に入れるしかなくなる」と批判。  長男らは名古屋高裁に控訴した。


これ、本当に考えさせられます。  ばぁばの言動を間近に見てきた KiKi には認知症患者が他者に何らかの損害・危害を悪意なく負わせるリスクはとても高いことがよ~くわかります。  そういう意味では介護家族の責任は重大です。  でも、だからといって徘徊癖のある認知症患者を外に出さないようにするためには、記事中にある弁護士の発言にもあるように、閉じ込め(厳重施錠; 普通の鍵かけレベルでは追いつきません!)、抑制(行動を制限されたことにより家中で暴れまわることさえありうるので、下手をすれば動き回らないように何かに縛り付けることだって想定せずにはおけません)、つまり施錠・監禁するか、認知症病棟への入院しか打つ手がなくなってしまいます。

24時間、365日、一時も目を離さずに監視するな~んていうのは実際問題としては不可能なんですよ。  例えばちょっとトイレに行ったその間・・・・とか、ちょっと台所で仕事をしていたその間・・・・・とか、そんなちょっとした隙間時間に思ってもいなかったようなことをやらかしちゃうのが認知症患者でもあるんです。

記事によれば判決では「ヘルパーを雇うなどの在宅介護を続けるうえでの方策もとっていなかった」とあったのですが、認知症の患者の中には自宅にヘルパー(≒ 他人)が入り込むことを極端に厭う症状を表す人もいます。  我が家のばぁばはまさにそんな人で、同居介護期間中に KiKi たちがどうしてもLothlórien_山小舎に数日帰らなければならないことがあった時、やむを得ず「自費ヘルパー(≒ 介護保険の適用外で全額自己負担)」を雇ったのですが、逆にヘルパーさんが家へ来るとそのことに憤り家出をしたな~んていうことが2回ほどありました。

仕組みがあるのにそれを利用しないのは怠慢みたいな論調という印象があるんだけど、仕組みがあってもそれを利用できないケースも実際にはあるのが認知症介護の現場です。  KiKi も要介護4の母と要支援1の父を抱えた介護生活の間、ケアマネさんに勧められた「ディ・サービス」、「ショート・ステイ」、「訪問リハビリ」、「訪問ヘルパー」とあれこれを試してみようと試みたけれど、結局じぃじ & ばぁばの拒否にあい、結果的にどれも利用することができませんでした。

本人が慣れるまで我慢すべきだという意見もあるだろうけれど、本人の拒否を無視した無理強いは結局、「暴言・暴行」の原因となることも多いし、我がばぁばの場合はそれが「家出」にもつながっていました。  「家出 → 徘徊」という負のスパイラルを考えると、「嫌がることは無理強いできない」という結論もありうるわけですよ。  

それにね、もっと言うならケアマネさんという介護現場の最前線にいらっしゃる方の立場であってさえも「試してみたけどこれはダメでしたね。  もっと別のことを考えてみますね。  じゃあ、今日はこれで失礼します。」で終わっちゃう部分もあるんです。  でも介護家族はそれで「やれやれ。」じゃないし、ましてや「じゃあ、今日はこれで・・・・・」とはいきません。  うまくいかなかったことはさっさと忘れて、被介護者(しかもそういうサービス失敗直後だと感情的にも半端じゃなく不安定)を抱えて日常生活を何とか継続させる孤軍奮闘が続くのです。


もちろん社会に与えた危害の責任というヤツはどんな事情があろうとも、そう簡単には免れないということも頭ではわかるんですよ。  でもね、この記事を読んでいてもう1つ不可解だったのは、百歩譲って家族に何等かの責任が問われるにしろ、その賠償責任を認められたのが本人自身も要介護1の事故男性の奥さんとその長男のみというところです。  この男性にはどうやら子供が4人いるらしいのですが、長男とその嫁を除くと親の介護に参加していなかったから自動的に監督責任は発生しないって、介護家族の経験がある人にしてみれば「何だ、そりゃ?」っていう感想を抱かざるをえないのではないかしら??  理屈としてはわからないでもないけれど、絶対に感情はついていかないと思うんですよね~。

別に「介護に手を貸さなかった他の兄弟は何なんだ?」というようなことが言いたいわけではありません。  家族の中で誰が介護を担当するのかはそれぞれ個別の事情があるわけだし、第三者が訳知り顔にとやかく言うようなことではありません。  でもね、「介護をしていない」≒「監督するチャンスも責務もない」は論理的かもしれないけれど、やっぱりどこか腑に落ちない・・・・・。  

介護家族の大変さというヤツは、とても残念なことではあるけれど「やったことのある人にしかわからない」厳しさがあるのが実態だと思います。  本や新聞やTV等々で見聞きしたことで理解しているつもりの人であってさえも、いえ逆にわかっているつもりでも実践経験のない人ほど、勘違いしやすい落とし穴もあるのが介護生活です。  例えばね、認知症介護の本を読めば必ず「徘徊」について書かれている章があります。  だから、そういう事態が発生することはちょっと本を読めば誰にでもわかります。  でも実際にその事態に直面した時、介護家族がどんなことを考えたり感じたりするのかはなかなか想像できないものではないのかしら?

徘徊は恙ない日常生活を送っている中で単発で起こる事件ではありません。  その直前までともすれば足元から崩れていきそうな危うい日常生活を必死で食い止めている時間の連続の中で発生します。  徘徊がなくても介護家族は疲労困憊していたりするんです。  ただでさえ、「昨夜はほとんど眠れなかった」とか「ついさっきまで何時間もかけて失せ物を探し回っていた」というような時間の延長線上で起こるのです。

KiKi はばぁばの初家出の時、あちこち探しまわって汗だくになって、気持ちは焦るのにどうしても見つけることができない間、ほんの一瞬だけど考えたことがありました。


「ああ、苦労してリハビリなんて通わせるんじゃなかった。  あのまま歩けなくなっていたらこんなこともなかっただろうに・・・・・。」

「ああ、もう嫌!  そんなに家出したいならこのままずっと帰ってくるな!!」

「このうえ、余所様にご迷惑でもおかけしていたらどうしよう。  ああ、なんで私がこんな想いをしなくちゃいけないの?」


ってね。  もちろんそれは一時の感情だし、トータルでは「あのまま寝たきりにならなくて良かった・・・・」と思っていたし、どんな状態のばぁばであってもやっぱり帰ってきてほしかったわけだけど、それでもやっぱりこんなこと(↑)を考えちゃったんですよ。  認知症患者の徘徊を経験した介護家族であれば誰もが心の中のどこかで同じようなことを考えたことがあると思います。  本人の安否が気にならないわけじゃないけれど、それ以上に「何事もしでかしていませんように!」という想いの方が強かったり、「ああ、もう勘弁してくれ!」っていうウンザリ感の方が強かったりもするんです。  場合によっては「まったくもう、人の気持ちも知らないで!!」っていう苛立ちさえ湧いてくるんですよ。

そんな想いを抱えながらも何とか日常を、しかも「まさか? が連続する日常」をやっとの思いで支える毎日(しかも期限はない)を送っている者に対して、この判決はちょっとなぁ・・・・・と思わずにはいられません。  


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1526

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2013年9月30日 15:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ばぁばと私」です。

次のブログ記事は「2013年9月の読書 読書メーター」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ