え? そうだったの??  介護保険 その7

| コメント(0) | トラックバック(0)

失敗に終わったデイ・サービス以外のところのデイ利用を検討したものの、軒並みアウトになるという事態に直面した KiKi。  我が実家のあるエリアでは道を走ればそこかしこに「デイ・ケア・センター」なる建物を見かけ、すれ違う車も1割ぐらいは「在宅介護」とか「デイ・ケア・センター」というような介護系の言葉が書かれたステッカーが貼られているのに、これはいったいどういう現象なんだろう??  ダーリンの「お義母さんの要介護度と認知症の話をしたら、向こうは明らかに嫌そうな顔になった」という言葉も気になり、少し自分なりに情報を集めてみようと思い立ちました。

KiKi の実家のあるエリアはちょうど KiKi が小学生になるぐらいの頃に県が開発した大々的な新興住宅地でした。  つまり老年人口が年々増していっているエリアで、本当の意味で「老々介護」をしていらっしゃるお宅もかなり散見されました。  例えばお隣のお宅だって KiKi と同い年のお嬢さんと妹さん、そしてご両親という家族構成だった家なので、今ではご両親(うちのじぃじ & ばぁばと比べると年齢は7歳ほど若いけど)がお2人だけで暮らしていらっしゃいます。

聞けばお隣の御夫婦もそれぞれ「要介護1」「要介護2」の御夫婦なんだそうです。  でも、少なくとも認知症は発症されていらっしゃらないし、KiKi の目には「普通のお年寄り」に見えるご夫婦です。  「要介護1」の奥様は庭仕事が趣味で、毎日庭仕事に精を出していらっしゃるし、お買い物だってお天気さえよければほぼ毎日自転車でスイっと出かけていきます。  でもお隣はご夫婦揃って「要介護認定」を受けていらっしゃるので、お昼は毎日介護保険の「給食サービス」を利用され、週に2回は「お風呂掃除ヘルパー」に入っていただき、さらには奥様が通院される曜日にはご主人は「デイ・サービス」に行かれていました。

実家の2階の窓からご主人がデイ・サービスのお迎えの車に乗られる姿を何度も見ているのですが、ご主人は自力歩行、杖なし、誰の見送りもない中お1人でお迎えの大型バスに乗り込まれます。  お迎えの方に「お世話になります。」と声をかけ、お辞儀をなさり、バスの乗り口の段差もゆっくりではあるものの自力で登って行かれます。  そして夕方の帰宅の際もやはり同じく自力でバスの段差を降り、見守りのスタッフさんに「お世話になりました。」と頭を下げ、さらにはその車が見えなくなるまでお見送りまでしちゃうというホントに普通のおじいちゃんです。

そしてこのご夫婦から得た情報(個人的な感覚に基づく情報だから信憑性は微妙)によれば、少なくともこのご主人が通われていらっしゃるデイ・ケアセンターには我が家のばぁばのように自力でフラフラと動きまくるタイプの方やちょっと見れば認知症とわかるようなお年寄りはいらっしゃらないとのこと。  車いす等で自力では動けないような方はかなり見受けられるとのことでした。  そしてお隣の奥さまのご紹介で3ブロック先の同じく「老々介護」をなさっているお宅の御主人をご紹介いただきました。  そして、この方のお話に KiKi は慄然としてしまいました。

      

こちらの御夫婦と KiKi はまったく面識がなかったのですが、ご主人は「要介護1」、奥様は「要介護3」でばぁばと同じように認知症を患っていらっしゃるとのことでした。  ご主人はご自分のことであってさえも何をするにも困難が伴ううえに奥様は認知症で何もできない(というよりご主人にしてみれば迷惑至極なことしかしなくなってしまった)ため、生活が成り立たないと考え奥様をデイ・サービスに通わせることにしたのだそうです。  ところが、今でこそようやくとあるデイ・サービスに預かってもらえるようになったものの、何度も、そして何か所も一度は預かってもらったものの「うちでは面倒見切れません。」「おうちで引き取ってください。」と言われ続けたのだとか・・・・・・。

最初のうちは「他をあたればいいさ」と思っていたものの、あまりにもそれが何度も続き、その時期にはじぃじじゃないけれど「共倒れするしかないか・・・・」と諦める寸前まで追い詰められたのだそうです。  ただ、こちらのお宅の場合は「おうちで引き取る」と言っても引き取る介護者自身が「要介護1」のご老人です。  ケアマネさんがかなりご苦労なさって、今では隣町の「老健」に付属している「デイ・ケア・センター」に通えるようになったのだとか・・・・・。  そこは正直なところご主人もご本人も気に入らない所なんだそうだけど、今は「そこしかないからしょうがない・・・・」ということで預かっていただいているのだそうです。  でも毎日のお見送りがそれこそ大騒動で、奥様の激しい拒絶に手を焼き、お見送りが終わるとご主人はどっと疲れて2時間ぐらい眠るのだそうです。  そして、このご主人が仰るには

「私のように要介護1の介護者しかいない家であってさえも、要介護3の認知症患者の預かりを拒否されちゃうんだから、お宅のように若い方が介護者でいらっしゃる場合は預かってもらえるところがあれば、それこそラッキーと言うものですよ。」

とのこと。  そしてこの方はご自分がこれまでに出会われたあそこのご家庭、こちらのご家庭という多くの情報をお持ちだったのですが、結論からすれば「若い世代の介護者がいる認知症患者を抱える家でデイ・ケアが利用できているケースは皆無に等しい。」というのがこの方の実感だと言うのです。

そこで今度は「地域統括福祉センター」と「役場の福祉課」に赴き、相談してみることにしました。  たまたまじぃじの「介護保険申請」を出すことになっていたので、そのついで・・・・というのもありました。  ところが案の定「役場の福祉課」は全く頼りになりませんでした。  町内にある福祉施設のリストの印刷物を渡され、

「この中から担当のケアマネと相談して探してください」

でおしまい・・・・。  しかもこのリスト、それこそ担当のケアマネさんから事前にいただいていたリストとほとんど変わりません。  

「このリストに載っているところは軒並みダメだったからご相談にきているんですけど・・・・・。」

と言ってもばぁばの介護認定手続きの時と同じように相変わらず面倒くさそうな顔をされただけで、けんもほろろです。  「地域統括福祉センター」の職員さんは「役場福祉課」の職員さんに比べればかなりマシな対応をしてくださったけど、結論は・・・・と言えば要するに

「ケアマネと相談して、待機していただくしかありません」

ということでした。  ついでに将来的なことを検討するため、町内にある「特養」、「グループ・ホーム」、「老健」の情報も頂いたのですが、どこもかしこも「待機」「待機」「待機」のオン・パレードでした。  がっくりきて帰宅した KiKi は早速、ダーリン & じぃじにこの日の収穫(無収穫と言うべきか?)を報告しましたが、それでもじぃじは相変わらず

「それでもあの失敗した所はイヤだ」

の一点張り。  まあそこまでイヤだと言っているものを無理強いするわけにもいかないし、ましてこれで仮にそこで預かっていただけることになったとしても、例のお宅と同じように「やっぱり面倒を見切れないから引き取ってくれ」と言われるリスクもあるわけだし、まして毎朝毎朝、送り出しの度にヘトヘトになってしまうようであれば、KiKi のみならずじぃじまで消耗してしまうかもしれません。  こうして、じぃじの介護認定の結果を待つしか次に打つ手は何もない状況に KiKi たちは追い込まれました。



to be continued ...........

          

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1574

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2013年11月10日 10:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「え? そうだったの??  介護保険 その6」です。

次のブログ記事は「ゲド戦記 別巻 ゲド戦記外伝 U.K.ル=グウィン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ