記録的大雪の後は・・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の太平洋岸地域の雪は凄かったみたいですねぇ。  まあ、KiKi も東京に住んでいたら、もしくは実家の沼津に住んでいたらかなりびっくりしちゃっただろうけど、ここ高山村の積雪量は?と言えば、「年に1度はこれくらい降る」というレベルだったので、さほど深刻には眺めていませんでした。  ただ、沼津辺りにも「大雪警報」が出たのには正直かなり驚かされましたけどね。  何せ KiKi が暮らしていた小学生から高校生までの間で、「雪が降った」という記憶さえ1~2回で、「積もって大変だった」な~んていう記憶は皆無でしたから・・・・・。

ま、それはさておき、昨日はびっくりこそしなかったものの実に憂鬱な気分だったのは確かで、それはこ~んなこと(↓)になっているのを見ると必然的に考えなくちゃいけない「大雪の後のお仕事」のことが頭から離れなかったからです。

2014_Feb09_009.JPG

「大雪の後のお仕事」と言えば、言わずと知れた「雪かき」です。  雪の降る所に暮らしていると必然的に発生するこの「雪かき」という作業。  それが50代の KiKi にとって意味するところは「腰痛」あ~んど「腕の筋肉痛」。  疲労困憊しちゃうことが目に見えているわけです。

それが判っていたのでできれば夕べは早く寝たかったんだけど、こんな時になぜかおロシアはソチなる場所でオリンピックなる大会が開催されており、しかも昨晩は「全日本フィギュア」が団体戦で決勝に進めるか否かな~んちゅう瀬戸際にもあったりして、早寝もできやしない・・・・・・(苦笑)

ま、てなわけでかなりお寝坊して起きてみると、我が家の周りはこ~んな感じ(↓)になっていました。

2014_Feb09_007.JPG

屋根の上にこれだけこんもりと雪が乗っかっている画は久しぶりです。

2014_Feb09_006.JPG

どうやら家の前を走る村道は、ダーリン & KiKi が寝ている間に除雪車が雪かきを終わらせてくれちゃっていたみたい・・・・。  最近はちょっとの雪では除雪車はここまで入ってきてくれていなかったんだけど、それが出動したということはそれだけでも久々の大雪だったことが察せられます。

ま、何はともあれ、こんな状態(↓)では何かあっても身動きできないわけだから、せめて車1台だけでも雪の中から掘り起こしておかなくちゃいけません。

2014_Feb09_009.JPGのサムネール画像

では、「いざ出陣!」とばかりに身支度を整えて外に出てみると

2014_Feb09_012.JPG

ひざ下まである長靴がこんなにすっぽりと埋まっちゃうぐらいの積雪量であることが判明。  足の甲が見えないし・・・・・・ ^^;


2014_Feb09_010.JPG

すっぽりと雪に埋まっていた車をまずは掻き出します。  車の上の雪を地面に落とすとその落ちた雪を腰をかがめて再び掘っては運び・・・・としなくちゃいけないので、直接「雪かきスコップ」で雪を掬い上げ、雪を積んでおく場所へ運びます。

2014_Feb09_011.JPG

少しずつ少しずつ、車の周りの雪を取り除き・・・・・・

この車はダーリンの愛車なので、KiKi は滅多に運転しない車です。  だから・・・・・という訳でもないけれど、特に KiKi が乗降する助手席側は念入りに(?)・・・・・・

2014_Feb09_015.JPG

そしてダーリンが乗降する運転席側に取り掛かる頃には疲労も手伝ってどこかちょっといい加減・・・・・・(苦笑)

2014_Feb09_014.JPG

それでも玄関から車までの通路と共に何とか雪かきを終わらせました。  こうやって写真で見るとまだまだ雪が残っているけれど、今日は体力的にこれが限界です。

さて、実は我が家にはもう2台車があるんですけど、それらの2台がどうなっているか?と言うと・・・・

2014_Feb09_016.JPG

こちらは軽トラ。  日向にあるのでだいぶ雪は融けているけれど、すっぽりと雪に埋もれています。  この車だけはスタッドレスをはかせていないので、こんな状態では当然走らせることは不可能です。

2014_Feb09_019.JPG

そして KiKi の愛車は道路からず~っと奥まったところにある車庫の中。  その車庫の前は人が歩く分ぐらいは雪かきしてあるけど(・・・・というのもここは薪小屋への通路だから)、とてもじゃないけど車を出せるような状態ではありません。  結局3台のうち用が足りる車は1台だけという状況です。  ちょっと情けないけど、ま、いいんです。  とりあえず1台だけでも動かすことができるなら良しとしておかないとここでは生きていけません。

2014_Feb09_022.JPG

今日は体力の限界で最低限雪かきをしておかないと困ってしまう所だけしか手が付けられなかったけれど、これだけの降雪量だと雪が融けるのにそれなりの時間がかかりそうです。  ・・・・・と言うことは、明日以降もチョコチョコと気になる所を雪かきしなくちゃいけないかもしれません。  毎年、数度は活躍してくれるこの「雪かきスコップ」(↑)を暫くは玄関に置いておく必要がありそうです。  


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1604

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2014年2月 9日 14:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小説十八史略(2) 陳舜臣」です。

次のブログ記事は「記録的大雪の後は・・・・ Part2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ