初めてのお茶のお稽古

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は KiKi の初めてのお茶のお稽古でした。  とりあえず先日このエントリーでお話した「お稽古セット」をフルセット携えて、先生のお宅に伺いました。  今日、教えていただいたメインは「座り方」と「お辞儀」。  真・行・草の三種類のお辞儀の仕方を教えていただきました。

正しい座り方
座るとき、握りこぶし一つ分ほど両膝の間をあけ、左右のかかとの間をあけて腰をのせる。  足の親指は交互に重ねる。  手は、左手の指先が出ないように、右手を左手の上に重ねる。  目線は畳半畳ほど先。  扇子は体の後ろに、畳のへりから一目あけて置く。  扇子の要は、正客は上座側に、次客以下は下座側に向ける。

真のお辞儀
最もていねいなお辞儀のしかた。  肩の力を抜き、両手は指先から手のひらがすべて畳につくように、静かに下ろす。  このとき、頭だけが下がることのないように、胸と膝の間が少しあくぐらいに下げる。  目線は畳のへりから畳の目3つ分ぐらい。  主客総礼のときの客の礼、客がお茶をいただくときなどにするお辞儀。

行のお辞儀
お菓子をいただくとき、次客に「お先に」と礼をするときのお辞儀。  真のお辞儀と同様、上体を倒しながら、指先から静かに下ろしていき、指の第二関節までが自然に畳につくようにする。

草のお辞儀
指先が軽く畳につく程度にし、両手を体の中心に寄せて、上体を少し斜めにあずける。  会釈ともいい、亭主が点前の途中で挨拶をするときなどにするお辞儀。  形は「草」でも気持ちは「真」でお辞儀をすることが大切。

   

今日は初めてのお稽古だったので、KiKi は操り人形よろしく、言われたことを言われたままにするのみ・・・・・という感じだったのですが、これから少しずつ「何故そうする」ということを意識しながら(そうしないと KiKi の場合は覚えられない ^^;)お稽古に励んでいきたいなぁと思いました。

さて、今日のお軸はこんな禅語でした。


梅花和雪香  (梅花雪に和して香ばし)


直訳すると「梅の花が馥郁として匂う中に、雪が降り来たって、白梅はさらに白く相和して、香気いや増す」というような意味らしいのですが、単にそれだけの意味なのかどうか・・・・・。  もちろん美しい光景(香りも含め)を詠んだ言葉だとは思うけれど、禅語である以上、もっと深い意味がありそうな気もします。

梅の花と言えば厳しい寒気に耐え、雪や霜にあいながらも他のどんな花にも先駆けて咲く花です。  梅花を通して、春そのものをこの眼でしっかりと見つめ、嗅覚を含め身体全体で春を観じようとする行為にストレートに結びつく花です。  高校時代の古文の授業で「古来、艶やかさを誇る桜にもまして梅花が愛でられてきたのは、長く厳しい寒さに耐え、しかもその姿に清楚さと気品を湛え、凛とした美しさと気高い香りを放つからこそ」と習ったような記憶があります。  そこに昔の人は「世の時流に流されず、艱難辛苦に耐えてこそ高潔な人格が得られる」というようなある種の訓戒を見出していたのではないかと思いました。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1607

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2014年2月13日 12:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「記録的大雪の後は・・Part3 & 茶道」です。

次のブログ記事は「小説十八史略(3) 陳舜臣」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ