今更ながら、お人形

| コメント(0) | トラックバック(0)

つい先日、あれやこれや悩んだり迷ったりした末にこんなものを購入してしまいました。

ぽぽちゃん お人形 やわらかお肌の女の子だもん
ぽぽちゃん デニムのジャンパースカート

41iyC6MLcrL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

ぬいぐるみのようにフカフカな抱き心地、その瞬間に愛情がわいてくる、あどけない顔の「ぽぽちゃん」。  こどもの成長に役立つお人形として、お母さんにもっとも選ばれています。  そんな、抱き寄せるだけで知育につながるぽぽちゃんに、まるでうちの子そっくりのぽぽちゃんが新登場。  (Amazon 内容紹介より転載)

お人形なんぞというものとは数十年前にお別れし、その後もお人形はおろかぬいぐるみに至るまで全くと言っていいほど手を出したことのない KiKi が、この年齢になってこんなものに手を出しちゃった理由はダーリンの孫のお誕生日にこれと全く同じお人形をプレゼントしたことに端を発しています。  もちろんプレゼントの方はとっくの昔に孫の手元に渡っており、これは追加・・・・というか KiKi の分として購入したお人形です。

子供時代、KiKi もご多聞に漏れずこの類のだっこ人形 → 当時全盛を誇ったリカちゃん ならぬ タミーちゃん と人並みにお人形遊びに興じた時期もあったわけですが、当時は着せ替え用のお洋服というやつが KiKi の実家の経済状況と比較すると結構高くて、 KiKi のお人形はほぼ着た切り雀状態でした。  子供心にだんだん薄汚れていく衣装が嫌だったんだけど、子供時代には手芸というやつにほとんど興味を持ったことのない KiKi はどうすることもできませんでした。  (せいぜいがお洗濯してあげるぐらい? 笑)

当時の子供の問題解決方法と言えば、ひたすら「おねだり」を繰り返すという地道な行動しかなかったのですが、時代が時代です。  子供のおねだりにポンポンとこたえてくれるような親は「共働き家族」ぐらい(親が子供と一緒にいてあげられる時間が少ないことへの罪滅ぼし? 苦笑)でした。  KiKi の実家の裏手にあるお宅はまさにその「共働き家族」で、彼女だけは多くのおもちゃを持っていて、彼女のお人形は KiKi よりも衣装持ちだったぐらいでした。

家が近いということもあって、KiKi はその子とよくお人形遊びをしました。  彼女は決して自分のお人形の洋服をみせびらかすような嫌味な子ではなかったけれど、毎日違うお洋服を着て彼女と一緒に姿をあらわす「リカちゃん」に KiKi は毎日羨望の眼差しを向けていました。  一度、彼女が「このドレス、KiKi ちゃんのタミーちゃんにあげようか?」と言ってくれたことがあったんだけど、リカちゃんとタミーちゃんではサイズが違うため、KiKi のタミーちゃんには着せてあげることができず、ぬか喜びをした反動も手伝って悔し涙をこぼしたことを今も覚えています。

でね、その頃の着せ替え遊びをしたくても着替えさせる服を持っていないというある種のトラウマ(?)が今回のお人形プレゼントと同時に KiKi に押し寄せてきちゃったんですよね~。  まあ、ネットなんかで調べてみるとイマドキのお人形のお洋服はそんなに高いものではないけれど、かと言って人間の子供のお洋服ほどふんだんに揃っているわけでもなさそうだし、ここはイッチョ「ぽぽちゃんの着せ替え用お洋服」でも作ってみようかな?な~んていうことを考えちゃったのです。  たまたま、左足靭帯損傷で動き回ることができない時期でもあったし・・・・・・。(実はまだ完治しておらず、かなり行動が制限され続けています。)


でもね、パッチワークこそ始めたものの、必ずしもお裁縫が得意・・・・というわけではない KiKi。  まして洋服作りな~んていうのは学生時代の家庭科の授業以外ではやってみたこともありません。  型紙の作り方もわからなければ、辛うじてお洋服ができあがったとしてもそれがちゃんと着せられるものなのかを試してみることもできません。  ま、てなわけで要するにマネキンとして1体は持っておいたほうがいいよなぁ・・・・・なんちゅうことを考えて、孫にあげたのとまったく同じ「ぽぽちゃん」を買っちゃったっていうわけです。

さて、マネキン人形だけは入手できたけど、もちろんオリジナリティを発揮して素敵なお洋服が作れるような技を持ち合わせていない KiKi のこと。  お人形が手元にあっても採寸だけはできたとしても、それをどうやって型紙におこしたらいいのか?はまったくわかりません。  ま、てなわけで、ついで・・・・・と言っては何ですが、こんなものも購入してしまいました。

月居良子が作るたんぽぽのぽぽちゃんの着せかえ服―作って・着せて・楽しむ

51BAXK2CGSL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

子どもの愛情表現のおけいこ用として人気の人形「ぽぽちゃん」の着せかえ服の作品集。  ウエディングのフォーマルからカジュアル、和服まで、幅広いアイテム満載。〈平綴じ〉〈型紙付き〉  (Amazon 内容紹介より転載)

ウエディング・ドレスとかタキシード、柔道着とかサッカー・ウェア等々必ずしも魅力的・・・・・とは言い難いお洋服が多いような気がしないでもないけど、それでもこの型紙をベースにすればそれなりのものができそうな気がしないでもない・・・・・(← 気のせいかもしれないけど ^^;)

これまでハンド・メイド系のブログにお邪魔すると多くの方がお人形さんのお洋服を作られていて、それを見ては


「う~ん、こういう趣味は KiKi にはないなぁ・・・・・」


なんぞと感じていたのですが、ことここに至り、「そういう趣味」に一歩踏み出してしまった・・・・・そんな雰囲気がしないでもない。  もちろんベースにあるのは「孫へのプレゼント」という立派な動機(?)なわけだけど、孫んちのぽぽちゃんばかりが衣装持ちになって、相変わらず KiKi のぽぽちゃんだけは着た切り雀だと子供時代とまったく同じ状況になっちゃう(まあ、KiKi 自身がお人形遊びをするわけじゃないという点が違うけど)から、結果的には同じお洋服を常に2着ずつ作る・・・・・ということになるのかしら??

まずは夏に向けて「サン・ドレスらしきもの(要するに袖も襟もないもの)」でも作ってみたいと思っているのですが、残念なことに今回購入したこの本(↑)には「サン・ドレス」は載っていません。  ムームーなら載っていたけど、大きなギャザーの入った襟付きで、ちょっと「最初の1枚」とするには手強そう・・・・・。  これからネットで無料配布の型紙でもないか調べてみる予定です。

さて、今日は階段が登れるだろうか?  先日お医者さんに

「少しずつ歩いたり動かしたりを始めてください。  でも、くれぐれも無理をしないように。  松葉杖はもうやめてもいいけれど、一本杖は使ってください。」

と言われたので、今日が怪我をして初めての階段チャレンジです。  何せ KiKi のアトリエは2階なのですから。  いきなり階段に挑戦・・・・というのも若干ビビるけれど、ばぁばの例もあります。  (我がばぁばは靭帯損傷なんちゅう KiKi よりもはるかに重傷だった大腿骨骨頭骨折という大怪我で手術、入院、そして退院した後、毎日自宅の階段の上り下りという自主トレ?の成果もあって、今では杖なしでチャッチャと歩いています 苦笑)

    

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1630

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2014年4月13日 11:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「物語ること、生きること [Kindle版] 上橋菜穂子」です。

次のブログ記事は「ぽぽちゃん サンドレス製作着手」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ