オオバンクラブ物語(上)(下) A.ランサム

| コメント(0) | トラックバック(0)

沼津の実家へ留守宅メンテナンスのために帰省していたため、ずいぶん長い間ブログエントリーをお休みしてしまいました。  一応、移動時には常にPCを携帯しているのですが、留守宅メンテナンスの際はとにかく忙しいんです。  今回も沼津の家には1週間滞在したのですが、朝から晩まで働きづめで夕飯が終わって入浴するとほぼそのままバタン・キューで爆睡状態に・・・・(苦笑)  

土曜日(7日)に帰路についたのですが、この道のりでは大雨のためあちらこちらで高速道路が通行止めになっていて、普通なら5~6時間で帰ってこられるはずのところ、沼津を出たのがお昼前(11時にはなっていなかった)なのに、Lothlórien_山小舎に辿りついたのが23時頃になってしまいました。  

長距離移動と睡眠不足でヘトヘトな身体に鞭打って、昨日は実家の状況報告 兼 じぃじからリクエストのあった様々なモノの配達のため老人ホームを訪問しました。  ま、てなわけで今日は身体がどんよりと重いうえに節々が痛み、正直起きているのがかなり辛い・・・・。  でも、ここで昼寝と洒落こんでしまうと今度は夜休めなくなりそうなので、今、PCに向かっています。  ま、てなわけでずいぶん前に読了していたこちらの Review を記憶に頼りながら書いてみたいと思います。

オオバンクラブ物語(上)
著:A.ランサム 訳:神宮輝夫  岩波少年文庫

51Vic-zE8cL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

ディックとドロシアは、水郷ノーフォークで、地元の少年トムと知り合い、念願のセーリングを学ぼうと、胸をおどらせます。  ところがトムが、オオバンの巣を守るために、好き放題の観光客たちと対立して・・・・。  (文庫本裏表紙より転載)

オオバンクラブ物語(下)
著:A.ランサム 訳:神宮輝夫  岩波少年文庫

51UcWaKYvjL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

いざこざを逃れ、ノーフォーク南部をめぐる航海に出発したトムたち。  ポートとスターボードも、船から船へ乗りついであとを追います。  しつこい観光客たちもからんで、水辺を舞台に追跡劇がくりひろげられます。  (文庫本裏表紙より転載)

個人的にはあまり気に入らなかったシリーズ第3作(このブログでの「ランサム・サーガ Review」 では第4作目になっちゃったけど)、「ヤマネコ号の冒険」を読了した際、この先この物語はどっちの方向へ向かって行っちゃうんだろう?とちょっとおっかなびっくりだった KiKi なんだけど、この第5作「オオバンクラブ物語」を読んでみてほっと一安心。  ・・・・・というより、あの「長い冬休み」で初登場したD姉弟のその後のお話であることを知り、安心を通り越して大喜びしてしまいました。

ツバメ号 & アマゾン号クルーたちに大いに感化されたD姉弟は子供らしいライバル心(?)から次に彼らと会う前(つまり次の夏休みまで)にセーリングをこっそりと学んで、彼らの遊び世界から置いてけぼりを食らわないようにと考えます。  そこに何とも都合の良いことにイースター休暇をノーフォーク湖沼地帯で過ごすチャンスが転がり込んできます。  

彼らを招待してくれたミセス・バラブルは、昔、姉弟のお母さんの女学校の先生だった人で、弟さんと2人で休暇を過ごすために船を一隻借りたのにたまたまその弟さんは仕事の都合で来られなくなり、姉弟を招待してくれたのです。  ところがその船(ティールズ号)に着いてみると、ミセス・バラブルだけでは船を動かせないので、船に泊まるだけという事実が判明。  

落胆を必死で隠そうとする姉弟と、それに気がつくミセス・バラブル。  そこに再び別のチャンスが飛び込んできます。  土地の少年トム(鳥類保護運動をしている)が少し前から傍若無人な振る舞いが目立ち土地の人たちからちょっぴり白眼視されていた団体観光客とトラブルを起こしてしまい、彼らから逃げ隠れしなければならない状況に陥っていたのです。  土地っ子のトムはツバメ号 & アマゾン号のクルーたちも顔負けのセーラーなので、ティールズ号を動かしながらD姉弟にセーリングの手ほどきをしつつ、観光客から逃げ続けるということでお互いの利害が一致します。


こうして始まった「逃亡劇」 兼 「セーリングの初級コースのレッスン劇」 兼 「くるくる変わる自然現象との戦い劇」 兼 「自然保護運動劇」 兼 ・・・・・・と、まあ色々な要素が組み合わさった冒険劇が繰り広げられるこの物語。  実に楽しい物語でした。  そこかしこにチラチラと見え隠れする「自然保護」に対するランサムの想いが印象的です。

「長い冬休み」では、ツバメ号 & アマゾン号のクルーたちに押されっぱなし、どちらかというとお荷物的なポジションにいて、どこか「都会っ子」の匂いが強かったD姉弟が少しずつ少しずつワイルド系(と言ってもそんなに激しいものではない)に変貌していく姿は見ていて(読んでいて・・・・と言うべきか?)実に頼もしいものでした。

特に KiKi にとって印象的だったのはディック(弟)の方で、眼鏡をかけてどこかボ~っとしたようなところもあり、典型的な理系天才型のもやし少年に思えたディックが案外頼もしいということ(笑)  そして、そんな彼らの変貌していく姿に

「うんうん、これならツバメ号 & アマゾン号のクルーたちと十分やっていける!」

と思わせてくれたことが本当に嬉しかった!!  と、同時にここから先はこの3家の兄妹たちの物語をぞんぶんに楽しめることが確信できたのが何よりもの収穫でした。

もう1つ物語を読んでいて感じたのはトムと敵対することになった「傍若無人な振る舞いが目立ち土地の人たちからちょっぴり白眼視されていた団体観光客」(マーゴレッタ号)の人たちの姿がいかにも現代人の悪い面をデフォルメしたような描写になっていたことです。  静かな自然の中に遊びに来ていながら大音量で音楽をかき鳴らし、連日連夜のどんちゃん騒ぎ。  昼間は昼間で周囲の船の状況には頓着せずモーターボートで大波を蹴立てて狭い水路を暴走族さながらにかっ飛ばし、奇声をあげる・・・・・。  

KiKi は軽井沢という所が大嫌い(でも北軽井沢あたりは決して嫌いじゃない)なんだけど、あそこはこのマーゴレッタ号のクルーみたいな人たちが多く集まる所だよなぁと感じます。  もちろん、そういう人ばかりじゃないのも知っているんですけどね。  でも、あそこへ行く度に(と言っても嫌いだからめったに行かないんだけど ^^;)

何で都会をここへ持ち込まなくちゃいけないのか!  そんなに都会の利便さ・賑やかさが欲しいなら最初から山の中なんかへ来るな!

というような気分になるんですよね~。  まあ、そんな観光客の落としてくれるお金であのあたりの財政が潤っているのは事実だから、あんまり大きな声で非難はできないことは百も承知なわけですが・・・・・ ^^;

・・・・・と書いて来てみて、KiKi がこのランサム・サーガで一番気に入っている点は「便利すぎる生活」に敢えて背を向けて、不便さの中にホンモノの自由を見つけ出している子供たちの姿勢・・・・のような気がします。  彼らは「小奇麗さ」とか「洗練さ」とか「便利さ」とか「文明の力」みたいなもの(要するに表面的なもの、自分の力には余ること)にはほとんど見向きもしません。  それよりは「自分たちの力だけで何かをする」ということに大きな価値観を置いています。  そうすることにより本当の意味で「生きている実感」みたいなものを感じている姿に共感しているような気がするのです。

     

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1656

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2014年6月 9日 12:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2014年5月の読書 読書メーター」です。

次のブログ記事は「ツバメ号の伝書バト(上)(下) A.ランサム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ