サー・ガウェインと緑の騎士 J.R.R.トールキン

| コメント(0) | トラックバック(0)

トールキンの伝記を読んで以来、久々の「トールキン祭り」(?)を開催中です。  本日の読了本はこちら。

サー・ガウェインと緑の騎士
著:J.R.R.トールキン 訳:山本史郎  原書房

51242RJFVRL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

「サー・ガウェインと緑の騎士」、「真珠」、「サー・オルフェオ」という、イギリス中世に書かれた3つの物語を、トールキンが解釈した形で現代語訳(英訳)したものを日本語に移した作品集。  (Amazon 内容紹介より転載)

あの伝記の中でも「ホビット」、「指輪物語」、「シルマリル」と同じぐらい特記されていた「サー・ガウェイン」。  そんな作品なのにこれまでなかなかこの本をちゃんと読んでみようという気分にならなかったのは、偏にこれが「日本語訳」だからです。  と言うのも、本業が言語学者であるトールキン先生はいわゆる古英語で書かれたこの作品を現代英語訳をされたわけで、それをさらに極東の言葉に移植したものにどの程度読む価値があるのかなぁ・・・・と懐疑的だったんですよね。

一方で「アーサー王関連」の本は我が日本国にも何種類もあるわけで、敢えてトールキンに拘る必要はないのかなぁ・・・・と。  英文学を学んだ人間が読むとするなら、やっぱりトールキン先生が書かれた「英語版」であるべきなんだろうと思うけど、それに手を出すほどには興味もない。  ま、そんなわけで、長らくこの本は KiKi にとって積読本でした。  (大学時代に斜め読みしたことはあったけど ^^;)

そんな本を今回読んでみる気になったのは「J.R.R.トールキン 或る伝記」を読み、トールキン先生の言語学者としての生涯に感銘を受けたからにほかなりません。  あの伝記読了以来、人知れず「久々のトールキン祭り」を開催中の KiKi です。


さて、この本には表題作の他に「真珠」という詩と「サー・オルフェオ」の2作も掲載されています。  そこでそれぞれに対して簡単に感想をまとめておきたいと思います。

「サ・ガウェインと緑の騎士」
KiKi が過去に読んだアーサー王関連本(これまでに Review を書いた中ではこれ)に描かれていた同じ題材の物語と細部はともかくとして大筋に大きな違いはありませんでした。  この物語に描かれているのは恐らく現代のイギリス人であってさえも心の中のどこかで抱き続けているのであろう「高貴さ ≒ 中世の騎士道精神」みたいなものと「キリスト教教義」の落としどころ・・・・みたいなものだろうと感じます。

結構面白いなと感じたのはこの物語の中で「「この世」と訳されている言葉には「ミドルアース」とルビがふられているところです。  こういうところに触れると、彼の中で「トールキン神話」の神髄みたいなものはどんな仕事をしている時にも常に心の中で息づいていたことがヒシヒシと感じられます。 

「真珠」

これは詩の形をとった神学論という印象です。  そこかしこにキリスト教の精神やら聖書の文言が散りばめられています。  この詩で描かれる「パール」と呼ばれる幼くして他界した少女の姿はあたかも「汚れなき清らかな乙女」の象徴のようです。  敬虔なクリスチャンではない KiKi にしてみると個人的には「幼い ≒ 無垢 ≒ 清純」という方程式には胡散臭さを感じるし、そういうことを高らかに謳い上げる文化にもある種の欺瞞を感じるけれど、この詩がキリスト教支配が絶大だった中世に書かれたものであることを考えると、「なるほど、さもありなん」と納得できるようなところがあります。

この詩で面白いのはダンテの「神曲」以来、KiKi なんぞはキリスト教では人が亡くなると「天国」か「煉獄」か「地獄」へ行くということになっているように思っていたんだけど、どうやら「天国」には別の名前もあるらしい・・・・ということです。  その1つが「新しいエルサレム」(しかもこれには2つの都があり、その1つは「神の都」でもう1つは「平和の影像(すがた)」と呼ばれるものらしい)で、もう1つは「妖精の国」らしい・・・・。  まあ、後者は敬虔なクリスチャンだったトールキン先生個人が自らの中で見出した落としどころだったのかもしれませんが・・・・・。

ま、それはさておき、詩の世界はやはり原語でないと味わいつくせないようなところがあるので、この本に収録されている3作品の中ではこの作品がもっとも「日本語訳の限界」を感じさせる作品だと感じました。

「サー・オルフェオ」
こちらはギリシャ神話の「オルフェウス」の物語。  ギリシャ神話では毒蛇に咬まれて亡くなった妻のエウリュディケーを追って冥界に辿りついたオルフェウスが冥界の王ハーデースとその妻ペルセポネーに竪琴を演奏して感動を与えたうえで妻の帰還を懇願し、「冥府から抜け出すまでの間、決して後ろを振り返ってはならない」という条件で地上に戻る事を許される・・・しかし・・・というお話でした。  ここで話はちょっと横道にそれるけれど、この物語は古事記のイザナギとイザナミの黄泉の国における物語と類似しているので、個人的にはその類似にかなり興味があります。

話を元に戻して、この「サー・オルフェオ」ではどうやら「冥界 ≒ 妖精の国」らしい・・・・。  妖精ってホントあっちにもこっちにもいるんですねぇ・・・・。  でも、こういうところにトールキン先生が描いていた妖精のイメージが垣間見えるようで、そこに面白さを感じました。  


3作品を読了してみた今、彼が創造した創造主、精霊、エルフ、人間というトールキン神話の世界にはギリシャ神話から中世の叙事詩・英雄譚、さらにはキリスト教の教義といった余りにも多くのものがその精神性という意味では混在しているということが再認識できたように思います。  ミドル・アースの準創造において彼の哲学(というより創造主の哲学か?)の根幹を醸成したのは「聖書」の精神であり、「ギリシャ神話」のみならず西欧各国の神話群であり、「叙事詩」である・・・・・そんな印象です。  そして新たな神話を作るにあたって様々な言語で書かれたそれらの物語に通じる「神の言葉」、「精霊の言葉」が必要だったが故に生まれたのがクゥエンヤ語やシンダール語だったような気がしています。


さて、「トールキン祭り」はまだまだ続きます。  とりあえずこれに続いて「指輪」「ホビット」以外の小品集にとりかかってみたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1669

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2014年6月28日 10:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シルマリルの物語 J.R.R.トールキン」です。

次のブログ記事は「2014年6月の読書 読書メーター」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ