趣味の話

| コメント(0) | トラックバック(0)

つい先日、A.ランサムの自伝は挫折本になりかかっているというお話をしました。  申し訳ないけれど挫折しそうな本はちょっと横に置かせていただいて、次に手を出した「J.R.R.トールキン ― 或る伝記」の方はあと少しで読了しそうなところまで読み進めています。  「これも挫折本になっちゃったらどうしよう」という KiKi の心配は杞憂だったみたいで、ほっと一安心しています。

さて、そのトールキン先生。  彼が言語学者であったことや、言葉の研究のあまり私製言語まで作っちゃったことは知識として知っていたのですが、その最初のアクションが学者さんとなるよりもはるか昔、子供時代に既に手掛け始めていたとはこの本を読むまで知りませんでした。  言葉を作る(しかもでたらめに作るわけではなく、古代語の成り立ちをあれこれ考え、自分なりに様々な言語を学習しながら作る)な~んていう渋い趣味を、人生のほとんどの時間をかけてやっておられたとはビックリ仰天!  どうやら「ひとかどの者」になるような人は、1つのものへののめり込み方が KiKi のような凡人とは大違いということのようです。

1つのことに集中してそれを自らの楽しみとしてずっと続けるということは幸せなことであるとも思うけれど、トールキンさんのように脇目も振らず・・・・というのは KiKi のような浮気性の人間には想像を絶することでもあります。  まあ、かくいう KiKi も幼い日から隠居した今に至るまである意味で細々と・・・・ではあるもののピアノを弾き続けているわけですが、彼と比較すると他のことに浮気している時間がやたらと多い・・・・・ ^^; 

一応の言い訳として、大学生になってからは自宅アパートにはピアノがなかった(しかもその期間が10年くらいあった)という状況があるとは言え、じゃあ、ピアノを入手してから後のそれに対する姿勢はどうだったのか?と問えば、「出来る時、気が向いた時にやる」というのと大差なかったかなぁ・・・・・と思わずにはいられません。

ま、てなわけで、今日は久々に趣味の話をちょっぴりしておこうかな?と思います。

まずは言わずと知れたピアノです。  幸いなことに最近は「趣味はピアノです」と言っても罪にはならないだろうと思えるぐらいにはピアノとちゃんと(?)向き合っています。  1年ちょっと前にこんなエントリーを書いたものだったけど、珍しいことにこの「いつかは弾きたい曲リスト」を放置することなく、この中からとりあえずモーツァルトのピアノソナタ ハ長調 K. 310(300d) は仕上げたし、今はショパンのバラード第1番 Op. 23 と格闘中です。

この曲、譜読みは終わっているんですけど、なかなか和声が頭に残らないで四苦八苦しています。  若い頃ならとっくにこの曲の和声進行を掴み終っているはずの時間をかけているんだけど、どうしても頭にちゃんと定着してくれません。  「これはひょっとしたら認知症の初期症状なんだろうか?」と思っちゃうぐらい・・・・・。  頭の中ではそれなりにイメージ音として掴めているんだけど、指がその和音をちゃんと掴んでくれないというか、何と言うか・・・・・。  

そして1つ間違った和声を弾いてしまった瞬間に頭の中が混乱して、もはや回復不能に・・・・。  昔だったらこんな時の立ち直りも早かったんだけど、今はそのままそこでストップしてしまい、次に楽譜を見ても何故か手探り状態に・・・・・。  そんなことばかりしているので、なかなかテクニックのブラッシュアップにまで辿りつけません。  いや~、難しい・・・・・。  この曲がモーツァルトのソナタぐらいの仕上がりレベルまで辿りつけるのかどうか??甚だ不安です。

ま、そんな時、変わらず KiKi の心に去来するのは「まあ、プロじゃないんだから・・・・」という甘えた根性なわけですが、それでもそんな甘え心に押し込められた奥の奥のその又奥ぐらいの心の深淵から、かつて教えを受けた先生の叱責の声が聞こえてきます。  曰く

「音楽を学ぶものにプロもアマもありません」

厳しいなぁ・・・・・・。

なかなか和声が頭に残らない原因の1つは必ずしも毎日欠かさず練習ができているわけではないというのが一役買っていることは分かっているんです。  でもねぇ、学生時代ならともかく、定期的に実家のメンテナンスやら老人ホーム訪問はしなくちゃいけないし、東京の自分のマンションのメンテナンスもあります。  Lothlórien_山小舎にいる時間が続いている最中だって、日によっては庭仕事やら家事に追われちゃうこともあるし・・・・・。  ず~っと昔、KiKi が子供時代に師事した先生には

「1日練習をさぼると最低でも3日は後退する」

と言われたものでしたが、子供時代の KiKi は家族旅行の時を除けば練習をさぼったことがなかったので、正直「そんなものなのかしら?」とちょっぴり懐疑的でした。  でもこの歳になった今、それを身を以って実感しています(苦笑)


さて、次の趣味はパッチワークです。  こちらはKiKi にとって趣味としての歴史が短いうえに、ちゃんと教えを受けてやっているものではないため、ピアノと比較するとかなりお気楽にやっています。  決して手が早い方ではないうえに、老眼という肉体的ハンディも手伝い、あちこちお邪魔させていただいている「パッチワークブログ」の皆さんと比較すると落ちこぼれも甚だしい進捗しか示すことができない趣味ですが、それでも着実に少しずつ、少しずつ、前進はしています。

5月の末に現在制作中のソファ・カバーの真ん中の四角つなぎ部分のピーシングが終了し、その外周部分に手を出したわけですが、未だにその外周部分を縫い終えていません。

IMG_30842.jpegのサムネール画像のサムネール画像  (完成イメージ)

2014_Jun20_002.JPG  (できあがっている四角つなぎ部分)

2014_Jun20_003.JPG  ( ↑ に繋がる予定の上の部分)

2014_Jun20_001.JPG  (現在制作中の脇に繋がる部分)

まだまだ道のりは遠いけれど、大切なのは確実に完成に向かって前進しているっていうことです!(断言)  もっとも・・・・・これから暑い季節に向かうので、何とかキルトトップを仕上げたとしてもその先の作業(キルティング等々)は恐らくこの秋以降の作業になりそうな気配大なんですけどね。

さて、次はお茶。  本当だったら今年はこの話題がもっと増える予定でした。  でも残念なことに実はこの趣味、教室を決めたところで完全ストップに陥りそのままになってしまっています。  と言うのもね、「さて、これからお稽古だぞ!」と意気込み、これまでず~っと放置状態だった反物(江戸小紋)のお仕立までして準備万端整った・・・・・と思った矢先、左足靭帯損傷という思わぬ事故に遭っちゃったんですよね~。  

で、それから暫くはサポーター装着 & 松葉杖生活を余儀なくされちゃって、その後1本杖までは回復し・・・・・とそこまではまあそこそこ順調に治っているように思えたんです。  でね、今ではとりあえず歩くことは問題なくできるぐらいまでは回復しているんです。  ところが・・・・です。  実は未だに正座ができないんですよ。  正座ができないのみならず、お天気によっては鈍い痛みが走るし、足全体が重く感じられ違和感があったりと凡そ完治とは言い難い状態が続いているんです。

つまりなかなかお稽古再開というわけにはいかない日々を送っています。  そんな中、今日の午後はこの「お茶のおけいこ」の準備過程で色々お世話になった呉服屋さんのセールに招待されているので、出かける予定になっています。  お茶の準備で仕立てた江戸小紋と染め直しをお願いした色無地にあう帯がないので、それを探したいという当初の KiKi の希望あってのご招待なので今更お断りするわけにもいかないし、いいものをお買い得価格で買えるかもしれない絶好のチャンス・・・・ではあるものの、このままいつまでも足が治らないでは、若かりし頃と同じように箪笥の肥やしを増やすだけになってしまう・・・・・・。

とりあえずこのブログで既に触れていて、ちょっとご無沙汰になってしまっている感のある3つの趣味に関して今日はその近況を書いてみました。

    

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1664

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2014年6月20日 10:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「挫折本になりかかり・・・・」です。

次のブログ記事は「J.R.R.トールキン 或る伝記 H.カーペンター」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ