せっかくの Birthday Lunch も・・・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は我がばぁばの8x回目のお誕生日でした。  アルツハイマー型認知症を患っているばぁばは、当然のことながら自分のお誕生日な~んていう記憶もどこかへ置き忘れてきてしまっていて、誕生日だから何なんだ?っていう感じなのですが、同居介護を断念したことに心の中のどこかで罪悪感を抱き続けている KiKi としては、本人に自覚がないからといって無視することもできず、同時にじぃじの気分転換も兼ねて・・・・ということで、お誕生日の1日前、7月18日に Birthday Lunch を企画しました。

主役はばぁばなわけですから、本来ならばぁばが好きな物(和食系)を食べさせてあげたい気持ちもあったのですが、思いあたる和食系のレストランは前橋にあり、じぃじ & ばぁばが暮らす太田市の老人ホームからはちと遠い。  じぃじだけならそのぐらいの距離もなんのその(以前、前橋のバラ園に連れ出した時にも寄ったお店でした)なんだけど、長時間の移動はばぁばの突然の気分の変化に対応するのはかなり大変なので、じぃじがお気に入りの太田市のステーキハウスに連れ出しました。  我がじぃじは齢90なのですが、結構こってりした食べ物が好きで、どこへ連れて行っても完食・早食いで「健啖家っていうのはこういうのを言うんだろうな?」と思わせてくれます。

さて、前回バラ園に連れ出した際も、当初の予定としてはじぃじ & ばぁばの2人とも・・・・ということで企画していたのですが、当日老人ホームに迎えに行ってみるとばぁばは「頭が痛いしフラフラするから行かない」の一点張り。  結局、その日はばぁばはお留守番でじぃじだけ・・・・ということになってしまいました。  老人ホームへ向かう車中では

「今回も同じことを言われたりされたらどうしよう??  何せ今回は主役だし・・・・」

と心配していたのですが、一昨日は近来稀に見る「ご機嫌な日」で、実にスンナリと車に乗ってくれました。  よしよし、今日は無事に終わりそうだ・・・・・と甘い期待を抱いた KiKi がバカでした。

    

行きの道中はご機嫌で、久々に会話らしきものも成立し、無事お店に到着。  席に着くまでもOKでした。  ところがその後が散々になってしまったのです。

まず、サラダが出てきたのですが、一口食べるまでは普通でした。  ところが、そこから先がいけません。  やれ、「味がしない。」だの、「うさぎじゃないんだから生野菜なんて食べられるか!」とぶ~たれ文句が始まりました。  次に出てきた海鮮の鉄板焼きも、1つ1つ箸でつまんでは訝しげな顔で眺め、「これ、何?」と聞いてきます。  その度に「それはアナゴ」「それはホタテ」「それは海老」と教えてあげるのですが、一口食べては「まずい」だの「何でこんな風に食べなくちゃいけないの」等々、文句ばかりが出てきます。

最後のステーキに至っては一口齧って中がほんのりと赤いのをみると、「こんな生肉なんて食べられない」とのたまい、シェフが再度焼いて出してくれても「こんなまずい肉は食べられない」と言いたい放題。  挙句、じぃじとダーリンにその「まずい」と仰った肉を押し付け、「こんなのは食べられない。  食べて!  ダメよ。  こんな店。」と遠慮会釈もありません。

デザートに注文したのは、ばぁば、ダーリン、KiKi はコーヒー、じぃじはアイスクリームだったのですが、今度は珈琲が熱過ぎると文句タラタラです。  そんなばぁばを見兼ねて、

「そんなに熱いなら冷めるまでこれを少し食ってなさい。」

と、じぃじが差し出したアイスクリームをスプーンですくい、又怪訝そうな顔でそれを眺めているかと思いきや、いきなりそれをコーヒーの中へ投入。  アイスクリーム効果で冷えたコーヒーを口にすると再び「まずい、まずい!」の連発です。  

「何?  これ。  コーヒーの味も臭いもしやしない!!」

「そりゃ、コーヒーにアイスクリームを投入したら、妙チクリンな味にもなるでしょう。  コーヒーの香りも飛んじゃうでしょう。」  

と応じると、

「誰?  そんな変なことをしたのは!!  だからこの店はダメだって言うのよ!」

と自分がやったことを忘れちゃっています。  まあ、そのこと自体は家族である KiKi たちには驚きでも何でもないわけですが、気の毒なのは本人がしでかしたことまで責任をなすりつけられ、挙句、悪口雑言を浴びせられているお店です。  しかも認知症患者というのは、昔なら理性でコントロールできていた声の大きさや声音、まわりの状況(そばに誰か店の人がいるかどうか)などにはまったく無頓着ですから、お食事を供してからず~っと文句だけを言い続けているばぁばには当然気がついている(というより聞こえよがしに言っていると感じられたと思う)わけで、常識人の KiKi はそんなばぁばを宥めたりすかしたりした一生懸命なわけだけど、そんな制止にはびくともしません。

決してまずいお店でもないだけに、尚更、申し訳なさでいっぱいの KiKi を尻目に、我が道だけをひた歩むばぁばは文句を言い続けながらコーヒーをすすります。  結局、肝心要の主役だけは文句ぶ~たれ状態の Birthday Lunch だったのですが、せめてもの救いはじぃじが

「いや~、今日の肉は美味かった。」

と満足してくれたことでしょうか。  以前、温泉にばぁばを連れて行った時にも感じたことだけど、やっぱり認知症患者を公の場に連れて行くのは難しい・・・・。  こうやってどんどん一般社会から逸脱し、自分で自分を益々孤独の縁に追い詰めていくばぁばの姿が哀れで仕方ありません。  有り難いことにそんな決して楽しくはなかった Lunch にも関わらず、我がダーリンは

「ま、病気なんだから仕方ないよ。  又、機会があったら今度は和食を試してみようよ。」

と言ってくれました。  でも、そんな理解あるダーリンの姿を見ていると逆に KiKi の方が

「せっかく気分転換をさせてあげたくて色々やっても、文句ばっかり言われていると、普通ならやってあげたいという気持ちがぶち壊されちゃうのに・・・・・。  ダーリン、ゴメンね。  ありがとう。」

という気分になっていきます。  そして、心の奥底のどこかでばぁばを「厄介者」扱いしている自分に気がつき、自己嫌悪に陥るのです。

         

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1681

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2014年7月20日 11:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小さな人のむかしの話 佐藤さとる」です。

次のブログ記事は「ツタンカーメンのえんどう豆」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ