日本海軍400時間の証言 NHKスペシャル取材班

| コメント(0) | トラックバック(0)

ひとつ前のエントリーでご紹介した本を読了しました。  たまたま読了した直後は夏バテピークですぐにブログエントリーをおこす元気もなかったのですが(実は今日もまだ何気に不調・・・・ ^^;)、感想を忘れないうちに記録しておきたいと思い、今日は PC に向かっています。

日本海軍400時間の証言 軍令部・参謀たちが語った敗戦
編:NHKスペシャル取材班  新潮社

NHK_Special.jpegのサムネール画像  (Amazon)

昭和55年。  東京・原宿にある旧海軍将校のOB団体「水交会」に、日本海軍の中枢にいたエリートたちが集まった。  元大尉から中将まで、参加者はのべ40人。  月1回の会合は「反省会」と呼ばれ、平成3年まで130回以上、開かれた。  「戦争の真実を語り残す」という目的のもと、「門外不出」を条件に、会はすべて録音されていた。  開戦を巡り陸軍と海軍では水面下でどのような動きをしていたのか、特攻作戦の本当の発案者は誰でどのような理由で決行されたのか、戦後の東京裁判で海軍軍人を守るために、海軍はどのような手をうったのか----など、幅広いテーマが議論されたのである。  録音されたテープは計400時間。  時には出席者間で激論を交わし、戦時中は雲の上の存在だった上官に真実を厳しく追及する場面もあった。  この貴重な記録を基に、証言者、その遺族、関係者や史・資料など、広範な関連・裏付け取材を行い、埋もれていた太平洋戦争の裏面史に光をあてる。  (Amazon 内容紹介より転載)

編者名でもわかるとおり、こちらの本は「NHK スペシャル」で放映された番組のいわば編集後記のような本でした。  東京・原宿にある旧海軍将校のOB団体「水交会」で130回近く開催された日本海軍の中枢にいたエリートたちによる「反省会」のテープが出てきたところから話は始まります。  元大尉から中将まで、参加者はのべ40人。  「戦争の真実を語り残す」という目的のもと、「門外不出」を条件に、その会の様子のすべてが録音されていたとのこと。  

日本では東京裁判の結果等から、「海軍善玉説」がまことしやかに語られてきたけれど、陸軍だけが糾弾された歴史にはどこか納得のいかないものを常々感じていた(但し、自分で色々調べてみて何らかの根拠があったからというわけではありません。  感覚的に『胡散臭い結論だよな』と思っていたにすぎません。)KiKi にとって、その海軍のお偉方(といっても本当の意味でのトップではなく、その直下にいた将校レベルですが)が仮にも「反省会」と名付けた会合で語られた内容に興味を持ち、図書館から借り出してきました。  

読了して感じることは、タイトルから期待される日本海軍400時間の証言を題材にはしているし、その中から拾った証言そのものもかなり抜粋されて記載はされているものの、それを聞いた取材班面々の想いのような記述が多すぎるうえに、ある1つのトピックに対する反省会上での応酬といった部分の緊迫感のようなものは全く感じられず、正直なところ肩透かしを食らったような気分を持ったことをまずは記載しておきたいと思います。

もちろん、録音テープだけでは証言内容を正確に把握することはできないので、証言を実証するためという意味もあって、NHK取材陣が公文書館や士官の遺族を回るという気が遠くなるような検証過程が描かれるのは、ある意味ではフェアなことなわけですが、どうしてもその苦労の中で生まれてきた「戦争を知らず、現代感覚で事象に向かった際に感じる取材班面々のある種の想い」が出てくるのはやむをえないこと・・・・とはいえ、それがこの大事な証言に向かった際に必ずしも是とすべきものなのかどうか、疑問を感じずにはいられませんでした。  そしてそんな彼らのバイアスを通した著述からだけ何かを感じるのは間違っているだろうという自制心を常に要求されたことによる疲労感が残る読書体験だったように思います。

TV番組の編集という目的がある以上、やはりそこにある種のテーマが必要になってくるわけで、それを単なる受容者である KiKi がとやかく言える立場にはないことはわかっていても、どこかそのテーマ設定に薄っぺらい物を感じてしまいます。  末尾に記載されたプロフィールを拝見した限りでは番組の制作者たちはその大半が KiKi よりも年少の方々でした。  つまり、その親世代さえも「戦争を知らない」人たちで、彼ら自身は「戦争を知らない子供達」という言葉にさえも当てはまらないような人たちだったようです。  

そうであるだけに最初に「自分たちは戦争を全然知らない」と本音を言い、その戦争における被害者にも加害者にもなりうるという視点でこの資料に向かい、いたずらに思想を論じるわけでもなく、個人を糾弾するものでも、賛嘆するものでもないという立ち位置をとったことには、ある種の称賛を送りたいと思います。  そして、かつての海軍士官たちの生の声から過去の事実を可能な限り抽出し、そこから現在に通じるものを見出し、未来へ生かすべき教訓は何なのか?を考えたというアプローチにも頷けるものが多々あります。  でも、その結果出てきた答えが「組織と個」というありがちなまとめ方に陥っている点はちょっとなぁ・・・・と感じずにはいられません。

ただ、「あの戦争」から目を背けてきた1人である KiKi にとって、これまでまったく知らなかった(知ろうとさえしなかったというべきか?)出来事を知る(もしくは「ちゃんと知ろう」と思う)きっかけだけは間違いなく作ってくれました。

1、「勝てない戦」であると知りながら何故、開戦に踏み切ったのか?
2、「作戦に非ず」と言いながら何故「特攻」作戦は行われたのか?
3、「極東軍事裁判(いわゆる東京裁判)」対応に見る海軍の裁判戦略。

という大きな3つのポイントに関する中でのいくつかの証言は、物知らずの KiKi には「え~!!  そんな馬鹿な!!(もしくは、なるほどさもありなん。  でも、何とまあ酷い話!!)」と思わせるに十分な内容の話がいくつも出てきていました。  でも、その1つ1つであってさえも、どこか取材班のある種の思い込み、聞き違いがあるのではないかと疑いたい気分がぬぐえない読書でした。  だいたいにおいて、あるテーマを設定した場合、そのテーマに合致した内容の証言のみがピックアップされるのはこれはやむをえないことでもあるわけで・・・・・。

そんなどこか消化不良気味な想いを解消するためにどうすべきか考えて調べてみるとどうやらこの本とは別にPHPからいわゆるテープ書き起しの本が出ているようです。  誰かのバイアスを避けたいなら本来そういう本を読むべきなんだろうから(いわゆる一次資料ということで)、では早速・・・・と思ったものの、Amazon で見るととにかく高い・・・・。  この番組の「オンデマンド放送」も観てみようかとも思ったけれど、何気にこの話にナレーションやらBGMがつくと、悪意なき感情操作にさらされそうで、二の足を踏みます。  歴史を知るってホント、難しいなぁとこの本を読んでつくづく感じました。  


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1709

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2014年8月25日 11:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NHK 昭和の選択 を観て・・・・」です。

次のブログ記事は「自宅用壁掛け完成 & 難解「クライスレリアーナ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ