お風呂のリフォーム工事完了

| コメント(0) | トラックバック(0)

我がLothlórien_山小舎は木造建築です。  せっかく山の中に家を作るのだから新建材の家なんかではなく、やっぱり木造がいいだろうということで、建てた家なので外壁も内壁も全て木!  ついでにお風呂もヒノキ風呂と徹底的に木造建築に拘りました。  浴室内も水が撥ねる腰から下の部分こそタイル地にしたものの腰から上の壁もヒノキ材。  新築当初はその香りを堪能し、実に贅沢な気分に浸ったものでした。

ところが1年もすると「木のお風呂」の難点が少しずつ目につくようになりました。  まずその第一はお掃除のし辛さです。  そもそも木のお風呂は乾燥させすぎると水が漏るようになってしまうので、できるだけ水を入れたままにしておきたくなるのですが、そうすると少しずつ少しずつ黒ずんできます。  この黒ズミを何とかしようとお風呂洗剤をあれこれ試してみたのですが、全く効果がありません。  かといってカビキラーのようなあまりにも強力な洗剤は使いたくないわけで、お掃除の手段を見出すことができないまま月日は流れ、時の経過とともにどんどん黒ずんでいきました。

そして極め付けが一昨年暮れから始まった約半年に及ぶ同居介護により家を空けたことでした。  突然の連絡に取るものもとりあえず実家に向かい、そのまま同居介護を余儀なくされたため、お風呂は使いっ放し(要するに掃除もしていない)、冬場は凍結してしまうこの地のことを考えると水抜きだけは必要・・・・と水道管が破裂しないように最低限の対処だけをして家を空けたことが我がヒノキ風呂に想像だにしていなかったダメージを与えてくれちゃいました。

半年の同居介護を終え、じぃじ & ばぁばに老人ホームに入ってもらって、やっとLothlórien_山小舎に戻ったダーリン & KiKi を待っていたのはお湯がどこからか駄々漏れするお風呂でした。  それでも最初のうちはその量もチョロチョロという感じだったし、このお風呂を使い始めた頃も最初のうちは水漏れがあったということもあって、2人揃って事態を甘く見ていました。

半年もの間、このお風呂は乾燥させっぱなしだったわけであちこちの継ぎ目に隙間ができてそこから漏れているに違いない。  暫く水を張っておいて木材が膨張すれば駄々漏れは治まるはず・・・・・

とね。  ところが数日で治まる見込みだった駄々漏れは日に日に激しくなり、ついにはお風呂に入っている間にみるみる湯量が減っていき、常にお風呂の周りでチャプチャプと水音がするようになっていきました。  場所がお風呂なだけにその音は必要以上に大きく響き、落ち着いて入浴な~んていう気分には到底なれない様相を呈するようになっていきました。  

それでもせっかく作ったヒノキの浴室です。  根がケチンボなダーリン & KiKi はなかなかお風呂をリフォームする決心がつきませんでした。  でもよくよく考えてみたらこの地の冬は寒いんです。  その寒い中、せっかく暖まるためにお風呂に入っても気分が寒々としているのでは精神衛生状よろしくありません。  ま、てなわけでようやく重い腰を上げてリフォーム工事をする決心をし、この11日からお風呂のリフォーム工事が始まりました。


元がユニットバスのお宅だったら、解体工事で出てくる部材は「粗大ごみ」として業者さんに処理してもらわなくちゃどうにもならないのでしょうけれど、我が家の場合、水道栓とかシャワーヘッド、それから腰から下の壁材のタイル地を除けばすべて木材です。  そして我が家には薪ストーブがあります。  更に、更に、一昨年の暮れから半年以上ここを空けた関係で本来その期間に蓄えていたはずの薪の備蓄分が今現在不足しており、今年の冬を乗り切れるかどうか心配していたということもありました。  ま、てなわけで、古いお風呂から出てきた廃材は全部残しておいてもらいました。

  壁板だったもの  さすが檜、美しい!

2014_Nov15_002.JPG  こちらも壁板だったもの

2014_Nov15_003.JPG  お風呂の側面だった一部

2014_Nov15_004.JPG  水漏れの原因だった朽ちた部分の板

さて、これらの板は基本、薪ストーブで燃やすために取っておいてもらったわけですが、一番下の写真の朽ちた部分の板はともかく、壁材だった板なんかはあまりに美しくて燃やしてしまうのが何気に勿体ない・・・・・^^;  さて、これらの板は果たして燃やされることになるのでしょうか??  

そして改装工事が終了した新しいユニットバスがこちら(↓)です。

2014_Nov16_002.JPG

2014_Nov16_003.JPG

新しくて気持ちがよいことに加え、今度のお風呂は寒冷地仕様で、さらにはお風呂の暖房付き!  これまでのお風呂も木の香りがして気持ち良かったけれど、冬はとっても寒くて、お湯も冷めやすかったのに比べると天国みたいです。  

もっとも・・・・・・

来月からの電気代の請求書がどうなってしまうのか?を考えるとかなり怖いんですけどね。

 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1730

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2014年11月16日 12:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山小舎の冬支度、あれこれ」です。

次のブログ記事は「ミオよ わたしのミオ A.リンドグレーン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ