コンサートの最近のブログ記事

今日、KiKi は板橋アクトホールで催されたとあるコンサートに行ってきました。  今日はその時に感じたこと、考えたことをエントリーとして残しておきたいと思います。  KiKi が行ってきたコンサートはこちらです。

2010_Oct21_IMG_0001_NEW.jpg

KiKi はね、このブログでもお話しているように、ここ数年はHONDAさんの上得意と言っても過言ではないぐらい車を購入していると思うんですよね。  だって、もともと乗っていた車はシビックだったし、去年は軽トラ_Acty を買ったし、今年はシビックをフィットに買い換えたし・・・・・。  まあ、決して値の張る車を購入しているわけではないので、上得意は言いすぎかもしれませんが、でも毎年新車を買っているっていうことはディーラーさんにとってはそこそこいいお客さんだっただろうと思うんですよ。  で、たまたま KiKi の担当の営業さんがフィットの1ヶ月点検の時に、このコンサートの話を教えてくれて、「久々の生コンサート!」ということで、KiKi も飛び着いたわけです。

因みに、このウィーンピアノ四重奏団ですが、弦はウィーンフィルのメンバー、そこにチェロ奏者であるヨァゲン・フォゥグさんの奥さまであるピアニストの陽子・フォゥグさんという構成です。  久々の生コンサートが あの ウィーン・フィルの弦チームなんですよ。  KiKi がどれだけ期待し、こんなコンサートを企画したホンダさんにどれだけ感謝したか、クラシック音楽ファンの方々であれば、容易に察していただけると思います。

でね、9月の末だったか、10月の頭だったか忘れちゃったけれど、この(↓)「プログラム 兼 入場券」がホンダさんから届きました。  企業の冠コンサートなので、お値段も超破格で予約権利代(?)が500円。  その500円で当日は4人まで入場できるとのことでした。  まあ、そういう類のコンサートなので、当然のことながら事前の座席指定な~んていうものはありません。  ま、正直、この時点で KiKi はちょっと危ぶんだのです。  でも、もっと危ぶんだことがこのプログラムには印刷されていました。

2010_Oct21_IMG_NEW.jpgのサムネール画像

ト音記号の右側の白文字部分が見えますかねぇ~。

さて、案外退屈しなかったと仰ったお社長さまは放っておいて(?)、休憩時間っていうのは KiKi は結構忙しいんです!!  何せ、♀の化粧室の混み方は半端じゃないんですから!!!  しかも多くの女性は用を足すだけじゃなくて、幕間にわざわざお化粧直しな~んていうことをするんですよね。  それが♀のたしなみっていうものなのかもしれませんが、誰かと向かい合って話をするわけじゃなし、ステージの上のハンサム・ボーイ(もしもいたとすれば)からは客席側の個々人の顔が識別できるわけじゃなし、何かをホワイエで食した後ならいざ知らず、何でああいうことを皆さん真剣になさるんでしょうか????  ま、いいんですけど(苦笑)

そんなこんなで異様にごったがえしている化粧室から出ると、ほっと一息です。  でも落ち着いてよ~く考えてみると、この時間帯に社長を1人で放っておいちゃいけなかったような・・・・・。  ホワイエあたりで外人連中につかまっていたらどうしよう ^^; と大急ぎでお姿を探しました。  でもね、どこにも見当たらないんですよね~、これが・・・・・。  あれ??  案外退屈はしなかったけれど、さすがにさらに続く1時間は辛そうで、そそくさと帰っちゃったのかしら?????

と、思ったら喫煙所でお姿を発見。  くどいくらい何回も「退屈しなかった」を繰り返していらっしゃいました。  良かった、良かった♪  後半のプログラム、恐らく KiKi は仮に社長が居眠りを始めてしまったとしても気がつかないだろうから、できればこの後も自己責任でよろしくお願いいたします(笑)。

さて次のプログラムはブルックナーです。  ブルコンでこのオケの魅力にKOされたっぽい KiKi にとって、これはものすご~く期待しちゃいます♪  で、ちょっとウキウキしていたら、KiKi の右隣の席の取引先の役員さんが、遠慮がちに声をかけていらっしゃいました。

「ここ、何度か来た事あるんですか??」
「ええ、何度かは。  いらしたこと、ありますか?」
「いや、初めてなんです。  あのオルガンの音を聴いた事がありますか??」
「ええ、何度かは。  いい音ですよ。」
「そうですか?  何の演奏のときに???」

クラシック音楽を全く聴かないわけじゃないけれど、コンサート・デビューであることをそこはかとな~くにおわせながらその方は何かと話題を振ってきます。  どうやらその方のお気に入りは「サン=サーンスの交響曲第3番 オルガン付」であるらしいことが短い会話の中で判明しました。  で、ブルックナーやワーグナー、マーラーの音楽はその長さゆえに苦手なのだそうです。  

「今日の演奏会でブルックナーが気に入るといいですね?」

と心の中でその方に語りかけていると、ステージ上にドヤドヤと楽団員たちが登場しました。  それを見ていた、これまたコンサート・デビューの社長が KiKi の耳元で囁きます。

「何か、人の数が増えたんと違うか??」
「そうですね。  ピアノも姿を消しましたしね。」
「そういえばそうやな。  あのでっかいもの、片付けるトコ、見たかったわぁ~。」

そんなある意味しょうもない会話をしていたら客席からいっせいに拍手の音が鳴り響きました。  思わずつられて KiKi も2回ほど手を叩いたのですが、よ~く見たら、それこそお手洗いにでも行っていたのか、若干遅刻気味でステージに姿を現した第1ヴァイオリンのヴァイオリニストさん登場の場面でした。  それと気がついた楽団員も客席も思わずクスッ。  肝心のそのヴァイオリニストさんも茶目っ気たっぷりに控えめにご挨拶です。 うんうん、なかなかいい雰囲気です。  弊社の社長もこのシーンには大喜びです。  ちょっと緊張気味だった左右のおじ様方がほぐれたところで、マエストロ登場♪


 

行って参りました!  弊社お社長さまご招待、おこぼれあずかり超豪華演奏会!!  アバド/ポリーニ & ルツェルン祝祭管弦楽団の来日公演演奏会です。  突然天から降ってきたこの幸運をこのブログを訪ねてくださるお客さまの皆様におすそわけさせていただくためにも、演奏会レポートなんぞをしたためたいと思います♪

まずはその日の状況から・・・・(「早く本題に入れよ!」と思われた方はこのあとを飛ばしていきなり [続きを読む] をクリックしてやってくださいまし~  b-hato4-b.gif

前日からまるで遠足前の子供みたいに ♪ウッキウッキ、チャップチャップ、ランランラン♪ でなかなか寝つけなかった KiKi。  そんな調子ですから当然のことながら当日の朝の気分はすっかり「音楽鑑賞モード」。  もちろん会社には行ったんだけど、お仕事をする気な~んていうのはこれっぽっちも持ち合わせていません。  そんな KiKi の内心を見透かすかの如く、お社長さまの極めて現実的なお言葉が飛んできました。

「KiKi さん。  せっかく楽しみにしているところ、水を注すようで悪いんだけど、これ、一応仕事なんだから名刺だけはちゃんと持っていってね。」

「あ、それから外人も来るから、もしも話しかけられたら通訳よろしくね。」

「もしも途中で寝ちゃってたら起こしてね。  いびきなんかかいちゃったらまずいから・・・・。」








「・・・・・ はぁ・・・・。 」







そっか、これって一応仕事だったんだっけ・・・・。  ま、席に座っちまえばこっちのもんさ♪   あとはタダでもらえるプログラム(会場で見たら2,000円もする代物でした!!)を読んでるフリでもして・・・・・と。




な~んていうことを考えながら社長とお喋りしていたら、午前中にとある取引先をお訪ねする予定になっていたのですが、その時一緒に行くはずのメンバーにオフィスに置いていかれてしまった KiKi。






「・・・・・私って、嫌われていたのね・・・・・ ^^;」
(一応 KiKi の名誉のために言っておくと、出掛けにKiKi の個室を覗いたスタッフたちはそこがもぬけの空だったので、逆に自分たちが置いていかれたと思って慌てて追いかけたつもり・・・・だったらしい・・・・ ^^;)






せっかくの ♪ウッキウッキ、チャップチャップ、ランランラン♪ モードに水を注されっぱなしの午前中でした(笑)。

ほとんど仕事が手につかない午後の時間を経て、オフィスを社長とともに出たのが5時15分頃。  サントリーホール前のアンデルセンでまずは腹ごしらえです。  引換券(?)の交換のためになが~い行列を作っている方たちの姿を見て、改めて自分のラッキーさに感無量!  その感動で寛容度がみるみるアップしていった KiKi は、クラシック音楽には興味の欠片もない社長の「この後数時間に関する危惧の愚痴」に笑顔でおつきあいすることができました(笑)。  それにここまで来てしまえばこっちのもの、ホール付近の独特の雰囲気に心はすっかり音楽鑑賞モードへ突入です。  

やがて開場のベルが響き渡り、どうしたものかと社長の動向を探ってみると、極力外人連中には会いたくないらしい社長はまだまだ入場する気がなさそうです。  こういう時は先にジャブをかましたろ♪とばかりに、

「開演15分前ぐらいに入りましょうか??」
「そうやね。」



ま、そんなこんなで開演15分前ぐらいまでは、アンデルセンでノロノロとしておりました。 

で、ようやく入場したら幸いなことに外人連中にはほとんど会うこともなく、何名かの関係者と簡単なご挨拶だけで呆気ないほどまでに席にたどり着くことができてしまいました。  で、ほっとしたのも束の間、ご招待券の性・・・・とでも言いましょうか、周囲半径数メートルがいわゆる「社用族」であることが判明しました。  いきなり音楽鑑賞モードからビジネス・モードにスイッチ変換です。  「何でこんなところで・・・・。」と思わないでもなかったけれど、いきなり名刺交換の儀式 & 社交辞令の嵐に見舞われ、ちょっとうんざりしかかった頃、楽団員の皆さんたちがステージに姿を現しました。




「よっしゃ!!  ここからは私の時間よ♪」


 

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちコンサートカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはおまけです。

次のカテゴリは雑記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ