内山節の最近のブログ記事

「里」という思想 内山節

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、「むらの原理 都市の原理」という本を読んでいて、何となく思い出したこの放置本。  根っこにある問題意識は恐らくかなり似通ってはいるんだろうけれど、あちらは「むら」と「都市」を2項対立的に考察しているので、解り易くはあるものの、論点がどうしても画一的になりがちで、どちらの原理も少しずつ持っている社会についての考察までは踏み出せない一種の限界のようなものを感じました。  そのあたりを考察するためにはもう一歩踏み込んだ、もしくは俯瞰した視点の話を読みたいと感じたことにより手にした1冊です。

「里」という思想
著:内山節  新潮選書

603554.jpegのサムネール画像  (Amazon)

グローバル化された社会へ警鐘を鳴らす、未来へ向けた哲学的論考。

世界を席巻したグローバリズムは、「ローカルであること」を次々に解体していった。  たどりついた世界の中で、人は実体のある幸福を感じにくくなってきた。  競争、発展、開発、科学や技術の進歩、合理的な認識と判断―私たちは今「近代」的なものに取り囲まれて暮らしている。  本当に必要なものは手ごたえのある幸福感。  そのために、人は「ローカルであること」を見直す必要があるのだ。  (選書本裏表紙より転載)

ああ、これだ!!  KiKi が落ちこぼれながらも会計人として行き詰ってしまった、あの時期に感じたモヤモヤしたものが全てここに言語化されている!!  これが KiKi のこの本の感想です。  

KiKi は過去にも何度かこのブログでお話しさせていただいているかと思うけれど、長らくとある米系の会社で管理職のお仕事をしていました。  その時、いやというほど考えさせられ、又実行を促し続けてきた「グローバル・スタンダード」と呼ばれるもの。  これって確かにわかりやすいし、ある意味で経済的だし、合理性はあるし、ロジカル(論理的)だし、この発想に初めて触れた30代の頃、KiKi は一発でノックダウンされ「これはいいことずくめじゃないか!」とさえ感じました。  この考え方の底辺にあったのは著者が言うところの「場所的普遍性」の徹底です。  人が変わっても、東京でも大阪でも九州でもアフリカでも、同じ1つの基準を物差し(スタンダード)とすることによる、効率性には正直目がくらみました。  そう、まさに、目くらましされちゃったんですよね~。

で、そのスタンダードを実現するために、実業との折り合いをつけながら、監査的にも問題が発生しないように「職務記述書」やら「業務標準手続書」を作成したり、グローバル・スタンダードでプログラムされたコンピュータ・システムにつなげるために「業務改革」なんかを行っている最中は、それは刺激的で仕事も面白く、それこそ寝食を忘れて仕事に没頭していました。  でも、ある日気がついちゃったんですよね~。  人が変わってもOKということは、人を機械と同様にしか捉えていないということに。  そして多くの「標準手続」が完成するたびに、人は思考停止に陥り安くなることに。  そしてその結果として「無責任」のドツボに嵌っていくということに・・・・・・。  

KiKi はE-Bookoff をよく利用し、ここで送料無料になる1,500円以上分の本を注文しています。  このショップが気に入っている理由は自分が欲しいと思っている本を検索し、在庫があればすぐ購入できるのみならず、もしも在庫がない場合には「入荷通知メール」をもらえるようにしておくと、その本が入荷した際にメールをもらえること。  実店舗の(会社組織は別みたいですが)BookOff もよく利用するのですが、いつ入荷するかわからないというのが最大の難点で、定期的に通わないと入荷時期を逃してしまうし、定期的に通うと、本屋さんやCDショップからは手ぶらで帰ってきたことのない(^^;)KiKi の習性ゆえに、探していた本とは別の本をついつい購入してしまい、ふと気がつくと当初予定していた目的本が入荷する頃には「予算不足」ということになって臍をかむ・・・・ということが起こりがちなんですよね~。  

ま、そんなこんなで、梨木作品を読み続けようと思っていた矢先にこの本の入荷通知を受け取った KiKi は早速発注。  入手してしまった以上、どうしても読まずにはいられなくなって、「りかさん」を読んでいる途中で急遽、こちらに着手し、昨日読了しました。  ま、てなわけで本日の KiKi の読了本はこちらです。

日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか
著:内山節  講談社現代新書

41tdbNgQbpL__SL500_AA300_.jpeg (Amazon)

かつては、日本のキツネが暮らしている地域では、人がキツネにだまされたという話は日常のごくありふれたもののひとつだった。  それも、そんなに昔の話ではない。  キツネに悪さをされた。  キツネに化かされた。  そういった話は、いまから五十年くらい前の二十世紀半ばまでは、特にめずらしいものではなかった。...  ところが一九六五年頃を境にして、日本の社会からキツネにだまされたという話が発生しなくなってしまうのである。  一体どうして。  本書の関心はここからはじまる。  そのことをとおして、歴史学ではなく、歴史哲学とは何かを考えてみようというのが、本書の試みである。  (新書本裏扉より転載)

このタイトルが今の KiKi にとってキャッチーだった理由のひとつは、5月に上橋菜穂子さんの「狐笛のかなた」を読んだときに感じた

「太古からの日本文化の中でお狐さまとはどんな存在だったのだろうか?」

という疑問、そして、

神社とかお稲荷さんで「お狐さま」を何度も見かけているくせに、日本人の文化の中で「お狐さま」はどんな存在だったのか、「お狐さま」にどんな想いを抱いてきたのかに関してはまったくと言っていいほど無知であることにあらためて気がつかされた

という想いがあったから だと思うんですよね。  で、内山さんの著作リストを見ていて、このタイトルに目が留まり、「そういえば昔語りには狐にだまされたっていう話がいっぱいあったなぁ」と今更ながら思い出し、さらに、新美南吉のお話には「ごんぎつね」といい、「てぶくろを買いに」といい、狐がたくさん出てくるなぁと。  ところが、実際のところ KiKi は野生のきつねというのを自分の目で見たことがなくて、見たことがあるのはTV番組(ネイチャー番組系)で紹介されるキツネの姿か、図鑑や本に掲載されている写真か絵だけなんだよなぁ・・・・・と今更ながら思い至ったのです。  

昔語りにあれほど頻繁に出てくるキツネ。  神社やお稲荷さんでも石像や木像を数多く見かけるキツネ。  日本人とキツネの間の関係って昔はかなり近しいものがあったはずで、「だます」「だまされる」はともかくとして、その近しかったはずのものが映像か作り物の像だけになってしまったのはどうしてなんだろう?  KiKi はLothlórien_山小舎付近の林や森の中でも未だに「キツネ」には遭遇していないんだけど、それはなぜなんだろう??  環境破壊の一つの例なのかもしれないけれど、それだけではない「何か」がそこにあるような気が漠然としていました。  でもそれが「何なのか」はまったくわからない・・・・・。  ま、そんなときに出会ったこの本のタイトルだったわけです。  

        

戦争という仕事 内山節

| コメント(0) | トラックバック(0)

今週末も KiKi はLothlórien_山小舎で過ごしていたわけですが、天気予報ではず~っと雨模様・・・・ということだったので、恐らく読書がグングン捗るだろうなぁと思っていたのに、実際には一日の大半が曇り空。  結果的に読書は思っていたほどは進まず、ひたすら雑草と虫を相手に格闘する日々を過ごしていました。  ま、そんな中、ようやく読了したのがこちらです。

戦争という仕事
著:内山節  信濃毎日新聞社

51Z16BPDtML__SL500_AA300_.jpeg (Amazon)

なぜ私たちの時代は、いまも戦争を続けるのか?  鍬と釣竿を手に山里から世界を見据える哲学者が、私たちの時代の入り込んでしまった迷路を解き明かす。  2004~2005年『信濃毎日新聞』連載の単行本化。  (Amazon より転載)

この本で語られていることは、すでに読了した「創造的であるということ」の2巻で語られていることとほとんど大差はないなぁというのが率直な印象です。  ただ、それを新聞連載のエッセイとしてとても短い文章で小気味良く、難解な言葉を廃して(これは「創造的であるということ」とも共通することですが・・・・)書かれているので、あとがきも含め333ページの比較的重量感のある本のわりにはサクサクと読み進めることができます。

内容的には KiKi がずっと抱え続けてきたいくつかの命題にある種の目線を与えてくれる本だし、1人で考えていると堂々巡りに陥りがちだった思考に一筋の光り輝く道を示してくれているような気がしないでもないので、とても共感を覚えるのですが読了した今、実は KiKi は全然別のことが気になって気になって仕方なかったりします。  それはこの本のタイトルなんですよね~。

 

里の在処 内山節

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日の KiKi の読了本も図書館で借りてきた内山節さんの作品です。  そもそも内山さんを知ることになったきっかけ、このエントリーでご紹介した You Tube の動画とほぼ同じことをエッセイ風に綴った1冊です。

里の在処
著:内山節  新潮社

518TB1WR96L__SL500_AA300_.jpeg (Amazon)

群馬県の神流川上流にある上野村。  山深い里の古い農家にひとり、居を構え、畑を耕し、薪を割り、餅をつき、村人と語り合う哲学者・内山節の日々―。  村人の小さな事件に立会い、自然の営みを凝視しながら、人間の根源を深く見つめる長編エッセイ。  生きていることの実感と季節の移ろいを濃やかに描いた、待望の一冊。  (Amazon より転載)

最近では「LOHAS」という言葉や「スローライフ」という言葉がもてはやされ、田舎暮らしが一種のブームのようになっているところがあると思います。  実際、KiKi がLothlórien_山小舎暮らしを模索し始めた頃、そして今も、多くの東京の友人たちが

「いいよね~、自然がたっぷりあるところでのんびりできるって!」

「優雅だよね~。  そんな素敵な場所で(と言いつつ、そこがどんなところかは知らない 苦笑)、ピアノを弾いたり読書をしたりして、ハーブなんかをいっぱい育てて、3時にはハーブティーなんかをとっておきのカップで飲んだりしたら、浮世のストレスなんて忘れちゃうよね。  憧れちゃうなぁ。」

「夏はクーラーなしでも過ごせるんでしょ。  東京にいると信じられない世界だよね。  いいなぁ。」

な~んていうことを言われます。  そしてそんな言葉を聞くと正直なところ KiKi は 

「あ、えぇ、まぁ・・・・・。」 

と返事に窮してしまいます。

と言うのは実際のところ「自然がたっぷりあるところ」はのんびりできるところとは程遠く、山にいる時間、 KiKi は優雅とは程遠い時間を過ごしているし、3時にリビングかどこかでのんびりとお茶なんてしていることは滅多にないし(真夏は熱射病にならないように、家に上がっていることはあるけれど)、爪の間に土が残っているような手ではとっておきのカップなんて出す気分には到底なりません ^^;   確かに夏は涼しくて過ごしやすいけれど、そんな気持ちの良い季節はホント短くて、長くて寒い冬はなかなか辛いものがあります。  (まあ、その代わり冬の山小舎暮らしはある意味、忙しくないためにそれこそ「優雅」な時間を過ごすことも少しは可能ですが・・・・・笑)

友人たちがイメージしているシーンは都会人が避暑地のホテルに滞在してのんびりしているシーンか、本当の超お金持ちがお手伝いさんつきの別荘で、過ごしているシーンじゃないかと思うんですよね。  もちろん山小舎の使い方としてそういう使い方をしている人は KiKi の身近にもそれなりにいらして、例えばLothlórien_山小舎に一番近い「別荘族」のご一家は、観光基地みたいな感じで山小舎を利用され、夏ともなればバーベキューを楽しんでいらしたりします。

でも KiKi の山小舎暮らしはそんな都会の人たちがイメージするオシャレな世界とは一線を画しています。  だいたいファッションからして、丸一日作業着を着ていて、首には手ぬぐいを巻き、汗と土にまみれ、虫や雑草と格闘している世界なのです。  最近、KiKi はオフサイトでミーティングがあるとかなりラフな格好をして出かけることが多いのですが、そうするとそのミーティングの参加者は

「あれ?  今日は山から??  上から下までどう見ても山ファッションだよね?」

な~んていう風に声をかけてくるのですが、KiKi にしてみれば

「いやいや、これは都会人のアウトドアファッションではあるかもしれないけれど、山ファッションじゃないよぉ。  だいたい山ではかすり傷、切り傷を避けるために長袖のヨレヨレのTシャツで、こんなボタンダウンの半袖のシャツなんて着ないし、虫に刺されるのを防ぐためにモンペみたいな長ズボンで、七分丈のズボンなんてはかないし、足元だって長靴だよ。」 

と思うのです。 

 

昨日に引き続き、内山節さんの「創造的であるということ」の下巻を読了しました。

「創造的である」ということ(下) - 地域の作法から
著:内山節  農山漁村文化協会(人間選書)

41D89WXN48L__SL500_AA300_.jpeg (Amazon)

これまでの私の研究史を振り返ってみると、農民や農山村の人々から教わったことの多さに驚かされる。  それとは無関係にみえるような思想上の課題でさえ、農山村の人々から教わったこととどこかで結びつくことによって、自分の研究領域に加えられている。  ・・・・・自然とともに、土とともに、村とともに生きてきた人々こそが、近代的世界の矛盾や近代的な思想の問題点を、深いところでつかんできたからである。  (単行本扉より転載)

う~ん、こちらもなかなか読み応えがありました。  読了して第一の感想としては、「ああ、この人のものの考え方と KiKi のものの考え方はかなり似ているところがあるな。」ということです。  多分問題意識の持ち方とか、「人間って何?」とか「人間の理想的(?)な生き方ってどうよ?」みたいなある意味一文の得にもならないことをああじゃこうじゃと考えるところも、その命題に対する自分なりの立ち位置の導き方も学者さんである内山さんのほうが理路整然とはしているけれど、かなり似ているような気がします。  ついでに「ごちゃごちゃ考えたりあれこれ言ってるより、とりあえず実践してみよっか」みたいな思い切りの良さも含めて・・・・・(笑)

近代思想の特徴は、人間の本質をその個体性、個体的理性におく、つまり関係的存在をとらえられない、その意味で個人主義に、またそれは人間のための思想、つまり自然との相互性をとらえられない、その意味で人間中心主義であった点に、さらに科学こそがすべてを明らかにすると考えた科学主義に、また歴史や進歩・発達としてとらえる発達主義にあったと考えています。

とは、この本からの引用なんだけど、これってまさに KiKi が感覚的に捕らえていた現代のあり方で、同時に KiKi が懐疑的な気分を持ち始めたこと・・・・でもありました。  ああ、これが KiKi がモヤモヤと考えていた現状分析をすっきりと整理した言葉なんだ!  そんな想いを抱きました。

この本の最後は現代日本の教育について、さらには「国って何?」みたいなことにも触れられているんだけど、これまた KiKi がここ10年ぐらい、とりとめもなく、論理的にでもなく、ああじゃこうじゃと弄繰り回していた命題です。  まあ、とっても残念だったこととしては、この本を読んでいてそれらの命題に対して「目から鱗」的に何かが解明した(もしくは解明しそうな予感があった)というような感慨を持つことはできなかったんですけどね ^^;  どちらかというと、「ああ、整理してくれてありがとう」というレベルで終わっちゃったと言うか・・・・・・。

 

先日、このエントリーでご紹介した「内山節」さんという哲学者に興味をもち、図書館から彼の著作をいくつか借りてきました。  今日、ご紹介する本は上・下2巻から構成されており、当初は2冊セットでエントリーを書く予定だったのですが、内容がかなり盛り沢山の本だったので、急遽1冊ずつエントリーを起こすことにしました。  ま、てなわけで本日の KiKi の読了本はこちらです。

「創造的である」ということ(上) - 農の営みから
著:内山節  農山漁村文化協会(人間選書)

41RMN14T5KL__SL500_AA300_.jpg (Amazon)

この勉強会で参加者から私に求められていたものは、「農の営みをとおして全世界を獲得する思想」であった。  ・・・・かつてマルクスとエンゲルスは「共産党宣言」のなかで、<プロレタリアートは失うべき何者をももたない。  獲得するのは全世界である>と述べたけれど、この勉強会でめざされたものは、農の技をもち、農村で暮らし、農村をつくる力をもっている人たちが、それを土台にして、現代世界を掌中に収める思想の獲得であった。  (単行本扉より転載)

えっとですね、KiKi は大学で経済学な~んていう小難しそうな学問を学んだわけではなく、ある意味とっても軟弱(?)な文学を学んだ人間なので、正直なところ「マルクス」とか「エンゲルス」な~んていう名前を目にすると「うへぇ・・・・・(汗)」とちょっと引いてしまうようなところがあることを、まずはお断りしておきます。  そういう意味では、もしもこの本を本屋さんで見つけたとして、何気に手に取ったとして、この扉に書かれている文言を読んだとしたら、恐らく分不相応な本を手に取ってしまったと反省(?)し、こっそりと棚に戻しちゃったこと請け合いです(笑)

たまたま今回はあの「里という思想」という本に興味をもったというフックがあったから、そして、図書館の本検索で「内山節」をキーワードにしてリストアップされた本を借りたから(つまり扉に書かれているこの↑文言を事前には読まなかったから)、KiKi の6月の読書の1冊にひっかかったにすぎない本なのです。  でもね、それがものすご~く幸いだったと思えちゃう、この本は今の KiKi にとってはあまりにもタイミングよく出会った本っていう気がするんですよね~。 

今日、仕事の帰りに本屋さんに立ち寄りました。  月初は「買う」「買わない」は別にして KiKi は行きつけの本屋さんに立ち寄る習慣のようなものがあります。  今日立ち寄った本屋さんは取り扱い数量からすると KiKi にはちょっとだけ物足りない本屋さんではあるのですが、仕事帰りにちょっとだけ立ち寄って一通りぞろっと眺めるにはちょうどいいくらいの数量なので、そういう意味ではちょっとお気に入りの本屋さんです。

その本屋さんで、新潮選書フェアの特別展示がされていて、思わず足を止め、じっくりと眺めてしまいました。  どうやらこの選書には KiKi の好奇心をくすぐるタイトルの本が多くあるみたい  b-hato4-b.gif  で、ついついそこにある本を 1つ1つ手にとってパラパラとめくっていたらかなり気になる本をみつけてしまいました。  で、家に戻ってその書名をネット検索していたら You Tube でこんな素敵な動画を見つけてしまいました。 

この動画にコピーされている1つ1つの言葉は、KiKi がLothlórien_山小舎暮らしを考え始めた頃に頭をよぎっていた言葉とまさにピッタリだなぁと思いました。  KiKi はここまで明確にきちんと整理した言葉を見つけることはできなかったけれど・・・・・ ^^;

う~ん、これはこの本 & この著者を無視して行き過ぎちゃうことは KiKi にはできそうにありません ^^;  ああ、こうして KiKi の予定していた読書はどんどん変更を余儀なくされていくのです。

里という思想 
著: 内山節  新潮選書

603554.jpeg (Amazon)

( ↑ Amazon の頁の画像とはちょっと違うけれど、どうやら新潮選書は新しいカバーに模様替えしたようです。)

 

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち内山節カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは梨木香歩です。

次のカテゴリは村上春樹です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ