松岡正剛の千夜千冊フォローの最近のブログ記事

火の誓い 河井寛次郎

| コメント(0) | トラックバック(0)

涼しい日があったかと思うと、蒸し暑い日があったり・・・・・。  何だか最近の気候は、はっきりしませんねぇ。  季節をあっちへ行ったりこっちへ行ったりと、お天気の神様に振り回されているかのようです。  日本の美点の1つに四季のあることが挙げられと思うんだけど、その四季の移ろいはソフトランディングであってくれなくちゃいけません。  そうでありさえすれば、文句なしの美点になりうるところが、昨今のお天気のようにどっちつかずっていうのでは、いいんだか悪いんだか、判断に苦しむところです。  ま、そんな中、本日の KiKi の読了本はこちらです。

松岡正剛千夜千冊 第5夜
火の誓い
著:河井寛次郎  講談社文芸文庫

51XGRJXX5WL__SL500_AA300_.jpg (Amazon)

人間国宝や文化勲章に推挙されても応じることなく、一陶工として独自の陶芸美の世界を切り拓き、ついには焼き物の枠を超えた無私普遍の自在な造形世界に自らを燃焼させた河井寛次郎が、美しい物に隠れている背後のものを求めての歩みを詩情豊かな文章で記した、土と火への祈りの書ともいうべき名エッセイ。  (文庫本裏表紙より転載)

今日の読了本はここ最近の KiKi の読書傾向からすると、ものすご~くゆっくりと、時間をたっぷりかけて味わった1冊でした。  これは、本当に良書だと思います。  書かれている内容も深いんだけど、それより何より、こんなに美しくも雄弁な日本語を久々に読んだような気がします。  それも日本人のDNAに浸み込んでいる何ものかに、静かに、それでいてストレートど真ん中を射ぬく勢いで訴えかけてくる言葉・・・・・。  そんな言葉に溢れた珠玉の随筆集だと思います。  

日本の土と水を手で触り、日本で伐採された木で火を焚き、造形の道を邁進した人間っていうのは、その直に触れた風土とでも呼ぶべきものから、鋭敏な感覚と「日本人を形づくってきた核のようなもの」を、かくも鮮やかに、かくも慎み深く感じ取るものなのか・・・・と感嘆するばかりです。

とは言うものの、読み始めは通常どおりさらさらと、布団に寝転んで・・・・という体制で本を開いてみたんですよ。  でもね、冒頭の「部落の総体」という文章をほんの1ページ読んだだけで、KiKi は無意識のうちに布団から出て椅子に座りなおしていました。  KiKi の中の何者かが告げるんですよ。

「この本は寝転んで読む類の本ではないよ。」

ってね。  この感覚は本当に久しぶりでした。  そう、例えて言えば、まだCDなんていうものがこの世にはなくて、LPレコードがかなり高価だった時代に、お誕生日とクリスマスのプレゼントとお年玉を全部合わせてようやく買ってもらった大切なレコードに、わくわく・どきどきしながら、居ずまいを正して針を落としたあの瞬間の感覚に似ていました。  

今月から始めた「松岡正剛千夜千冊フォロー企画」。  昨日の第1夜に引き続き、今日は第2夜です。

松岡正剛千夜千冊 第2夜
ペガーナの神々
著:ロード・ダンセイニ 訳:荒俣宏  ハヤカワ文庫

51-IBKR3cbL__SL500_AA300_.jpeg (Amazon)

この世が始まるより以前のこと。  <宿命> と <偶然> が賭けをし、その勝者が絶対者の許に赴いて、こう言った - 「われのために神々を創れ」と。  かくて、この世のありとあらゆる存在が <宿命> と <偶然> のたわむれによって造られ、人間は <死> の猟犬 <時> に狩りたてられて神々に呪詛の言葉を吐きかける!  異境の神々の創造と黄昏を雄大に描いた表題作ほか、詩的イメージと神秘的美意識が結晶した「時と神々」を収録。  (文庫本裏表紙より転載)

昨日に引き続き、今日のこの本も幸いなことに KiKi の蔵書の中にありました。  このブログ、 Lothlórien を開設し「岩波少年文庫」と「神話・伝承」関係を読書カテゴリーの主軸に置こうと決めた時に、図書館で借りて読んだことはあっても蔵書が少なかったケルト系・妖精系の本を少しずつ集め始めたのですが、その中の1冊がこの「ペガーナの神々」でした。

なんて言うか不思議な物語ですよね~。  どことなくもや~っとしている世界観。  配置されている登場人物(と言っていいんだろうか??  ほとんどが神様なんだけど・・・・ ^^;)の階層だけはものすご~くはっきりくっきりしているんですけど、それ以外はもやもや~っとしているんですよ。  そのはっきりしている階層構造は簡単に言うとこんな感じです。

<マアナ=ユウド=スウシャイ> → < ペガーナの神々> → <地霊たち> → <人間の預言者> → <地球上に生きる普通の人間など>

こんなにはっきりした構造にも関わらず全体的にもやもや~っとしている一番の理由はそもそもこのヒエラルキーの中でトップに位置するはずの「マアナ=ユウド=スウシャイ」が冒頭でペガーナの神々を創る以外はこれと言った仕事もせず、スカアルという鼓手の叩く太鼓の音を BGM にただひたすらまどろんでいると言うこと!(笑)  ある意味で唯一絶対の存在であってもおかしくないポジションにいながら、ひたすら惰眠(と言うと言い過ぎかもしれないけれど)を貪っちゃっているのです。  もっともその「マアナ」であってさえしても絶対なのかどうかがはっきりしないのは、「宿命」と「偶然」の賭けの結果に従うだけの存在だということなんですよね。  

で、その「宿命」か「偶然」のどちらかのリクエストに従って「マアナ」は「ペガーナの神々(≒ 小さな神々)」を創造するんだけど、「宿命」が勝ったにせよ「偶然」が勝ったにせよ、賭け事による勝敗で「マアナ」への働きかけが行われたということは、世界創生の理由そのものからして曖昧だっていうことだと思うんですよね。  そうやって創られた神々もこれまたよくわからない神々で「戯れに」世界やら命やらを創り始めるんですよ。  で、この「戯れ」には「マアナが目覚めるまで」というタイムリミットがあって、もしも「マアナ」が目覚めてしまうと「モトイ!」とばかりに新しい世界と新しい神々が創造され、古い世界と古い神々を消し去ってしまうのだそうな・・・・。  だからペガーナの神様たちは押し黙ったまま手話で世界を創造するのだそうです。  で、挙句の果てに作者はこんなことまで言うのです。

数え切れないほどある下界と天界は、どれもこれもがこのスカアルの打ち鳴らす太鼓の音の谺(こだま)にすぎないのだ、とある者は言う。  またある者は、それら大地と星々とは、ちょうど歌声に眠りを乱された人が不思議な夢を結ぶのと同じことで、マアナがスカアルの鳴らす太鼓にうながされて結んだ、ただの夢にすぎないのだ、と言う。  けれど、どちらが嘘で、どちらが本当かは誰にもわからない。

この世が「マアナ」なるものの夢に過ぎず、「マアナ」が目覚めると共に消えてしまい、同時に神々も人々もすべてが虚しい戯れに過ぎないということは、ある意味で、約束されている終末にひたすらに向かっていくのが、神々と私たち人間とで行われる事々ということだと思うんですよね。  幻想的でもやもや~っとしていて全てが霧の中にあるような、薄絹ごしに透けて見えるような世界なんだけど、パステルチックなホンワカとしたやわらかさに包まれた世界というのとは全く異なって虚無感が支配している世界。 

雪 中谷宇吉郎

| コメント(0) | トラックバック(0)

さて、今日から少しずつ、少しずつ、読書カテゴリーの中の新企画、「松岡正剛千夜千冊フォロー」の読書にも着手していきたいと思います。  これに着手するにあたって KiKi は1つのルールを設定することにしました。  そのルールの基本線は既に持っている本はともかくとして、それ以外に関しては原則として図書館から借りることとします。  もっとも KiKi にとってアクセスのよい図書館にも蔵書されていない本も紹介されているようなので、その場合にはよほど KiKi 自身がそのタイトルに興味を持てない本に関しては無視(笑)することにします。  もしもそのタイトルが「うんうん、これは KiKi と相性がいいような気がする・・・・」と思える本だった場合には単価 2,000 円を上限とし、それ以下で入手できそうだった場合には購入を検討、そうでなければやはり無視することにします。  敢えてこんなルールを設定したのは、こういう企画ものは下手をすると追いかけることに夢中になるあまり、冊数をこなすことに躍起になったり、字面を眺めて満足したり、あたかも蔵書コレクターになったかのように並べて満足・・・・みたいなことに陥りがちだと思うからです。  

ま、てなわけで本日の KiKi の読了本は千夜千冊の第1夜です。

松岡正剛千夜千冊 第1夜

著:中谷宇吉郎  岩波文庫

51YWFSQGAZL__SL500_AA300_.jpeg (Amazon)

天然雪の研究から出発し、やがて世界に先駆けて人工雪の実験に成功して雪の結晶の生成条件を明らかにするまでを懇切に語る。  その語り口には、科学の研究とはどんなものかを知って欲しいという「雪博士」中谷の熱い想いがみなぎっている。  岩波新書創刊いらいのロングセラーを岩波文庫の一冊としておとどけする。   (文庫本表紙より転載)

KiKi は静岡県の出身なのですが、幸せなことに子供の頃からスキーに親しむ機会を与えられていました。  両親、特に KiKi の父親はいわゆる「遊園地」のようなところにはあまり連れて行ってくれたことがないのですが、自然相手のレジャーに関してはかなり理解があって(というより本人が好きで? 笑)、釣り、トローリング、スキーといったレジャーに関してはかなりの頻度で KiKi を連れて行ってくれました。  

もっともイマドキのファッショナブルなレジャー・スタイルとは大きな違いがあって、例えばトローリングであれば決してカッコいいレジャーボートではなくゴムボートに船外機をつけただけの船を両親が交代で操縦して・・・というものだったし、例えばスキーであれば、スキーの板もストックも靴もすべてを知り合いや親戚からおさがりを譲っていただき、ウェアに関してはそれ専用に開発されたスキーウェアではなく、ウールタイツの上に厚手の冬物のズボン、上はウールの徳利セーターの上に冬物ジャンパー。  スキーを始めるにあたり新規で購入したのはレザー手袋のみ・・・・というスタイルでしたけどね ^^;  

でも、KiKi がスキーを始めたばかりの小学校低学年の時代であってさえも、人工降雪機なるものが既に開発されていて、イマドキのそれよりも雪質に問題はあったものの、静岡県から比較的アクセスのよいエリアのスキー場では天候の具合によってはそれが大活躍をしていた時代でした。  教育者だった父はスキー場に行くたびに、KiKi にその日の雪を握らせ、「今日の雪は○○な感じがするね。」「今日の雪は××な感じがするね。」なんていう風に感想を言い合いながら「雪」という物質を子供の KiKi に肌で感じさせようとしていました。

KiKi が初めて雪の結晶の写真を見たのはそれからずっと後のことで、その美しさに驚愕すると共に、あんなに何度も触ったことのある雪だったのにそれを顕微鏡で、否、虫眼鏡で見てみようとさえ思わなかった自分が何だかとってももったいない忘れ物をしていたことに気がつかされ、愕然としたことを覚えています。

 

せっかく「松岡正剛千夜千冊フォロー」のカテゴリーを作成し、その Index まで完成させた(これが半端じゃない冊数で案外大変だった!)のに、全然フォロー活動に着手していない KiKi。  これはある程度計画的に読み始めていかないと、冗談抜きでこちらの寿命が追いつきません。  まあ、それがメインの読書カテゴリーじゃないからいいと言えばいいんですけど、作っちゃった以上はせめて手がけるぐらいの前向きな姿勢が必要なのが人の世の良識っていうモンではないかと・・・・・ ^^;  で、あらためて作っちゃった Index を第1夜からじっくりと見直し・・・・・・と思ったら、その第1冊で引っかかってしまいました。  第1夜は中谷宇吉郎さんの「雪」だったんですねぇ。

で、そのままそこへ進むんだったらこの(↑)良識に沿った読書活動となったりもするわけですが、同時進行で「岩波少年文庫全作品読破企画」を遂行中の KiKi のこと。  ここで気がついてしまうわけですよ。  そう言えば岩波少年文庫に「雪は天からの手紙 中谷宇吉郎エッセイ集」っていうヤツがあったなぁ・・・・と。  ま、てなわけで、「そろそろ松岡さんフォロー企画にも手をつけなくちゃ♪」と考えた矢先に「岩波少年文庫企画」に寄り道です(苦笑)。

雪は天からの手紙 中谷宇吉郎エッセイ集
編:池内了  岩波少年文庫

5120G7EHV2L__SL500_AA300_.jpeg (Amazon)

雪の結晶の美しさに魅せられた物理学者・中谷宇吉郎。  「雪の十勝」「雷獣」「立春の卵」「線香花火」「地球の円い話」「イグアノドンの唄」「湯川秀樹さんのこと」など、科学のおもしろさや科学者たちとの交流について語るエッセイ21編。  (文庫本裏表紙より転載)

この本の大元のエッセイを書かれた中谷宇吉郎博士って、以前 KiKi が同じく岩波少年文庫で読んで「しまったぁ~!!  この本はもっと早く読んでおきたかったぁ!!!!」と後悔(?)した「科学と科学者のはなし」の寺田寅彦さんのお弟子さんだったんですねぇ。  最初に「あとがき」から読んで、その一事をもってして俄然この本に興味を持った KiKi。  ついでに言うと、この本の後には「千夜千冊」の「雪」が待ち構えているわけですから、かなりの期待感で胸を膨らませながら、読み進めていきました。

が・・・・・・・・

正直なところ、中谷宇吉郎さんの文章には寺田寅彦さんの文章ほどには興味も感銘も受けなかったことをまずは白状しておきたいと思います。  これは偏に KiKi が根っからの理系人間ではないことに原因があるのかもしれません。  寺田さんの文章にはさすが夏目漱石の直弟子だっただけのことはあって、なんと言うか文系人間にも受け容れやすいある種の「語法」のようなものが備わっているのに対し、こちらの本はどちらかというとやっぱり理系頭脳の人の文章っていう感じがそこかしこに漂っているんですよね~。

もちろんすべてのエッセイからバリバリ理系臭が放たれているわけではなくて、ところどころにとても興味深い話も書かれていたりするのですが、どちらかというと、ものすご~くおりこうさんの男の子が優れた指導者の元でしっかりと纏め上げた「夏休みの自由研究 理科編」のレポートみたいな感じがするんですよね。  

寺田さんのエッセイをまとめた「科学と科学者のはなし」の方は、身の回りの様々な出来事に対して、どんな「科学者の着眼点」があるのかということを、本当に楽しく書いてくれていて「ほうほう、なるほど、なるほど。  それは気がつかなかったけれど、そう言われてみると知りたい!  知りたい!!  で、どうして????」と素人をうま~く導入してくれているようなところがあるんですけど、中谷さんのこちらのエッセイの方は、そこがある意味あっさりしていて、テーマありき・・・・みたいなところがあるように感じられるんですよ。  で、その後の実験過程とか物理の小難しい話みたいなところを丁寧に比較的平易な文章で書いてくださっているんだけど、テーマそのものに興味が持てないとその後に書かれていることはなかなか身を入れて読み進められないし、実験過程をいろいろ読まされても、実験って言うのは自分でやってみて初めて面白さがわかるようなところがあるから、何となく字面を追って終わってしまうんですよね~。  

 

神曲 煉獄篇 ダンテ

| コメント(0) | トラックバック(0)

さて、ちょっとペースダウンしてしまっていたのですが、ようやく「神曲 煉獄篇」を読了しました。  いや~、ここは結構辛かったです。  必ずしも面白くなかったわけではないのですが(とは言うもののおしまいの方は面白くなかったけれど・・・・ ^^;)、先日もこのエントリーでお話したように、そもそも KiKi にとっては「地獄」と「天国」はそれでもまだ馴染みのある概念なんだけど、「煉獄」っていうやつだけは正直「何?  それ???」っていう感じなんですよね~。  ま、とにもかくにも本日の Review はこちらです。

神曲 煉獄篇
著:ダンテ 訳:平川佑弘  河出文庫

51CzOuOd1VL__SL500_AA300_.jpg (Amazon)

二人の詩人、ダンテとウェルギリウスは二十四時間の地獄めぐりを経て、大海の島に出た。  そこにそびえる煉獄の山、天国行きを約束された亡者たちが現世の罪を浄める場である。  二人は山頂の地上楽園を目指し登って行く。  永遠の女性ベアトリーチェがダンテを待つ。  清新な名訳で贈る「神曲」第二部煉獄篇。  (文庫本裏表紙より転載)

まずは「煉獄って何?  どこ??」という疑問を払拭しておかないと、とにかく先には進めそうもないので、Wikipedeia で調べてみると、こんな説明が載っています。

煉獄(れんごく、ラテン語: purgatorium)とは、キリスト教、カトリック教会の教義のひとつ。

カトリック教会においては、神の恵みと神との親しい交わりとを保っていながら完全に清められないままで死んだ人々は、天国の喜びにあずかるために必要な聖性を得るように浄化の苦しみを受けるとされており、この最終的浄化を煉獄という。  第2バチカン公会議以降の教会の現代化の流れにより、現代のカトリック教会においても煉獄について言及されることはほとんどない。

煉獄の教義は、教会の東西分裂以降のカトリック教会にて成立した。  このような経緯もあり正教会では煉獄を認めない。  またプロテスタント教派もルターを始めとして煉獄の教義を認めない。  古くは「浄罪界」とも訳される。

地獄は救いの無い場所天国は罪の一切無い場所と定義されるが、煉獄はキリスト者として罪の贖いを受けて救済を約束されていながら、小罪および罰の償いが残っているため、浄化を必要とする者のためにある場所と考えられている。  聖書に具体的な記述があるわけではないが、「マタイによる福音書 12章32節」において、後の世で赦される可能性が述べられていること、および、「マカバイ記 2の12章43節」において、罪を犯した死者のために執り成しの祈りを認めていることを根拠にしている。  カトリック教会は死者のための祈りのほか、死者のための施し、免償、償いのわざを勧めている。  煉獄における救済は、聖母マリアおよび諸聖人の執り成しによるとされる。  (Wikipedia より転載)

なるほどね~。  「煉獄における救済は、聖母マリアおよび諸聖人の執り成しによるとされる」から、ここにいる人たちはすすんでダンテに身の上を語り、現世に残された縁者の祈りを必要とするのでその言伝をダンテに託し、さらにはダンテ自身が最終的にはここでベアトリーチェに出会うという「神曲」のおおまかなコンセプトを決定づけているわけですねぇ。

それにしてもキリスト教の教義によって煉獄を認めたり認めなかったりというぐらいだから、キリスト教徒ではない KiKi にとってこの「煉獄」という概念がわかりにくいのも無理はないですよね。  だいたい、この「煉獄篇」の描写なんですけど、確かに地獄ほどは迫力がないものの結構「地獄まがい」のおどろおどろしい場面もあったりして、「地獄と何がどう違うんだろう??」と思ってしまう場面もなきにしもあらず・・・・・。  まあ、同時に美しい森があったり、清々しい風が吹いていたりもするので尚更のこと「正直よくわからない場所だなぁ・・・・」と。

そこでもう少しだけ「煉獄調査」を進めるために、敢えて「マタイによる福音書 12章32節」と「マカバイ記 2の12章43節」を(そこだけを)読んでみるとこんな感じです。

「マタイによる福音書 12章32節」
人の子に言い逆らう者は許される。  しかし、聖霊に言い逆らう者は、この世でも後の世でも許されることがない。  (新共同訳 聖書より転載)  

「マカバイ記 2の12章43節」
次いで、各人から金を集め、その額、銀二千ドラクメを贖罪の献げ物のためにエルサレムへ送った。  それは死者の復活に思いを巡らす彼の、実に立派で高尚な行いであった。  (新共同訳 聖書より転載)

う~ん、読めば読むほどよくわからん・・・・・・ ^^;  ま、いっか・・・・・。 

神曲 地獄篇 ダンテ

| コメント(2) | トラックバック(0)

さて、本日はようやくここにたどり着けました・・・・の、「神曲」です。  いや~、ここに辿りつく前に「チェーザレ」の Review を書いていた頃は「いつになったらメインの『神曲』にたどり着けることやら・・・・」とちょっと気弱になったりもしていたのですが(あの漫画の Review が大変だったということではなく、「神曲」自体が3冊組だし、比較的厚めの文庫本だしということで・・・・ ^^;)、ようやくたどり着けたというだけで感無量です。  そして、KiKi はこれまでの人生で3回ほど「神曲読破」に挫折しているだけに、ちょっと恐る恐るという感じで手に取りました。  でもね、今回は挫折しませんでしたよ~、まだ第一部だけだけど・・・・・(苦笑)  ま、てなわけで「神曲 3部作」の第1部、「地獄篇」の Review です。

神曲 地獄篇
著:ダンテ 訳:平川佑弘  河出文庫

51jPY7fQ69L__SL500_AA300_.jpeg (Amazon)

1300年春、人生の道の半ば、35歳のダンテは古代ローマの大詩人ウェルギリウスの導きをえて、生き身のまま地獄・煉獄・天国をめぐる旅に出る。  地獄の門をくぐり、永劫の呵責をうける亡者たちと出会いながら二人は地獄の谷を降りて行く。  最高の名訳で贈る、世界文学の最高傑作。  第一部地獄篇。  (文庫本裏表紙より転載)

そう言っちゃなんだけど(ひょっとしたら不謹慎?)、面白かったぁ!!!!  「神曲」というタイトルからして「どこか説教じみた抹香くさい話なんじゃないか?」と思ったり、これまでにチャレンジした難解な文語調翻訳で「う~ん、よっぽど余裕がないとこれは読み終えることができない・・・・・(溜息)」という先入観があったりで、興味を持ちつつもどうしても読み進めることができなかった作品だけど、この平川版の「神曲」は「読み易い」「面白い」「翻訳日本語が美しい」の3拍子 + ギュスターヴ・ドレの挿絵のインパクトであっという間に地獄篇を読み終えてしまいました。  あ、因みにそのドレの挿絵はこちらのサイトで見ることができます。

ギュスターヴ・ドレの挿絵

以前にチャレンジした時はほとんど進まなかったせいもあって全く気がつかなかったんですけど、「神曲」ってコテコテ・キリスト教文学かっていうとそんなことはなくて、KiKi の大好きな「ギリシャ神話」とか「英雄叙事詩」とか「歴史モノ」と親和性の高い作品だったんですねぇ。  ま、そんなこともあり、やはりこの作品を本気で楽しもうと思ったら最低限 「聖書」、「ギリシャ神話」、「ホメロス;イリアス & オデュッセイア」、「古代ローマ史」の基本的知識は必須でしょうねぇ。  ま、これに追加でダンテの生きた時代のイタリア情勢も知っていればさらに面白いのかも!!  もっとも KiKi は凡そそのあたり(ダンテの生きた時代のイタリア情勢)の知識には疎いのですが、それでも微に入り細に入り付してくれている「注釈」のおかげで、とりあえず一読するには何ら不都合は感じませんでした。

また、この本では各歌の前に「平川さんの手による簡単なあらすじ」が付されているのも KiKi にとってはグッドでした。  

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち松岡正剛の千夜千冊フォローカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは北方謙三です。

次のカテゴリは経済小説です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ