経済小説の最近のブログ記事

不毛地帯(5) 山崎豊子

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は雨。  畑仕事や田んぼ仕事が一段落ついている今の状況でのこの悪天候は KiKi にとっては恵みの休息時間です(笑)  ま、そんな中、ようやくこの大作を読了することができました。  てなわけで、本日の KiKi の読了本はこちらです。

不毛地帯(5)
著:山崎豊子  電子書籍

51BfDzV84KL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)  (Sony Readers)

油田開発を商社マンとしての最後の仕事と思い定めた壹岐は、社内の反対を押し切り、イランのサルベスタン鉱区に賭けた。  政官界からの逆風をかわし見事採掘権の落札に成功するが、灼熱の大地からは一向に原油の噴き出す兆しはなかった......。  シベリアと中東、二つの「不毛地帯」を彷徨する一人の日本人の戦いを、戦後史を背景に圧倒的な筆致で描ききった一大巨編、ここに完結。  (Sony Readers より転載)

日本のあの時代の女性作家の作品とは思えないぐらいの重量級の物語がようやく完結しました。  KiKi にとって決して初読の物語ではなかったにも関わらず、グイグイと惹きつけられ、大作の割には一気に読み終えることができてしまったように感じます。  この物語の初読の大学時代には、戦中は大本営参謀というポジションにあり、かの敗戦でいわゆる「戦争責任」を我が事として心に刻み、商社マンとしての第二の人生に真摯に対峙する壱岐正の生き様・・・・みたいなものに感銘を受けたものでしたが、自分自身が社会人としての生活を長く続け、今の年齢に至った KiKi にとっては主人公の人物造形にはどうしても「嘘くささ」を感じる読書になってしまいました。

にも関わらず、これだけ熱中して読むことができた背景には、KiKi がこの物語の主人公を「壱岐正」とは見做さず、「敗戦から立ち上がろうとする日本社会そのもの」という視座があったからだったように感じます。  KiKi 自身はこの物語からはるかに時代を下った「高度経済成長真っ只中」の時代に生を受け、幼年期を過ごし、バブル期と呼ばれる時代に学生時代及び社会人新人時代を過ごしてきたわけですが、祖父母、父母が壱岐正とは立場こそ違えど必死に立ち上がろうとしていた様を、自分なりの物差しを持って見つめられるほどには成熟していませんでした。  

岩波少年文庫の旧版の「発刊に寄せる言葉」にある

一物も残さず焼きはらわれた街に、草が萌え出し、いためつけられた街路樹からも、若々しい枝が空に向かって伸びていった。  戦後、いたるところに見た草木の、あのめざましい姿は、私たちに、いま何を大切にし、何に期待すべきかを教える。  未曽有の崩壊を経て、まだ立ち直らない今日の日本に、少年期を過ごしつつある人々こそ、私たちの社会にとって、正にあのみずみずしい草の葉であり、若々しい枝なのである。

が、この物語の時代の人びと(それは必ずしも主人公である壱岐正に限らず、物語に登場する近畿商事の様々なポジションの人々、政治家、秋津(兄)、ライバルの鮫島さん)の生き様の中に、的確に描写されている・・・・・。  そんな感慨を持ちました。  なまじ現実社会の中の誰かさんとこの物語の中の誰かさん(法人も含め)が安易にリンク付けしやすいだけに、あたかも伝記物語、事実であるかのように感じられちゃうのがこの物語のもっとも大きな難点なんじゃないかと・・・・。  


不毛地帯(4) 山崎豊子

| コメント(0) | トラックバック(0)

同時進行で読み進めていた本が一挙に読了状態へ・・・・。  やっぱり田舎の農繁期生活と都会の生活では読書量に雲泥の差が出ることを我が身で確認しちゃった気分です(笑)  ま、いずれにしろ、本日の KiKi の読了本はこちらです。

不毛地帯(4)
著:山崎豊子  電子書籍

51TPXAcRoyL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)  (Sony Readers)

フォーク社との虚々実々の交渉の裏で、壹岐は資源に乏しい日本の将来を見据え、原油確保の手段を模索していた。  腹心の部下・兵頭はイランやリビアに飛び、文化や商習慣の違いに悩まされながら油田開発の可能性を探る。  一方、フォーク社との交渉は最終段階に至って、ライバル東京商事の暗躍で思いもかけない展開に......。  専務に昇進し、近畿商事ナンバー3となった壹岐の戦いは続く。  (Sony Readers より転載)

現在であってさえも、コレを巡って世界のあっちこっちで利権やら紛争やら何やらと大騒ぎの「石油」にお話が移行しました。  KiKi は外資系の会社でのお仕事が長かった関係で、米国とか西欧諸国、そしてアジア諸国(除く共産圏)とのビジネスっていうのはそこそこ関与する機会があったんですけど、さすがに中近東っていうのは相手にしたことがないので、オイルビジネスの描写はかなり興味深く読むことができました。

ただ、第3巻でもちょっと感じてはいたんですけど、この第4巻に至って、ものすご~く違和感があったのが、壱岐さんにしろ里井さんにしろ、大手商社のナンバー2 or 3の割にはやっていることがプレイング・マネージャー的だなぁ・・・・・ということです。  これは時代の違い・・・なのかもしれないんだけど、何て言うか、組織で仕事をしているっていう感じがあんまりなくて、個人技で仕事をしている・・・・そんな印象なんですよね。

まあ、根回し的な、交渉的なことっていうのは最後は組織の上の方の人たちの顔やら繋がりやら何やらかにやらで動く部分が多いのは事実そうなんだけど、かたや副社長、かたや専務という肩書を引っ提げている割には KiKi なんかがイメージするマネージメントっぽさがない・・・・・とでも言いましょうか??


6月から1か月限定の出稼ぎ仕事がある・・・・はずだったのですが、急遽そのお仕事は大手コンサルティング・ファームに持っていかれ、再びプ~に戻ってしまいました。  まあ、下手にこの仕事が長引くと秋の稲刈りに問題が発生することを心配していた KiKi としては仕事がなくなってしまったことに安堵するような、がっかりするようなちょっぴり複雑な心境だったんですけど、何よりも残念だったことは通勤時間を利用しての読書タイムがなくなってしまったことだったりします(苦笑)

ま、その仕事の関係で上京し、たまたまこちらでの生活のためにネット注文していた「おぎのや空釜専用漬物キット」(← これ、美味しいんですよ。  以前「横川SA」で購入して、以来、KiKi は大ファンなんです 笑)が届くのを待っている時間を利用して、読了本の Review を書いておきたいと思います。

不毛地帯(3)
著:山崎豊子  電子書籍

51UFyVzlsaL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)  (Sony Readers)

次期戦闘機商戦に勝利し、中東戦争をめぐる商機を掴んで利益を挙げた壹岐は、社の経営方針転換を提唱。  経営不振の千代田自動車への関与を深めようとした矢先、米巨大自動車企業フォークの社長が突如来日する。  虎視眈々と日本市場を窺うフォーク社に対し、壹岐はアメリカ近畿商事の社長となって千代田自動車との提携交渉を進めるが......。  国際経済戦争の過酷な現実に壹岐は苦悩する。  (Sony Readersより転載)

この巻の中心となるお話は日本の「資本自由化」の時代の商社マンたちの経済戦争のお話です。  メインとなる商談は「自動車会社の資本提携」で、かつての鎖国時代さながらに国内産業擁護一辺倒だった我が日本国がグローバル化への舵をきりはじめた時代を描いています。  KiKi にとって最も感慨深かったのは、あの戦争が終結し、そこそこの時間を経て強いアメリカ自動車産業が弱い日本自動車産業に食指を伸ばし始めていた時代があり、そこからさらに又そこそこの年月を経て、KiKi の学生時代には「日米貿易摩擦」な~んていうことが言われ始めた時代があったという事実でした。

KiKi は学生時代にESS (English Speaking Society) というクラブに所属し、1年生の時のその活動の中の Discussion で、「日米貿易摩擦」をテーマにした大学対抗の大会に出場しました。  これは壱岐さんたちが必死になって強者アメリカに対峙していた時代とはパワーバランスがある意味で逆転し、低燃費の日本の自動車産業が世界ブランドになり、日本が一方的な(?)貿易黒字を謳歌していた時代に、これから日本の貿易はどうあるべきか?を議論する場でした。  でも、この物語で描かれているアメリカ > 日本 というパワーバランスの時代は、そのほんのちょっと前、KiKi の子供時代の出来事だったんですよね~。  そしてこの日本の経済成長の果てに「ジャパン・アズ・ナンバー・ワン」がありバブル崩壊があったわけです。


野良仕事に追われまくっている間に少しずつ、少しずつではあるものの読了した本が2冊あるので、忘れてしまわないうちにその Review を書いておきたいと思います。

不毛地帯(1)
著:山崎豊子 電子書籍

51qESAxre1L._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)  (Sony Readers)

拷問、飢餓、強制労働――11年に及ぶ地獄のシベリア抑留から生還した壹岐正は、第2の人生を商社マンとして生きる事を決意する。  「商戦」という新たな戦いに身を投じ、戦後日本の高度成長を陰に陽に担った男を活写する、記念碑的長編。  (Sony Readersより転載)

不毛地帯(2)
著:山崎豊子 電子書籍

51aiCpxk8ML._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)  (Sony Readers)

商社マンとして生き抜くことを宿命と感じるようになった壹岐は、防衛庁の次期戦闘機選定に伴う商社、メーカーの熾烈な受注合戦に巻き込まれる。  国防のため、真に優れた機を採用させようと奔走するが、背後には次期総裁選をめぐる暗闘が横たわっていた。  壹岐は政界や防衛庁内の利害が複雑に絡み合う「黒い商戦」で水際立った手腕を発揮する。  しかし、その代償もまた大きかった。  (Sony Readersより転載)

KiKiの学生時代、文系男子大学生にもっとも人気のある就職先は商社でした。  今はどうなんだろう??とちょっと興味を持ったのでネットで調べてみたら、相変わらず文系男子の希望就職先ランキングでは上位を占めているみたいですねぇ。  因みにその時代、文系女子の希望就職先上位は JAL や ANA のスッチーでした。  天邪鬼の KiKi は「どうしてみんな空飛ぶ女中にそんなに興味があるんだろう??」と公言して、顰蹙を買っておりました。

まあ、綺麗な制服を着て、海外にしょっちゅう行けて、ペイも悪くなくて・・・・という意味では憧れる気持ちもわからないじゃないし、未だに「男尊女卑」が根強かった日本社会においてスッチーという世界だけに関しては「女性天国」みたいなイメージもあったんですよね。  KiKi は大手の会社で「うちの課の女の子」に甘んじる気はさらさらなかったけれど、かと言ってスッチーになる気にはどうしてもなれなくて、夢想していたのはスッチーとして人様にサービスする側よりもスッチーにサービスしてもらう側の人間になりたいと思っていました(苦笑)。

さて、この物語、KiKi が初めて読んだのは学生時代でした。  「戦争を知らない子供」として生まれた KiKi にとって、この物語の第1巻で描かれるソ連抑留時代の主人公の描写はショックを通り越して、毎晩うなされるほどの衝撃がありました。  そして平和な時代に生まれ、国家に守られているという実感こそないものの、日々生命の危機を感じずに生きられることに深く感謝したものでした。

余談になりますが、大学院進学という選択肢もあった中で「早く社会に出て一人前にならなくては!!」という焦りにも似た気持ちを持った背景には主人公をはじめとする戦後日本の復興に尽力する商社マンたちの生き様に影響を受けた部分が多分にありました。  「自分が社会のために何ができるのか?」は当時の KiKi にとって想像を絶するほどの甚大なテーマでした。  と同時に KiKi が生まれて初めて「女に生まれたこと」に対して、ある種の置いてけぼり感を募らせた物語でもありました。

と言うのも、当時の商社では「女子社員」というヤツは男子社員の花嫁候補生、いわゆる「腰掛け就職」が歓迎される風潮のようなものが根強くあったんですよね~。  学生時代までは男女差別とは無縁の世界で時間を過ごしてきたにも関わらず、社会に一歩踏み出そうとすると「性差別」が根強く蔓延っていた時代、根拠はないまでも「その気になれば KiKi だって!!」というような想いに苛まれたものでした。

ハゲタカⅡ 真山仁

| コメント(0) | トラックバック(0)

「ハゲタカ(上)(下)巻」に引き続き、その続編、「ハゲタカⅡ(上)(下)」巻を読了しました。  この本はハードカバーのときは「バイアウト」というタイトルだったものが、TVドラマヒットの影響で文庫本化された際に「ハゲタカⅡ」というタイトルになったらしい・・・・・ ^^;  いかにもっていう日本人っぽいマーケティング戦略(とさえ呼べないような気がしないでもない)に則ったネーミングに苦笑しつつ、本日のKiKi の読了本のご紹介です。

ハゲタカⅡ(上)(下)
著:真山仁  講談社文庫

41SunLx0+7L__SL500_AA300_.jpeg  41DXXtQ20CL__SL500_AA300_.jpeg
     (Amazon)                          (Amazon)

「いつか日本を買収(バイアウト)するーー」。  1年の海外放浪を経て、帰国した鷲津政彦が、まず標的(ターゲツト)に定めたのは、繊維業界の老舗「鈴紡」。  一方、鈴紡は元銀行員の芝野健夫を招聘し買収防衛を図る。  その裏に、かつての芝野の上司で、UTB銀行頭取、飯島の思惑があった。  激烈な買収戦争で最後に笑うのは?  (『バイアウト』改題)  (文庫本上巻裏表紙より転載)

鈴紡の次に、鷲津が狙いをつけたのは、巨大電機メーカー・曙電機だった。  曙は買収阻止と再建の切り札として芝野を頼る。  再び相対する二人。  攻める鷲津、守る芝野、さらにアメリカの有力ファンドも買収に参入し、事態は混沌としていく。  企業買収を舞台に、壮大なスケールで描いた話題作。  (『バイアウト』改題)  (文庫本下巻裏表紙より転載)

ドラマより数段面白い!!  そして今回この2作(ハゲタカ & ハゲタカⅡ)を読んで一番感じたのは久々に新渡戸稲造の「武士道」と坂口安吾の「堕落論」を読み返してみようかな・・・・ということです。  「ハゲタカ」でチャプターが変わるたびに新渡戸稲造の「武士道」からの引用があるのは何故か、正直なところ???だったのですが、このハゲタカⅡに結ぶための1つの伏線みたいなものでもあったのですねぇ・・・・・。  ただ逆にこのⅡで同じようにチャプターが変わるたびに坂口安吾の「堕落論」「続堕落論」からの引用があるのには「上手いなぁ・・・・」と感嘆しました。  KiKi は「ハゲタカ」を読んでいる時に「武士道」よりも「堕落論」の方が脳内イメージとしては濃厚に浮かび上がっていたようなところがあるだけに尚更です。

そう、そういう意味では「鷲津」さんを「武士」扱いする展開には正直なところ疑問が残るんですよね~。  まあ、これは KiKi 自身が「武士とは何たるか?」に関して、未だに定義できていないところに原因があるような気もするのですが・・・・・・。  武士及び武士道って KiKi にとってはある種の「美学」ではあるように感じられるけれど、それでも日本人のメンタリティの根幹を作っている「お国第一」というか、「寄らば大樹の陰」的な部分を熟成している根幹のような気もするし・・・・・・。  まあこれは KiKi が大嫌いな「正義」という言葉が頻発していることにも影響されているのかもしれません。

KiKi はね、「正義」という一見美しそうな、その実、正体不明な言葉ほど、自分の思考停止を招く危険な言葉はないと思っているんですよね。  「正義≒善」「正義≒正しいこと」「正義≒万人受け」みたいな安易さが正直なところ怖い・・・・・。      

ハゲタカ 真山仁

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、ドラマ & 映画の「ハゲタカ」を鑑賞し、これはぜひ原作本を読んでみたいと思いました。  幸いなことに文庫本化されていたし、最近の KiKi のお気に入りの E-Bookoff でお手ごろ価格で入手することができた(ついでに、これを購入すると配送料無料になる金額に到達できた! 笑)ので、早速購入してみました。  ま、てなわけで本日の KiKi の読了本はこちらです。

ハゲタカ (上)(下)
著:真山仁  講談社文庫

51Y4KKKJDWL__SL500_AA300_.jpeg  51B8SANSNXL__SL500_AA300_.jpeg
      (Amazon)                          (Amazon)

ニューヨークの投資ファンド運営会社社長・鷲津政彦は、バブル崩壊後、不景気に苦しむ日本に戻り、瀕死状態の企業を次々と買収する。  敵対するファンドによる妨害や、買収先の社員からの反発を受けながらも、鷲津は斬新な再プランを披露し、業績を上げていく。  企業買収、再生の真実を克明に描いた問題作。  (文庫本上巻裏表紙より転載)

企業再生が軌道に乗りはじめた頃、鷲津政彦は元銀行員・芝野健夫、老舗ホテルオーナーの娘・松平貴子と偶然出会う。  二人と接触を重ねるたびに、鷲津の過去が明らかになっていく。  そこに潜むある事件とは?  そしてニューヨークから日本に戻った鷲津の真意が判明した瞬間、驚愕のクライマックスが訪れる。  (文庫本下巻裏表紙より転載)

ドラマにしろ、この小説にしろ、「このど阿呆な国、全部買うてしもたるわ」「腐った日本を買い叩く」というある意味ショッキングなフレーズと、死肉を貪る「ハゲタカ」というイメージが強烈で、そこに善悪みたいな一見わかりやすくその実メチャクチャややこしい、日本人の好きな感情論が入り込む余地があるオハナシっていう感じがします。  又、Amazon のどなたかの書評に

みんな出来ればより安価なコストでそういう世界(億単位の金を動かして債権を買ったり、会社を買ったりというような世界)を知りたい、もっと言えば、誰か教えて、って思ってるわけです。

外資だ「ハゲタカ」だっていうけど、結局何なの?  彼らは何をやってるの?  どうやって儲けてるの?   彼らの目的は何なの?

そういった期待にいかに応えるか。  本書が目指しているのはそこです。  そして本書は実に適格にそれに応えている。   それはまさに元新聞記者の嗅覚のなせる業と言えるでしょう。

というものがありましたが、このコメントはホント言いえて妙だと感じます。  バブル崩壊後の様々な買収劇の中で「外資バッシング」みたいなことがあったことも懐かしく思い出されます。  あの頃 KiKi は思ったものでした。  この国は江戸時代からまったく変わらないメンタリティを持ち続けているんだろうか?  いや、なまじ中途半端に民主主義だの、資本主義だのを受け入れているだけに、事はもっと厄介だなぁ・・・・・と。  

KiKi は長く外資系の会社に在籍し、いわゆる「グローバル・スタンダード」というヤツの洗礼を受け、「国際会計基準」な~んていうものが出てくる前から、US GAAP ベースの会計に慣れ親しんでいたし、ファンド会社ではないけれど企業の M&A なんかにも関わる仕事をしてきたということもあって、鷲津さんたちの仕事のいわゆる「ロジック」に関しては嫌悪感やえげつなさを感じるよりも、ある種の共感みたいなものを覚えてしまうようなところがあります。

  

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち経済小説カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは松岡正剛の千夜千冊フォローです。

次のカテゴリは音楽関係です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ