司馬遼太郎の最近のブログ記事

じぃじとばぁばの3軒目の体験入居も前半戦を終了しました。  昨日は前橋の「住宅型老人ホーム」から「介護付き老人ホーム」へのお引越しでした。  同じ系列、同じ敷地内のホームのため、21日に2人を「住宅型」の方に送り届けた際に、引っ越し時は何かあれば駆けつけるけれど、特段問題がなければホームの方にお手伝いをしていただき、引っ越しということで段取りしてあったので、KiKi はLothlórien_山小舎で待機していました。  特に連絡もなかったのでとりあえず放置しておいたのですが、それでも2人の様子が気になって仕方ないので午後3時頃、「住宅型」の方での2人の様子を電話確認してみました。

ホームの方のお話によれば案の定、ばぁばは「戸締り用心、火の用心」ということで夜の徘徊を敢行したみたいですが、とりあえずスタッフさんのご尽力で無事部屋に戻り、他の入居者の方のお部屋への家宅侵入罪は犯さず二晩を過ごすことができたようです。  ただ、滞在2日目に、じぃじとお散歩に出た後、帰宅(帰ホーム?)を拒否し、じぃじがばぁばを置いて1人で帰ってくるという事態が発生したとのこと。  スタッフさんがばぁばのお迎えに出向き帰宅を促すも拒否。  結局、じぃじとスタッフさんが連れ立ってもう一度迎えに行ってやっと帰宅したということでした。  

まぁ、たった2日の体験入居ではスタッフさんとも馴染んでいないわけで、さらに言えば認知症のばぁばにしてみれば「見知らぬ人」の説得なんぞに耳を貸すはずもなく、致し方ありません。  無事に帰ったのであれば結果オーライです。

ちょっと意外だったのは、どうやら昨日は「住宅型老人ホーム」の方にボランティアのバンドの方が生演奏にいらしたらしいのですが、それを見物に行ったじぃじ(ばぁばは部屋にこもりっきりだったらしい ^^;)はマイクを向けられ、そのバンドを伴奏に歌を歌ったのだそうな・・・・・。  そして部屋に戻る際にスタッフさんに語ったところによればじぃじは歌を歌うのは結構好き(但しカラオケは好きになれず)で、生バンドをバックになら実は大好きなんだと語ったとのこと。  娘でありながらじぃじにそんな好みがあることをつゆ知らなかった KiKi は思わず、


「は?  父がですか??  歌を??  本当に???」


と何度も聞きかえしてしまいました。

そう言われて思い返してみると、確かにじぃじは KiKi の記憶でもカラオケにはただの一度も行ったことがないし(職場での宴会のことまでは知らないけれど)、最近では家で歌を口ずさんでいるのさえ聞いたこともないけれど、KiKi の子供時代にはよく風呂場で歌を歌っていたなぁ・・・・・と。  へぇ、歌が好きだったんだ!  初めて知ったよ!(苦笑)  いやはや、じぃじとばぁばの老人ホーム体験入居、KiKi にとっても今まで知らなかったじぃじとばぁばの一面を知る貴重な経験になっているみたいです(苦笑)

さて、そんな中、KiKi は?と言えば、昨日も読書と音楽三昧の一日を送っていました。

     

一挙に2冊読了!

| コメント(0) | トラックバック(0)

さて、一昨日からLothlórien_山小舎に帰ってきている KiKi ですが、昨日はお天気も不安定、長距離ドライブの疲労も手伝ってほぼ丸一日ウダウダと過ごしていました。  もちろんウダウダしている時、ただ単にぼ~っとしているわけではなく(何せ KiKi はあのばぁばの血を引いているのですから、ぼ~っとばかりしていたら認知症への道をまっしぐらとなってしまいます!)、こういう時のためのお友達が 読書 & 音楽鑑賞なのです。

本来なら限られた時間の我がグランド・ピアノとの対面なので、久々のピアノ弾きまくりといきたいところなのですが、ピアノを弾くっていうのは案外体力が必要なんですよね~。  蓄積疲労と頭が少しぼ~っとしている状態でピアノを弾いてもいいことは1つもないことは長年の経験でよ~くわかっています。

ま、てなわけで、お布団の上でゴロゴロしながら、最近ではなかなか集中して読書タイムを持つことができずにいたので、実家から持ってきた本を読んでいたらあっという間に読了してしまいました。  で、本来ならここで久々の読書カテゴリーの「感想文」アップといきたいところなのですが、残念なことに今読んでいる本はシリーズもの。  (北方謙三さんの「楊令伝」のしかも第9巻という真ん中辺 ↓)  中途半端なエントリーを書いてもそれはそれ、ストレスの素です。


楊令伝 9
著:北方謙三  集英社文庫

51WUYpxVh5L._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

歴戦の同志を失いながらも、梁山泊軍は、童貫軍と全軍あげてのぶつかり合いを続けている。  乱戦の中、戦場の中央に陣取る郭盛軍は少しずつ前進を始めた。  童貫は『幻』の旗に向かい、岳飛は楊令軍を止めるべく疾駆する。  一方、金軍は宋領深く南下し、青蓮寺は北の大商人たちの財産接収を始めていた。  歴史が大きく動こうとするなか、ついに楊令と童貫が戦場で邂逅する。  楊令伝、圧巻の第九巻。 (文庫本裏表紙より転載)

でね、早速次へ・・・・・と思ったら、最近ではめっきり読書ペースが落ちているので不覚にも KiKi は実家からこの先(第10巻以降)を持ってくるのを忘れちゃっていました・・・・・^^;  何せ1日で1冊読了な~んていうのは昨年末以降、ほとんどの時間を沼津で暮らすようになってから初めての経験だったもので・・・・・・。

でね、実は「北方水滸 & 楊令伝」は電子書籍でも買ってあったので(文庫本の方は父の蔵書)そちらで続きを・・・・・と思ったら、どうしたことか、SONY Readers の調子が悪くページ変更に恐ろしく時間がかかる症状が出てしまっていて、こんなんじゃ読書中のストレスがたまったものではありません。

しかも・・・・・です。  実は、つい先日、Sony Readers から司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」の配信が始まったばかりでそれもダウンロードしてあったんだけど、こちらも同じ症状でとてもじゃないけど読書意欲を削ぐ時間のかかりようです。  ま、てなわけで仕方ないのでLothlórien_山小舎の本棚に鎮座している文庫本のこちらに手を出し、結果的にそれも読了してしまいました。


竜馬がゆく 1
著:司馬遼太郎  文春文庫 

41HMEAKYQXL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

「薩長連合、大政奉還、あれァ、ぜんぶ竜馬一人がやったことさ」と、勝海舟はいった。  坂本竜馬は幕末維新史上の奇蹟といわれる。  かれは土佐の郷士の次男坊にすぎず、しかも浪人の身でありながらこの大動乱期に卓抜した仕事をなしえた。  竜馬の劇的な生涯を中心に、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く長篇小説全8冊。  (文庫本裏表紙より転載)

この「竜馬がゆく」は学生時代に何度か読了しているんだけど、せっかくこのタイミングで電子書籍化されたので、久々に読んでみようと思っていたんですよね~。  で、わざわざ電子書籍で購入したにも関わらず相変わらず文庫本で読んでいるところが情けないんだけど、それでもせっかく購入したのに読むに読めないというのはもっと精神的によろしくないような気がしたので手を出しちゃったというわけ。  

「明治」という国家(上)(下)
著:司馬遼太郎 NHKブ ックス

41Y133PS20L__SL500_AA240_.jpg  41BBDXTVR7L__SL500_AA240_.jpg    (Amazon)  (Amazon)

暁闇の海に一条の光を求めて

「明治」は清廉で透きとおった "公" 感覚と道徳的緊張=モラルをもっていた。  維新を躍進させた風雲児・坂本龍馬、 国家改造の設計者・小栗忠順、 国家という建物解体の設計者・勝海舟、 新国家の設計助言者・福沢諭吉、 無私の心を持ち歩いていた巨魁・西郷隆盛、 国民国家の形成を目指した彼ら "明治の父たち(ファーザーズ)" は偉大であった。  本書は、明治草創の精神を捉え直し、「明治国」という人類普遍の遺産を巨細に語りつくす。  これは、著者畢生の日本論であり、鮮明な日本人論である。  (上巻 カバー扉より転載)

 

彼方の国、蜃気楼のような

二十世紀は「明治」に始まり、いま、その総括の時期にある。  激動の昭和が終わり平成となった年は、世界史の一大転換期でもあった。  時代のうねりは、歴史を書きかえ、人々は、自らの行く手に思いを馳せる。  歴史の中に、鮮やかな光芒を放った "「明治」という国家"、その「かたち」を、「人々」を、真摯に糺しながら、国民国家の形成を目指した " 明治の父たち(ファーザーズ)"の人間智と時代精神の核と髄とを、清冽な筆致で綴り、日本の国家と日本人のアイデンティティに迫る。  (下巻 カバー扉より転載)

本来であれば「坂の上の雲」を読み進めるはずなのですが、たまたま 「学問のすすめ」 に寄り道してしまい、その中で著者の斎藤さんが紹介されていたこの 『「明治」という国家』 に興味を持ってしまい、先にこちらを読了してしまったので、読書記録をつけておきたいと思います。  いや~、この2冊。  かなり面白かったです。

子供の頃から日本史の中では「鎌倉幕府の成立」の頃、「戦国末期から徳川幕藩体制の確立」の頃、そして「幕末から明治維新」の頃という、それまでの体制から大きな変換を迎える時期にもっとも興味を持っていた KiKi なんだけど、実はその興味を持続させ勉強を続ける根気には欠け(って秋山真之さんの真似してみただけなんだけど・・・・^^;)、疑問には思ったものの自分なりの解釈が確立できていなかったいくつかのポイントに関して、この本は「なるほど。  そういう考え方もあるか!  そういう観点で推論するのもありか!」と得心させてくれたことが多かったです。

特に面白かったのは上巻では「第三章 江戸日本の無形遺産 "多様性"」という章、そして下巻ではいわゆる「あとがき」にあたる「"モンゴロイド家の人々"など」という章です。

  

先週末、 KiKi は実家に行かなくてはならない事情があり、新幹線で移動しました。  その往復の移動中に何とか第三巻を読了することができました。  全八巻のうち第三巻という未だ半分にも達していないところで、主人公の1人、正岡子規を失ってしまいました。  初めてこの物語を読んだとき(何年も前)には主役一人をこんなタイミングで失って、この物語はどうなっちゃうんだ????という素朴な疑問に包まれてしまった KiKi でしたが、何度目かの再読・・・・・ということで今回はそのあたりに関してはなんとな~く過ごしてしまうことができました(笑)

坂の上の雲(三)
著:司馬遼太郎  文春文庫

51FTQ3RR8QL__SX230_.jpg    (Amazon)

日清戦争から十年 - じりじりと南下する巨大な軍事国家ロシアの脅威に、日本は恐れおののいた。  「戦争はありえない。  なぜならば私が欲しないから。」とロシア皇帝ニコライ二世はいった。  しかし、両国の激突はもはや避けえない。  病の床で数々の偉業をなしとげた正岡子規は戦争の足音を聞きつつ燃えつきるようにして、逝った。  (文庫本裏表紙より転載)

第三巻の最初の一章でこの物語の主人公、正岡子規を見送った司馬遼太郎さん & 読者。  で、それに続く章の書き出しで

この小説をどう書こうかということを、まだ悩んでいる。  子規は死んだ。  好古と真之は、やがては日露戦争のなかに入ってゆくだろう。

とさらっと言ってのけられる司馬さんに思わず失笑。  正直なところ KiKi の個人的な感想としては同じ司馬さんの長編小説「竜馬がゆく」はもっと「小説・小説風」しているのに対し、この作品ではご本人自身が「どう書き進めるべきか迷いつつ書きあげた」作品だったことが、この第三巻あたりから如実に表れてくるような気がします。  うまく説明できないんだけど、小説としてプロットがきっちりとできあがっていてそれに沿ってフィクションを交えながら筋書きを追っていく・・・・・という手法ではなく、極力司馬さんが入手した資料の事実のみをピックアップし、折に触れその資料を読んでいる司馬さんご自身の主観的な記述を心がけている・・・・・そんな風に感じるんですよね~。  とは言うものの、元が新聞小説だったという制約(その新聞の立ち位置とか)はないはずもなく・・・・・・。

  

NHKのHPによると、今年の年末スペシャルドラマ「坂の上の雲」の放映予定は以下のようになっているとのこと。

  • 第1回:少年の国
  • 第2回:青雲
  • 第3回:国家鳴動
  • 第4回:日清開戦
  • 第5回:留学生

で、来年の放映予定は・・・・・といえば

  • 第6回:日英同盟
  • 第7回:子規、逝く
  • 第8回:日露開戦
  • 第9回:広瀬、死す

ま、そんなわけで「日英同盟」までは何とか読み終わっておかなくちゃいけないと思い、せっせと読み進めております。

坂の上の雲 (二)
著:司馬遼太郎  文春文庫

51ACA7H6ZML__SX230_.jpg     (Amazon)

戦争が勃発した・・・・・。  世界を吹き荒れる帝国主義の嵐は、維新からわずか20数年の小国を根底からゆさぶり、日本は朝鮮をめぐって大国「清」と交戦状態に突入する。  陸軍少佐秋山好古は騎兵を率い、海軍少尉真之も洋上に出撃した。  一方正岡子規は胸を病みながらも近代短歌・俳句を確立しようと、旧弊な勢力との対決を決意する。  (文庫本裏表紙より転載)

 

この第二巻は日清戦争から始まり、日露戦争前々夜まで・・・・という感じです。  列強のそれぞれの思惑と明治日本に暮らす軍人・政治家・俳人の時代感覚の対比がとても面白いと感じました。  この物語の主人公3名(秋山好古、秋山真之、正岡子規)のそれぞれが何を考え、どんなことをしていたのかも楽しく読むことができましたが、それ以上に陸奥宗光だとか小村寿太郎、清国の李鴻章や西太后、さらには悲劇(?)の海将丁汝昌、ロシア帝国のアレクサンドル3世&ニコライ2世、ウィッテ、クロパトキン 等々のそれぞれがどんな立ち位置で何を考えていたのかを司馬さんの記述をベースに想像するのは、実に楽しい時間でした。

この「坂の上の雲」という物語、この巻ぐらいから主人公3名を追いつつも、日清日露の時代のありとあらゆる人たちの全体描写の小説(明治時代という時代を主人公とした小説)という色あいを濃くしていくと個人的には思っているのですが、それでも3人の若者の目線がまだまだ明確に描かれている巻だと思います。

先週末、大河ドラマ「天地人」が最終回を迎えました。  今回の大河ドラマは結果として KiKi にとってはあまり面白いものではなかったけれど、子供時代からの習性(?)で何となく「大河ドラマ」だけは観ずにはいられない KiKi (苦笑)。  最終回が終わっての感想としては

「どうせだったら上杉景勝が主役のドラマの方が面白かったんじゃないだろうか?」

というものでした。  ま、この感想には多分に「北村一輝ファン」という要素も後押ししているような気がしますが・・・・。  色っぽいよね~、北村一輝。  特に目がいい!  

ま、それはさておき、最終回が終わったあとは来年の大河の予告編が流れました。  来年は「竜馬」だということは知っていたんだけど、竜馬役は福山雅治かぁ。  この配役も KiKi のイメージとはちょっと違うなぁ。  KiKi の妄想の中では「新撰組」の時の江川洋介の方がなんとなく竜馬のイメージにはピッタリくるんだけどなぁな~んていうことを考えていたら、来年の大河の紹介と並んで、もう一つのドラマの紹介がありました。  スペシャルドラマ「坂の上の雲」です。

まあ、2年ぐらい前(?)から本屋さんで、いきなり「坂の上の雲」が平積みされて、「ドラマ化決定!!」な~んていう POP が踊るようになって、ず~っと昔、読んだことがあるもののPOPと一緒に KiKi も踊らされて文庫本を揃えなおしたぐらいだから、ある種この放映を楽しみにしていた部分はあるんだけど、びっくりしたのは3年がかりで放映するのだとか!!  確かに長いお話だけど同じように長い(ひょっとするともっと長い?)「翔ぶが如く」は1年の大河ドラマだったのに凄いなぁ~と妙なところで感動してしまいました。  で、NHKのサイトで調べてみたところ、3年がかりで放映・・・・とは言うものの、今年の年末から始まって、毎年年末スペシャルという形で3年がかりで放映するらしい・・・・・。  なるほど、そういうことですか。  でも、この放送スケジュールだと正直なところ第2部(2010年秋)を放送する頃には第1部(2009年11月~12月)の内容を、第3部(2011年秋)を放送する頃には第1部と第2部の内容を忘れちゃいそうだ!

とは言うものの、司馬作品は数あれど、KiKi にとってこの「坂の上の雲」はベスト3にランクインする作品なだけに期待度は半端なものじゃありません。  日清・日露の両戦争を描かなくちゃいけないわけだし、それだけで映画になっちゃうような「旅順の攻防」やら「二百三高地の激戦」やら「日本海海戦」がどんな風に描かれるのか、とっても楽しみです。  そう言えばずいぶん前に「二百三高地」という映画を観たけれど、豪華キャストだったよなぁ。  今回の「坂の上の雲」も当代としては超豪華キャストなんだけど、あの映画に比べると何となく小粒感が否めませんが・・・・・(苦笑)

ま、いずれにしろ、そんなこんなで今週末には放映される第1回放送の予習を兼ねて、久々に読み返してみたくなっちゃいました。  たまたまこのLothlórien(Blog)では「司馬遼太郎カテゴリー」は作ってあるものの、肝心要のエントリーの方が現段階では皆無・・・・というのも前からちょっとだけ気になっていたことですし・・・・・(笑)

坂の上の雲 (一)
著:司馬遼太郎  文春文庫

9784167105761.jpg    (Amazon)

明治維新をとげ、近代国家の仲間入りをした日本は、息せき切って先進国に追いつこうとしていた。  この時期を生きた四国松山出身の三人の男達 - 日露戦争においてコサック騎兵を破った秋山好古、日本海海戦の参謀秋山真之兄弟と文学の世界に巨大な足跡を遺した正岡子規を中心に、昂揚の時代・明治の群像を描く長編小説全八冊    (文庫本裏表紙より転載)

この第一巻は「青春群像物語」っていう印象がものすご~く強いんですよね。  この物語の三役、秋山好古、秋山真之、そして正岡子規の3名が世に出る前(もしくは出たとしても未だ暗中模索時代)が丁寧に描かれています。  現代を生きる KiKi たちと価値観の大転換があった維新直後の明治期の彼らでは、当然環境も異なれば道徳観やら義務感やらも異なるわけだけど、それでも「青春というのは、ひまで、ときに死ぬほど退屈で、しかもエネルギッシュで、こまったことにそのエネルギーを智恵が支配していない。」という言葉に代表される若者特有の悶々とした感じ、「自分は何者であるのか?」「自分は何をなしとげるべき人間なのか?」を真摯に考える青年たちの姿(特に真之 & 子規)に、すがすがしさと羨ましさがないまぜになったような感慨を持ちます。  まあ、好古さんの場合は「考え込んでいる暇はない。  なりゆきの中で最善を尽くすのみ!」というタイプだったみたいですけどね・・・・・(笑)

  

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち司馬遼太郎カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは塩野七生です。

次のカテゴリは梨木香歩です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ